貴社のカードビジネスを成功へと導く Card Marketing Professional
  サービス   ネタ帳   CMPの本棚   リンク集   SNS   お問い合せ  
かーどビジネスのネタ帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/5/31 【クレジットカード動態調査】平成21年3月度 集計結果

日本クレジット産業協会が平成21年3月分のクレジットカード動態調査集計結果を発表。

3月分のショッピング信用供与額は、2,316,123百万円で、前月比では10.6%の増加。前年同月比では1.2%の増加。キャッシング融資額は363,856百万円で、前月比では13.0%の増加。前年同月比は14.7%の減少となっている。
信用供与額合計は2,679,979百万円で、前月比では10.9%増。前年同月比では1.3%の減少。

3月度は新生活シーズンなので、キャッシングが増える時期なんで、前月比の増は理解できますが、全体的には減少傾向ですね。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!






スポンサーサイト

09/5/21 【格安ゴールド】ゴールドカード「格安」相次ぐ(NIKKEI NET)

NIKKEI NETの記事から。

最近、年会費2000‐3000円という、従来の3分の1以下に抑えたゴールドカードが相次ぎ登場。
詳しくはこちら

三菱UFJニコスの「MUFJカード ゴールド」http://mufgcard.com/card/gold/index.html (年会費2,000円)を皮切りに、オリエントコーポレーションも「プレミアムゴールドiD」(年会費1,950円)http://www.orico.co.jp/merchant/affiliate/card/pgold.htmlを発行。JCBもこの夏に3,000円程度のゴールドカードを出す予定とのこと。

年会費無料のクレジットカードの定着化、プラチナカードの乱発によるゴールドカードの位置づけ、またこの不景気の波が重なって、堅実な選択肢ということで受けいれられやすい環境なのかも知れませんね。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!






09/5/17 【優しいやみきん】あなたもお金が借りられなくなる?(Business Media 誠)

Business Media 誠の記事から。非常によい記事なのでご一読を。
「取り立ては厳しくない」「金利は高くないが、違法」といった「優しいやみきん」とは??
詳しくはこちら


記事によると、金融庁が2006年12月に公布した「改正貸金業法」の中の1つである「総量規制:貸金業者からの総借入残高が年収の3分の1を超える貸付を原則禁止とする制度」に焦点をあて、これまで借りられていた人が急に借り入れできなくなる危険性を指摘。この総量規制は2010年6月18日までに導入される見込みだが、日本貸金業協会の調査によると、改正貸金業法を「知っている」という一般消費者は20%ほど。一方、現在借入中の人は同40%。また現在借入中の人で「借入できる総額が年収の3分の1までになる」ことを知っているのは15.0%になるという。つまり、ほとんど知らされていなく、急に借りれなくなる事態を懸念している。

またすでに、本法案の施行前で「個人への貸し渋り」が起きていることも指摘。2006年9月時点の総貸付残高は17兆4032億円だったが、2008年3月には15兆2176億円。総貸付件数も同2456万1000件から同2166万6000件と、いずれも右肩下がりで減少しているおり、また改正貸金業法が公布される前の成約率は4割を超えていたが、2008年3月の時点では26.8%まで低迷しているとのこと。

では実際借りれない人はどうしたか?というと、普通に「支出をあきらめた」(57.6%)のようで、何らかの目的があったはずだが、断念せざるを得ないということだ。ここでも指摘しているが、これがギャンブルと生活余剰品の購入補填であれば別だが、教育費や医療費、家賃、税金など必要な資金だったらどうするのだろう??借入額が不足した人の行動を見てみると「家族や親族から借りた」(28.2%)や「友人・知人から借りた」(12.8%)という人が多い。しかし最大の問題は「ヤミ金などの業者を探した」という人が7.7%もいるようということで・・・・詳しくはサイトを参照ください。

データを元に面白い記事ですので、是非ご一読を。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!






09/5/16 【中期経営計画】ジャックス 「中期経営計画VIC10の見直しと生産性向上策」を発表

当初の計画から大幅に下回る修正予算ですね。

JACCSは、平成21年5月11日開催の取締役会において、「中期経営計画VIC10の見直しと生産性向上策」について決議したと発表。当初の中期経営計画VIC10(平成20年度~平成22年度)では、最終年度の経営指標を、営業収益1,610億円、経常利益110億円としていたが、今回大幅に下回る予算に修正しました。
詳しくはこちら

「取扱高重視から採算性重視へ営業スタイルを変革」とするということと「コスト構造改革」がテーマのようで、具体的には
・今後成長が見込まれるソーラー、エコ・オール電化等の環境分野や大学等の教育分野に対し、積極的な営業を強化
・加盟店のニーズを的確に把握し、迅速にお応えしうる営業体制を構築し、併せて、採算性をより重視することで、加盟店との共存共栄を実現する営業スタイルに変革
・当社の営業拠点は北海道から沖縄まで全国に75拠点を配置していたが、65拠点の効率化。あわせて営業人員も10%程度を削減
・各営業拠点(33箇所)での与信業務を廃止し、クレジットオフィス、事務センターの9ヶ所に集約を加速することで、一段と与信・事務の効率化を図る
・平成21年4月から当面1年間、取締役、上席執行役員等の報酬を25%~10%削減
 併せて、平成21年5月から平成22年3月まで、管理職の給与を5%程度削減
・上期中に210名の希望退職者を募集

以上の施策で全体で55億円程度のコスト削減を見込んでいるとのこと。JACCSも苦しい立場にいることが伺えますね。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!






09/5/13 【新カード】オリコ 人気アニメ「らき☆すた」のキャラクターをデザインしたクレジットカードを発売

ラキスタ.jpg

オリエントコーポレーションは人気アニメ「らき☆すた」の主人公をカードフェイスにデザインしたクレジットカード(「らき☆すたカード」)の募集を5月11日より開始すると発表。
詳しくはこちら

◆カード概要
①カード名称
「らき☆すた MasterCard UPty」(らき☆すたカード)

②国際ブランド
MasterCard

③年会費
初年度無料、2年目以降1,312円。
ただし、ショッピング利用が年間1回以上ある場合、翌年の年会費は無料。

④カード特典
・ポイント:オリコのポイントシステム「暮らスマイル」を搭載。
・会員特典:
 ・毎月の利用明細書に同封でオリジナルプレミアカード(全8種類)を1枚ずつプレゼント
 ・オリジナルプレミアカード全8種類をすべて集められたお客さまに専用台紙をプレゼント
 ・カードを使って貯まったポイントで会員限定の「らき☆すた」オリジナルグッズと交換
 ・「らき☆すた」オフィシャルグッズを販売するキャラアニ.com(http://www.chara-ani.com/)で「らき☆すたカード」を使ってお買い物していただくと、ポイントが2倍

いわゆる「キャラクターカード」「ファンクラブカード」の類ですね。「らき☆すた」という言葉は知ってましたが、中身はよく知りませんでしたが、、、リリースによると「おたくな女の子「泉こなた」のボケに突っ込む普通の女の子「柊かがみ」を中心とした、ゆるゆるーな、何でもない女子高生の日常を面白おかしく描く4コマ漫画(原作:美水かがみ)を元にした斬新なアニメーション作品」とのこと。今回のカードフェイスデザインは、その主人公の「泉こなた」の顔を全面に押し出したものらしいです。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!






09/5/9 【共同事業化】三井住友銀行とオリックス オリックス・クレジットを共同事業化

三井住友銀行とオリックスは、関係当局の認可等を前提として、オリックス・クレジット株式会社の共同事業化について、5月7日に合意したと発表。
詳しくはこちら

オリックスクレジットも他と同様で、貸金業法の改正に伴う上限金利の引き下げや総量規制の導入の煽りを受け、銀行傘下になることでの生き残りを選んだ形ですかね。ただそもそもオリックスクレジットは金利の低いカードだったので、差ほどか過払金の返還請求などは無縁のローン会社かと思っていましたが、この不況下で個人事業主・中小企業などの貸し倒れリスクがあがっていることも今回の共同事業化に踏み切ったことが考えられます。

総合的に判断して、現段階で手を打った形でしょうか??もしくはこの世界的な金融不安の結果、オリックスの投資部門も大幅な赤字となっているので、その補填という考えも無きにしも在らずです。
詳しくはこちら(オリックス業績)

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!







09/5/6 【社会貢献】オリコ 地球環境保護活動に貢献できる「LOVETHE EARTH」カードを募集

LOVE THE EARTHjpg.jpg

オリエントコーポレーションは、地球環境問題への意識が高まる中、人と地球をつなぎ、人と地球の明日をつなぐコンセプトのもとに『OricoCard LOVE THE EARTH』(LOVE THE EARTHカード)を開発。カード利用して得られるポイントのすべてを地球環境保護に取り組む3団体に寄付するカードで、自然に地球環境保護に一役買えるものです。

◆カード概要
①カード名称
「OricoCard LOVE THE EARTH」

②国際ブランド
JCB

③年会費
永年無料

④カード特典
・ショッピングリボルビング払い手数料:実質年率11.52%
・ショッピング利用200円につき1ポイント付与
・ポイントは1ポイント1円として、全てのポイントが自動的に環境保護団体へ寄付
<寄付先団体>
国際青年環境NGO A SEED JAPAN
有限責任中間法人 モア・トゥリーズ
WWFジャパン

・海外旅行傷害保障(最高2,000万円)
・国内旅行傷害保障(最高1,000万円)、
・シートベルト傷害保障(最高200万円)
・割引・優待:全国の飲食店・各種施設で5%~30%優待・割引(「CLUBグルメぴあ」)

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!







09/5/5 【実証実験】JCB 携帯電話とデジタルサイネージを連携させた加盟店向け送客サービスの実証実験を実施

JCBは、株式会社J&J事業創造と共同で、「Felica」対応の携帯電話を活用した新しいJCB加盟店向け送客サービスの実証実験を、2009年4月28日(火)から2010年3月31日(水)まで実施する。
詳しくはこちら

リリースにもありますが、本実験は、ADK、株式会社エヌケービー、株式会社ディキッズの3社が実施するデジタルサイネージ(電子広告板)の実証実験と連携して実施するもの。利用者に、周辺地域の魅力や観光情報と合わせて、店舗情報とお得な「ケータイクーポン」を提供することで、地域観光振興への貢献と加盟店への送客、両方の実現を目指す試みとのことです。

実際は、横浜みらとみらい地区4ヵ所に設置されたデジタルサイネージに、「Felica」対応の携帯電話をかざすと、周辺地域の観光・店舗情報と共に、「ケータイクーポン」を入手することができ、入手した「ケータイクーポン」は専用の携帯サイトに掲載された実験参加店舗で割引などの各種優待サービスに利用できる。フェリカポケットと同様なサービスですかね。

ちなみに、本実験は横浜開港150周年記念テーマイベント「開国・開港Y150」の実施時期に合わせているようで、約10万人の利用を見込んでいるとのこと。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!







09/5/4 【クレジットカード動態調査】平成21年2月度 集計結果

日本クレジット産業協会が平成21年2月分のクレジットカード動態調査集計結果を発表。

2月分のショッピング信用供与額は、2,094,210百万円で、前月比では13.0%の減少。前年同月比では0.5%の増加。キャッシング融資額は321,978百万円で、前月比では2.5%の減少。前年同月比は19.1%の減少となっている。
信用供与額合計は2,416,188百万円で、前月比では11.8%減。前年同月比では2.7%の減少。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!







09/5/1 【ポイント】日本トイザらス 全店で利用可能な「トイザらス・ベビーザらス ポイントカード」を導入

トイザラス・ベビーザラスjpg.jpg

日本トイザらスは、全国のトイザらス店舗、ベビーザらス店舗および「サイド バイ サイド ストア」(トイザらスとベビーザらスの併設型店舗)<合計で全国167店舗(2009年4月24日現在)>において、現金でもクレジットカードでの支払いでもお買い物時にポイントが加算される『トイザらス・ベビーザらス ポイントカード』を2009年4月24日(金)より導入を開始すると発表。
詳しくはこちら

リリースによると、すでに2006年4月より、ベビーザらスのポイントカード『ベビーザらス ママ& ベビークラブ』を導入。2007年4月からは、トイザらスとベビーザらスの併設型店舗でも同カードが利用できるようなり、導入から約3年間で135万人(2009年3月末時点)を突破している模様です。今回の新ポイントカードは、それをさらに全国トイザらスの店舗でも使えるように拡大したバージョンで、2009年度(2010年1月末まで)は、約150万名の新規会員獲得を目標とし、『ベビーザらス ママ& ベビークラブ』の既存会員数と合計し、会員数は約290万名となる見込みとのこと。

概要は以下の通り
①名称
「トイザらス・ベビーザらス ポイントカード」

②入会金・年会費
無料

③ポイント付与
200円(税込)のお買い上げごとに1ポイントを付与

④ポイント交換
累計500ポイントごとに500円分の「お買物券」(トイザらス、ベビーザらス全店でご利用 可能)を進呈。

⑤ボーナス特典
毎月25日と最終土曜日および翌日曜日は 「ボーナスポイントDAY」としてポイント2倍

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

 | HOME | 

カードビジネスSNS


パスワードを忘れた方はこちら
新規登録希望の方はこちら

CMPの本棚


.☆.・∴.・∵☆.・∴.・∵☆.・∴
その気持ち…伝えてみませんか?
.☆.・∴.・∵☆.・∴.・∵☆.・∴
プリザーブドフラワー専門ショップ
colors message

TOPICS!!

金融財政事情研究会『月刊消費者信用』で『実践!メインカード養成道場』を連載中!


プロフィール

Card Marketing Professional

クレジットカードやポイントカード、電子マネーなどカードビジネスおよび会員ビジネスに特化したマーケティングコンサルタント集団。貴社の顧客戦略にカードビジネスのノウハウを活用してみたいという方は、こちらまでお問い合わせください。


最新記事


カテゴリー


月別アーカイブ


FC2ブログランキング サーバー・レンタルサーバー アフィリエイト・SEO対策 ホームページ

FC2Ad

Copyright(c) 2007 Card Marketing Professional. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。

会社概要サイトポリシー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。