FC2ブログ
貴社のカードビジネスを成功へと導く Card Marketing Professional
  サービス   ネタ帳   CMPの本棚   リンク集   SNS   お問い合せ  
かーどビジネスのネタ帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08/8/29 【子会社化】三菱UFJ アコムを連結子会社化へ(NIKKEI NET)

三菱UFJフィナンシャル・グループが28日、消費者金融大手のアコムへの出資比率を15%から40%に引き上げ、連結子会社化する方針を固めたと報道された。9月初めに最終決定し、TOB(株式公開買い付け)を実施する方針。三菱UFJはアコム株の取得総額は千数百億円になる見込みとのこと。

貸金業法改正や過払い金の返還請求などにより消費者金融業界全体は厳しい状況にあり、業界内での淘汰が進んでおります。そんな中、メガバンクである東京三菱との連携を強化することでアコムの消費者金融業界内での位置づけをより強化することにもなるかと思います。そもそもアコムが東京三菱の出資を受けた段階から「総合ファイナンス企業」を目指すというスローガンを掲げてきただけに、この子会社化はある程度見据えていたといってもいいでしょう。一方、東京三菱としても、リテール分野の強化は今後の金融ビジネスの柱になると踏んでいるはずで、収益性の高いリテール分野のノウハウを確保できるのは大きな意味があると思います。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!
スポンサーサイト

08/8/28 【60分無料】トヨタファイナンス 時間貸し駐車場優待 60分無料拡大キャンペーンの実施(MJ8/27)

トヨタファイナンスは、日本駐車場開発と提携し、8月~9月の2ヶ月間、日本駐車場開発が運営する時間貸し駐車場にて、TS CUBIC CARD会員向けに、期間限定で特別優待サービスを提供する。
詳しくはこちら

対象は全国主要都市の有人対応駐車場90か所。キャンペーン専用クーポンとTSキュービックカードを提示することで、優待サービスが受けられるとのこと。
TSキュービックカードはドライバーの方が多いので、このガソリン高騰による外出減を、これらサービスでカバーすることが狙い?

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/8/26 【ローン】ジャパンネット銀行 「ネットキャッシング」などで新規契約者対象の「40日間無利息キャンペーン」を実施

ジャパンネット銀行は、「40日間無利息キャンペーン」として、「ネットキャッシング」「借り入れおまとめローン」「クレジットライン」※1「カードローン」※1をはじめてお借り入れいただいた方※2を対象に無利息期間を40日間に延長するキャンペーンを実施。

 ※1:「クレジットライン」「カードローン」、は新規の申込受付を終了しているので、今回のキャンペーンは既に契約している人が、新規借り入れした場合。
 ※2:4商品のうちの1商品でも既に利用のある人は対象外。

【キャンペーン内容】
 実施期間:
  2008年9月1日(月曜日)~2008年11月30日(日曜日)

 対象者:
  期間中に「ネットキャッシング」※3「借り入れおまとめローン」※4
「クレジットライン」「カードローン」のいずれかの商品をはじめて利用されるお客さま

 ※3、4:商品概要は別紙ご参照

 内容:
  通常、無利息期間は「30日間」ですが、対象のお客さまは無利息期間を
10日間延長し、「40日間」とします。
  ※なお、無利息とならない場合もあり(下記URL参照)
   http://www.japannetbank.co.jp/service/loan/nointerest/notin_application.html

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/8/25 【調査】楽天リサーチ 電子マネーに関するインターネット調査を発表

楽天リサーチは、電子マネーに関するインターネット調査を実施。今回の調査は、楽天リサーチ登録モニター(約160万人)のうち、電子マネーを利用している全国の20~60代の男女計1,000人(男女各500人)を対象に行ったもの。2008年7月18日から23日にかけて実施した。
詳しくはこちら

■調査結果概要
・最も利用されている電子マネーの利用数トップ3は、1位「Edy(エディ)」2位「Suica(スイカ)」3位「nanaco(ナナコ)」。

・ポイントプログラム利用数トップ3は、1位「ANAマイル」2位「楽天スーパーポイント」3位「nanacoポイント」。

・月の利用額は、3,000円未満が全体の4割以上を占めた。

・電子マネーを利用する理由のトップは、「支払いが簡単だから」。

・7割以上の人が現在の電子マネーサービスに満足している。

・サービス選定の際に重視する要素は、「利用時にポイントがつく」「普段よく利用する店で使える」「チャージできる場所の多さ」など。

・今後使用できるのが望ましい場所は、「スーパー」「コンビニエンスストア」「自動販売機」。

・「おサイフケータイ」の利用率は約3割。利用者の65%がサービスに満足している。


電子マネーとポイントプログラムの相関が垣間見られてなかなか良い調査データです。
Edy-ANAという認識は相当インパクトあったんですかね?電子マネーの成功もポイントアライアンスしかないのかも知れませんね。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/8/23 【新カード】オリコ 「QUICPay」搭載の新カードを2種類発行

Speedy

Code

オリコは、チャージのいらない電子マネー「QUICPay」を搭載したクレジットカードを8月20日より開始する。オリコはこれまで、おサイフケータイとカードタイプ(子カード型)による「QUICPay」を発行してきたが、一体型カードの開発により、1枚のカードで通常のクレジットカードと「QUICPay」の両方を利用することが可能となる。

カードデザインはJCBブランドとMasterCardブランドの2種類を採用しており、MasterCardブランドによる「QUICPay」を搭載した縦型クレジットカードの発行は日本初。
新カードの概要は以下の通り。

◆カード概要
①カード名称
「OricoCard UPty QUICPay Speedy」(オリコカード アプティ クイックペイ スピーディ)
「OricoCard QUICPay Code」(オリコカード クイックペイ コード)

②国際ブランド
「OricoCard UPty QUICPay Speedy」:MasterCard
「OricoCard QUICPay Code」:JCB

③年会費
永年無料

④カードサービス・特典
ポイントサービス:オリコのポイントサービス「暮らスマイル」を搭載

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/8/22 【海外事情】米 カード延滞率上昇 4―6月、大手各社4%弱に(NIKKEI NET)

NIKKEI NETの記事から。
 
アメリカでクレジットカード会社への支払いが滞るケースが増加。カード発行大手各社の2008年4―6月期(一部は3―5月期)の延滞率はいずれも4%弱となり、1年前より軒並み上がった。

<各社の延滞率> ( )は前期同月
アメックス 4-6月期 3.70%(2.60%) 
キャピタルワン 4-6月期 3.85%(2.98%)
ディスカバー・フィナンシャル・サービシズ 3-5月期 3.81%(2.97%)
JPモルガン・チェース 4-6月期 3.46%(3.00%)

このような状況を受け、カード発行条件を厳しくするカード会社も出てきているようです。これもサブプライムローン問題が根底にあるのでしょうね。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/8/21 【新マネー】JCB 日立と実証実験「指静脈マネー」(NIKKEI NET)

NIKKEI NETの記事から。

日立製作所は、指をかざすだけで支払いができる「指静脈マネー」を早ければ09年に実用化を目指すと報道された。電子マネーの究極の進化版といっても良いかと思いますが、指の静脈の形を読み取って本人かどうか見分け、利用者は現金やクレジットカードを持たずして料金を払えるようになる。

この実用化に向けて、JCBが大規模な実証実験をするようで、新たな決済手段として注目ですね!

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/8/19 【ビジネス】MasterCard 法人向けカード会員に対する優待プログラムを提供開始

MasterCard Worldwideは、企業経営者及びその従業員に対して発行されるコマーシャル(法人用)カード会員に対し、ビジネス利用機会の多い加盟店からの優待・割引サービスをパッケージ化した“マスターカード・ビジネスオファー”プログラムの提供を開始することを発表

このプログラムは、ビジネスシーンで利用される様々な業種分野の有力企業13社と提携。各社より提供される優待・割引サービスを取りまとめたもので、MasterCardが日本で展開する初の法人向けカード優待プログラムとなります。

<MasterCardビジネスオファー・プログラム参加加盟店>
●トラベル・サービス分野・・・株式会社東急ホテルズ、日産レンタカー(株式会社日産フィナンシャルサービス)、株式会社マツダレンタカー
●オフィス・サプライ&ビジネス・サービス分野・・・弥生株式会社、So-net(ソネットエンタテインメント株式会社)、Google(グーグル株式会社)、G-Search(株式会社ジー・サーチ)、Desk@(コクヨオフィスシステム株式会社)、DHL(ディー・エイチ・エル・ジャパン株式会社)
●その他ビジネス利用分野・・・Fujisan.co.jp(株式会社富士山マガジンサービス)、株式会社ウォーターダイレクト、株式会社日比谷花壇、株式会社三洋堂

最近、ビジネスカードへの取り組みを他カード会社も含めて力を入れておりますよね。個人の次はビジネスカードということになっているのでしょうか??

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/8/14 【電子マネー】会員数1億人超(8/14日経)

日経の記事から。

主要9規格の電子マネーの延べ会員数が1億人を突破。この6月末で1億22万枚に到達。おおよそ一人1枚は保有していることとなり、本格的に電子マネーがスタートした2001年から約6年8ヶ月というスピードで拡大したことがわかる。

Edyを皮切りに、徐々に拡大してきた電子マネー市場だが、SuicaやPASMOの交通系IC乗車券の導入により一気に拡大。昨年からnanacoやWAONといった小売主導の電子マネーも発行され、日本全国に浸透。プリペイド型の電子マネーだけでなく、携帯クレジットの「クイックペイ」や「ビザタッチ」などのポストペイ型も広がりつつあり、今後はより一層の拡大が見込まれています。

近い将来、共用端末が主流となり、どの電子マネーでも共通に使えるようになると推測しますが、クレジットカード、電子マネー、デビットカードなどのいわゆるキャッシュレス産業の再編があるようなきがします。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/8/13 【海外】スルッとKANSAI ロッテカードと提携し韓国で「PiTaPaカード」を発行開始

LOTTECARD.jpg
韓国で「PiTaPaカード」発行!

スルッとKANSAIは、韓国の大手クレジットカード会社であるロッテカード株式会社と提携し、2008年10月から韓国におけるPiTaPaカード発行を開始する。
→詳しくはこちら
http://www.surutto.com/about/release/p080812.pdf

リリースによると、来日する韓国人のビジネスマンや観光客を対象発行するもので、保有者は日本に来てから乗車券を購入せずにPiTaPaで乗り入れできるようになるもの。特徴は、その利用金額は後日韓国の銀行口座からウォン建てで引き落としするので、ウォンから円への両替が必要なく、完全にキャッシュレスで公共交通機関利用が実現できるというもの。(ポストペイ交通ICカードを海外で発行し、利用額を現地通貨で決済するサービスは、これが世界初)

アジア圏からの日本への観光やビジネスでの渡航が急増しており、海外渡航者へのサービス拡充は面白い視点かもしれません。中国の銀聯カードが使える店舗も国内で増えておりますが、交通系ICだけでなく、電子マネーなどの技術を海外に知らしめる大きなチャンスかもしれません。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/8/10 【業績】クレディセゾン 08年4-6月期決算を発表

オリックスとの経営統合で、今注目のクレディセゾンの業績です。

クレディセゾンの2008年度第1四半期連結決算は、2007年6月から7月にかけて実施したキャッシング金利引下げ施策による65億円の減収の影響で、営業収益869億円(前年同期比6.0%減)、経常利益167億円(前年同期比22.1%減)、四半期純利益90億円(前年同期比15.7%減)となった。
詳しくはこちら

リリースを要約すると
<プラス要因>
クレジットサービス事業のショッピング取扱高の拡大やショッピングリボ残高の収益増加
プロセシング受託ビジネスの収益増加
ファイナンス事業は、全国160以上の地域金融機関との提携による信用保証ビジネスが順調
レンタルビジネスへの参入など新たな試みも開始
過払い利息返還額は減少に転じた(前四半期比16.3%減)
貸倒コストは165億円(前年同期比17.9%減)

<マイナス要因>
キャッシング金利引下げによる減収
不動産担保融資債権の流動化による金利収入を金融収益に振替えた影響で、営業収益ダウン

と要するにキャッシング金利引き下げが大きな要因のようです。08年度通期の業績予想は、営業収益3,630億円、経常利益620億円、純利益270億円、期首予想と変更はないというもののクレディセゾンの業績は芳しくないようです。

■単体の業績
(1)新規カード開拓枚数 :72万枚(前年同期比24%減、今年度進捗29%)
(2)新規カード発行枚数 :62万枚(前年同期比23%減、今年度進捗30%)
(3)カード会員総数 :2,595万人(前期末から6万人減)
(4)稼動会員数 :1,333万人(前期末から11万人増)
(5)カードショッピング取扱高 :9,428億円(前年同期比4.7%増)
(6)カードキャッシング残高 :5,868億円(前期末比0.9%減)流動化債権含む
(7)営業収益 :665億円(前年同期比6.6%減)
(8)経常利益 :125億円(前年同期比0.9%減)
(9)四半期純利益 : 93億円(前年同期比5.5%増)

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/8/9 【統合】テラネットとCCB 統合へ

日経の記事から。

消費者金融などの利用者の借入れ情報を管理するテラネットとCCBは、経営統合を視野に業務提携することを発表。
詳しくはこちら

貸金業改正法に伴い、消費者金融会社自体の統合が進む中、必然の流れかもしれません。
今後はより個人情報を集約することで、さらなるリスクマネジメントの強化による効率化の追求が求められると思います。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/8/8 【銀聯】専門店も「銀聯」を相次ぎ導入(8/8付けMJ)

日経MJの記事から。

中国版デビットカードである「銀聯」での買い物に対応する企業が急増している。記事によると、この9月から東急ハンズが主要6店舗で導入することを皮切りに、ジーンズメイトも8店舗で銀聯カードを使えるように対応した。
詳しくはこちら

中国からの観光客向けに、家電量販店や百貨店での導入が先行しているが、今後は他業界での導入も進みそう。なお記事ではセレクトショップのユナイテッドアローズも9月から導入する予定とのこと。すでに紳士服の青山、ジュエリーを取り扱うミキモトやツツミといった業種もすでに導入しているようで、MADE IN JAPANを武器に、どこまで中国人観光客を囲い込み、日本ブランドとして確立できるか?が今後のカギかもしれません。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/8/6 【電子マネー】JR東日本 Suica/PASMOの電子マネー月間利用件数が3,000万件を突破

交通系ICカードであるSuica・PASMOの1ヶ月あたりの電子マネー利用件数が、この7月に3,000万件(3,271万件)を突破。
詳しくはこちら

現在、利用件数ではnanacoも3,000万件近くで推移していると思います。発行枚数から考えるとnanacoの利用件数は格段に多いのですが、SuicaやPASMOもコンビニとの提携拡大をしておりますので、今後この2つの電子マネーは一層の拡大があると思います。あとはイオンのWAONがどこまで勢力を伸ばすか?電子マネーの動向に注目です。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!


08/8/5 【速報】オリックスとセゾンが統合交渉(NIKKEI NET)

NIKKEI NETの記事から。

オリックスとクレディセゾンの2社が経営統合交渉を進めていることが明らかになったと報道された。統合時期は、来年秋を目指しており、リースや不動産など法人ビジネスに強いオリックスとクレジットカードを主力とし、リテールに強いクレディセゾンが統合すれば、総資産で約11兆5000億円の「総合ノンバンク」が誕生する。

この統合が進めば、カード会社という垣根(業界)がなくなりそうですね。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/8/2 【調査】MasterCard 2008年下半期のアジア/太平洋地域の小売成長予測発表

MasterCard Worldwideは2008年下半期のアジア/太平洋地域市場について、小売成長見通しに関する調査「MasterCard Worldwide Index」小売成長予測を発表。

本調査は、MasterCardのアジア/太平洋地域におけるナレッジリーダーシップ・イニシアチブの一環として2003年6月に開始。年に2回、6月と12月に実施されており、アジア/太平洋地域12市場(オーストラリア、中国、香港、インドネシア、日本、韓国、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、台湾、タイ)における6ヶ月先の小売業界の成長を予測したもの。

今回の調査の要点としては
・アジア/太平洋地域の全12市場で小売売上について引き続きプラス成長が見込まれている
・中国は前年同期と同じく市場をリード(中国の小売売上は5兆5,560億元/年率18.0%)
・香港は、年率12.7%の成長が予測
・インドネシア、マレーシア、フィリピンは、年成長率は順に12.0%、9.3%、8.6%と予測
・日本、台湾、ニュージーランドはそれぞれ前期から比較的楽観傾向が弱い。
 成長は見込まれているものの、予想される年成長率はそれぞれ順に1.0%、2.9%、2.5%

2008年下半期の各国の小売売上予測は以下の通りです。

◆2008年下半期の小売売上予想
国名/売上予測(単位は現地通貨)/前年比売上成長率予測
日本*/61兆8,000億円/1.00%
オーストラリア*/1,045億オーストラリアドル/4.50%
中国*** /5兆5,660億元/18.00%
香港* /1,368億香港ドル/12.70%
インドネシア***/ 276兆8,000億ルピア /12.00%
韓国* /125兆ウォン/ 5.30%
マレーシア*** /493億リンギット/ 9.30%
ニュージーランド* /190億ニュージーランドドル/ 2.50%
フィリピン***/ 5,923億ペソ/ 8.60%
シンガポール**/ 174億シンガポールドル/ 5.20%
台湾*/ 1兆7,290億NTドル/ 2.90%
タイ*** /6,000億バーツ/ 3.90%
(* 接客業、配膳業、自動車産業の売上を除いた数値です)
(** 接客業、配膳業の売上を除き、自動車産業の売上を含んだ数値です)
(*** 卸売業、接客業、配膳業、自動車産業の売上を含んだ数値です)

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

 | HOME | 

カードビジネスSNS


パスワードを忘れた方はこちら
新規登録希望の方はこちら

CMPの本棚


.☆.・∴.・∵☆.・∴.・∵☆.・∴
その気持ち…伝えてみませんか?
.☆.・∴.・∵☆.・∴.・∵☆.・∴
プリザーブドフラワー専門ショップ
colors message

TOPICS!!

金融財政事情研究会『月刊消費者信用』で『実践!メインカード養成道場』を連載中!


プロフィール

Card Marketing Professional

クレジットカードやポイントカード、電子マネーなどカードビジネスおよび会員ビジネスに特化したマーケティングコンサルタント集団。貴社の顧客戦略にカードビジネスのノウハウを活用してみたいという方は、こちらまでお問い合わせください。


最新記事


カテゴリー


月別アーカイブ


FC2ブログランキング サーバー・レンタルサーバー アフィリエイト・SEO対策 ホームページ

FC2Ad

Copyright(c) 2007 Card Marketing Professional. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。

会社概要サイトポリシー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。