貴社のカードビジネスを成功へと導く Card Marketing Professional
  サービス   ネタ帳   CMPの本棚   リンク集   SNS   お問い合せ  
かーどビジネスのネタ帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08/1/31 【開放】JCBとSFI eLIO加盟店を「QUICPay」会員に試験的開放

eLIO加盟店で、JCBの推奨する携帯クレジット「QUICPay」が使えるようになります。

JCBとソニーファイナンスインターナショナルは、ソニーファイナンスが開発・運営する「eLIO」に対応したネット加盟店(eLIO加盟店」)でのEC決済の利用環境を、モバイル決済推進協議会が推奨する簡単・便利な非接触IC決済サービス「QUICPay」の会員にも、2008年6月を目処に試験的に開放することで合意。この実証試験を一定期間行い、2009年3月の本格開放を目標に検討していくとのこと。
詳しくはこちら

現在、QUICPay会員は350万人(2007年12月末)。この350万人が、ネットでも非接触ICとして使えるようになるということで、これまでのネット決済のようにクレジットカード番号を都度入力するなどの手間が不要になります。(まぁ、事前に登録しておけば、手間のないサイトもありますが・・・)

まだまだネット決済で、カード番号を入力することに、抵抗があるユーザーも多いと思いますが、このeLIO決済のスキームであれば、カード番号の入力が不要なので、安心です。
eLIO決済がネット決済の主流になる日は近いかもしれない!?

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!
スポンサーサイト

08/1/30 【刷新】三井住友カード スタンダードカード「プジョーカード」発行

プジョーカード.jpg

プジョーETC.jpg

プジョー・ジャポンは、三井住友カードと提携し、これまでプジョーオーナーを対象に「プジョーゴールドカード」「プジョーエグゼクティブカード」を発行していましたが、今回デザイン・サービスをリニューアルしたスタンダードカード「プジョーカード」を追加。2008年1月28日(月)より募集開始し、発行すると発表。
詳しくはこちら

新しいこの「PEUGEOTカード」は、海外旅行傷害保険付きで、利用次第で年会費が無料となるいまどきのカードといっていいんではないでしょうか?

カード概要は以下の通り。

◆カード概要
①カード名称
「PEUGEOTカード」

②対象
プジョーオーナー

③国際ブランド
VISA

④年会費
初年度年会費無料
※前年度20万円以上の利用で翌年度無料

⑤カードサービス・特典
・最高2000万円の海外・国内旅行傷害保険付帯(国内のみ条件あり)
・年間100万円までのお買い物安心保険付帯
・オリックス自動車グループのレンタカー利用代金がご利用金額より5%OFF
・ワールドプレゼントポイントをプジョーオリジナルグッズ「プジョースタイル」へ交換可能

まぁ、シンプルなデザインで悪くないかな。でも前のブルーライオンをフェイス全面にあしらったカードデザインも個人的には好きでした。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/1/29 【携帯クレジット】ライフ 「iD」が利用できるサービスを開始

ライフは、昨年8月27日にNTTドコモと合意した『後払い電子マネー「iD」の共同推進』に基づき、ライフの発行するクレジットカードにおいて、ドコモの「iD」が利用できるサービスを2008年1月30日より開始すると発表。
詳しくはこちら

まずは、ライフのプロパーカードよりスタートし、将来的に提携カードでも「iD」を使えるように順次拡大していく模様です。ちなみにこんなキャンペーンも展開中!

「携帯クレジット」は、先駆者である「iD」が一歩リードしている感じですね。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/1/28 【提携】JALとイオン 「JMB WAON」「イオンJMBカード」を発行

JMB WAON.jpg

イオンJMB.jpg

今度はイオンネタが続きます。

JALとイオンは、昨年10月に締結した業務提携に基づき、JALマイレージバンクとイオン電子マネー「WAON」が連携する「JMB WAON」および「イオンJMBカード(JMB WAON一体型)」2種類のカード募集を2008年3月1日(土)より開始することを発表。
詳しくはこちら

両カードともに全国の「WAON」加盟店にて「WAON」の利用ならびに「WAON」でのお支払200円(税込)ごとに1マイルを積算される。(「イオンJMBカード(JMB WAON一体型)」は、クレジットカードのショッピング利用1000円(月間利用金額合計)ごとに5マイル積算)

ちなみにマイルから「WAON」への交換は4月1日から。JALホームページにて、10,000マイルから10,000円相当の「WAON」への交換を受け付ける。

WAONの拡大の起爆剤となれるか?注目です!

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/1/26 【拡大】イオン 「WAON」利用可能店舗数が全国拡大

電子マネーネタが続きますね。

イオンが、電子マネー「WAON」の利用可能店舗を倍増すると発表。現在、約12700店舗で利用が可能だが、3月1日より約24000店舗に急速に拡大する。
詳しくはこちら

リリースによると、これまでは関東、中部、近畿エリアと順次拡大していたが、エリアを全国に拡大。また他電子マネー「Suica」「ICOCA」そして携帯クレジット「iD」と連携し、飛躍的に拡大している模様。

ちなみに発行枚数は07年12月末時点で約220万枚。同じ小売で電子マネーを展開するセブン&アイの「nanaco」は同時期約530万枚の発行を大きく差を開かれているが、利用店舗数の拡大とともに発行枚数も大きく伸びえると予想できる。

■各電子マネーの利用可能店舗(イオンの商業施設に出店しているテナント含む)
・イオンの「WAON」 : 全国の約24,000店舗
・NTTドコモの「iD」 : 全国の約22,000店舗
・JR東日本の「Suica」 : 関東甲信越・東北・中部エリアの約13,000店舗
・JR西日本の「ICOCA」 : 近畿・山陽エリアの約5,300店舗

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/1/23 【データ】Suica/PASMOが3000万枚突破

どうやらPASMOとSuicaの合計発売枚数が3, 000万枚を突破したようです。
その内訳はPASMO:674万枚、Suica:2,327万枚とのこと。
詳しくはこちら

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/1/22 【刷新】AMEX 「メンバーシップ・リワード」のアイテムを一新

アメックスは、カード会員向けのポイント・プログラム「メンバーシップ・リワード」(08-09年版)のアイテム内容を、2008年1月より全面リニューアルしたと発表。
詳しくはこちら 

毎回、ブランド力を活かした様々なアイテムを展開しておりますが、今回の目玉「ウィーン舞踏会への参加権」。通常、参加が難しいとされるヨーロッパ最高峰の舞踏会であるウィーンのオーパンバルなどの参加権を提供する。

また面白いところでは、エイベックス・グループがサポートするアーティストさながらのプロモーションビデオ撮影やプライベート・コンサートなども目新しい。

最近は、モノ系よりもコト系に商材がシフトしていますよね。それにしてもカタログ現物も送られてきましたが、クオリティは相変わらず素晴らしいです。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/1/20 【新カード】三井住友カード オゾンコミュニティと提携カード発行

ヒステリックグラマーVISAカード.jpg

オゾンロックスVISAカード.jpg

三井住友カードは、「ヒステリックグラマー」などのファッションブランドを展開するオゾンコミュニティと提携し、展開するブランド「ヒステリックグラマー」と「オゾンロックス」のメンバーズカードを刷新。「ヒステリックグラマーVISAカード」「オゾンロックスVISAカード」を2008年2月1日(金)より募集開始する。
詳しくはこちら

◆カード概要
①カード名称
「ヒステリックグラマーVISAカード」
「オゾンロックスVISAカード」

②国際ブランド
VISA

③年会費
初年度年会費無料、基本的には本会員1,312円(税込み)
※前年度5回以上の買物利用で次年度以降も無料

④カード特典
(1) メンバーズカードポイント
各ブランドの店舗で買物すると、100円利用につき3ポイント付与。
1,000ポイント貯まると、各ブランド店舗で使える1,000円分の商品券と交換。
※クレジット機能無しのメンバーズカードは、100円利用につき1ポイント付与

(2) ワールドプレゼントポイント
三井住友カードが提供するポイントプログラム。各ブランド店舗はもちろん、全国のVISA加盟店で1,000円のご利用につき1ポイントが付与。ポイント累積数に応じて希望の景品との交換や、他社ポイントへの移行。

つまり、Wポイントのカードです。
ノンクレジットに比べて3倍のポイント付与ですから、特に感じますよね。

前に投稿したgCARDのデザインもそうですが
ファッション関連というかブランドのデザインはかっこいいですね。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/1/18 【新カード】ゼイヴェル 提携カード「gCARD」を発行

gCARD.jpg

日本最大級の女性向けケータイポータルサイト「girlswalker.com(ガールズウォーカー)」を運営する株式会社ゼイヴェルが、三井住友カードとJCBと提携し、「gCARD(ジーカード)」を発行。この1月21日より募集を開始する。
詳しくはこちら

本カードのコンセプトは「女性のワガママは美しい」。VIPカードサービスの提供を目指したカードということで高級感溢れる券面デザインは基より、カード会員限定でガールズショッピングでの割引サービスや、いまや社会現象ともなっているeコマース連動型ファッションイベント「東京ガールズコレクション」での豪華VIP特典が用意されているとのこと。この特典だけでもファンは魅力を感じるかもしれませんね。カード概要は以下の通り。

◆カード概要
①カード名称
「gCARD(ジーカード)」

②国際ブランド
VISA/JCB

③年会費
初年度年会費無料、基本的には本会員1,312円(税込み)
※VISAは前年1回以上の利用で次年度以降も無料となる

④カード特典
・gCARDポイント
gCARD利用200円ごとに1ポイント付与。「ガールズショッピング」内での買物ではgCARD利用100円ごとに1ポイント付与。貯まったgCARDポイントは「ショッピングポイント※」へ移行可能。(gCARDポイント1ポイント=ショッピングポイント1ポイント)

※ショッピングポイント:「ガールズショッピング」内でのご利用100円ごとに1ポイント貯まります(gCARD利用の場合にもダブルで貯まります)。1ポイント=1円で「ガールズショッピング」内でのお買物に利用可。

・「ガールズショッピング」で利用すれば、通常5%割引、特定期間は10%割引
(割引は3月以降に開始予定)

・入会者全員にgCARDポイントを1,000ポイントプレゼント。
(2008年3月31日までにカード申込みされた方)

・イベントやキャンペーンに合わせて、カード会員限定の豪華特典を用意

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/1/17 【公金市場】国民年金保険料 クレジットカード納付可能に

国民年金保険の納付率向上に一役買えるでしょうか?

社会保険庁は、この3月分から国民年金保険料をクレジットカードで支払えるようにすると発表。2月1日から申込受付を開始する。
詳しくはこちら

支払い方法は「毎月支払い」「1年分支払い(前納)」「半年分支払い(前納)」が可能。事前に専用申込用紙「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」で申請する必要があるとのこと。
なおカード会社への支払回数は、1回払いのみで、分割払いやリボ払いは利用できない。

主だったカード会社で納付が可能になっており、各社ともポイント特典が付与されることをメリットとして訴求しております。これら公金市場のクレジットカード払いは、消費者にとってはポイント付与されるので嬉しいはず。(ただし、クレジットカード払いにすると、現金での前納払いより割引率が低くなる公金払いもあるようなので要注意!)

カード会社にとっても、このような公金系の支払いは、一度登録するとなかなか切り替えないので会員のつなぎとめとしては有効です。またポイントを無駄なく貯めるためにも、一枚のカードに集約するのがトレンドの今、公金払いの登録促進は一つの大きな戦略でしょう。

ただ、この読売新聞のニュースにも書いてありますが、社会保険庁がカード会社に支払う手数料が「納付額の0.6%」ということであれば、カード会社はポイント還元するだけで実質的には赤字になりかねません。つまり、この登録をきっかけに他での利用を喚起しないとまずいわけです。

社会保険庁はこの「ポイントメリット」により、年金保険料の納付率向上を狙っていると思いますが・・・その前に「消えた年金問題」を解決して欲しいところですよね!

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/1/15 【刷新】JCB 「J-Basketサービス」を全面刷新

JCBの有料(ゴールドは無償配布?)会員情報誌「J-Basket」がリニューアルするようです。

JCBは、現在30万人以上の会員に提供している付帯サービス「J-Basket(ジェイバスケット)サービス」を全面刷新することを決定。

リリースによると、新サービスの開発・運営には、2006年7月にJTBと共同設立した提携事業開発会社の株式会社J&J事業創造と提携、同社に全面委託する方針。そもそもJCBの会員情報誌の歴史は長く、1973年より定期購読のスタイルで発刊。その後、1995年に各種トラベル&エンターテインメントに特化した「Club JCB」サービスを開始し、2003年には両サービスを統合した「J-Basket」を提供してきました。

今回のリニューアルでは、J&Jの強みでもあるJTBのコンテンツ力、ネットワーク力を活かした「旅」に関するサービスを拡充。2008年6月より会員向け情報誌を「旅の情報提供」を中心とした内容へと改版し、あわせて提携施設での優待サービスやポイント還元などの利用者向けサービスを強化していくとのこと。

新サービスの概要は以下の通り。
◆新サービス概要
①名称
「J-B Style(ジェービースタイル)」

②コンセプト
「知的な旅へ誘うサービス」

③編集制作
JTBパブリッシング

④内容
旅のプロフェッショナルの視点で編集された独自性の高い「旅」情報を提供。最新情報をお届けする専用Webサイトを開設することでお客様とのコミュニケーションチャネルの拡大を図る。

また各地レジャー施設等での優待サービスを提供するJTBベネフィットの「えらべる倶楽部ライフ」を採用。さらにはJCBトラベルと提携し、旅行用品をJCBカードで決済すると「OkiDokiポイントプログラム」において最大15倍のポイントを付与するような誌面連動したアライアンスも強化する見込み。

JTBのグループ資産を最大限活用している点では、さすが「JTB」という感はありますが、そもそも「J-Basket」も旅行中心の情報誌だったので・・・どこまで目新しさを表現できるか期待です。もちろん、旅行という情報は広くターゲットにリーチできるので、こういった会員情報誌としては、はずれのないコンテンツなのかもしれませんね。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/1/13 【JALカード株】三菱UFJニコス 49%取得が確実に

日経の記事から。
ついにJALカード株の行方が、決まったようですね。まぁ、想定どおりですが。

三菱UFJニコスが、日本航空が売却を予定しているJALカード株について、49%を取得することが確実になったと報道された。

記事によると、入札で競合となっていたクレディセゾンが辞退したためで、三菱UFJニコスの落札が確実になった模様。業界内では、JALカードの資産価値は200-300億円と見込まれていたが、今回の落札金額は400億円超と予想を大幅に超える金額になるとのこと。

もともとDCカードがJALカードを発行している経緯があるので、先ほどDCカードとも合併した三菱UFJニコスが有力視されていた。三菱UFJニコスとしても、優良なJALカード会員を手放すことを考えると、何としても確保しておかないといけない資産と考えたに違いありません。

またみずほ銀行がANAとの提携を進め、カード発行を加速させていることもあり、三菱グループとしてもJALとのアライアンスで、ブランド強化や顧客の囲い込みを促進したいという狙いがあるようです。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/1/12 【最終赤字】OMC 2007年3-11月期 最終損益262億円赤字

OMCカードが、2008年2月期 第3四半期(2007年3月1日~2007年11月30日)の財務・業績の概況を発表。最終純利益は262億円赤字となった。
詳しくはこちら

赤字の要因としては、他社同様、貸し金業改正に過払い金請求増と貸出金利引き下げによる与信基準の見直しで、既存会員の債権を貸し倒れ引当金(471億円)として計上したため。

日経の記事では、同時にダイエーの同時期の連結業績を発表。営業利益が前年同月比76%減と大々的に発表されていました。しかも「OMCカード不振で」と。一方、マルエツ株やOMC株の売却益を特別利益に計上し、純利益は76%増の488億円になったようです。
詳しくはこちら

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/1/10 【調査】矢野経済 プリペイド決済市場に関する調査結果発表

電子マネー等の台頭で、07年度以降は拡大傾向のようです。

矢野経済研究所が、プリペイド決済市場に関する調査結果を発表。
詳しくはこちら

リリースにあるとおり、調査結果のサマリーはと言うと・・・

●06年度のプリペイド決済市場は26,937億円
プリペイド決済市場は拡大傾向にあったが、06年度には発行規模の大きかったハイウェイカードの発行中止が影響し、前年度比96.0%と一時的に減少

●07年度以降、市場は拡大傾向
非接触IC型電子マネーやプラスチックカード型プリペイドカード、ネットワーク型電子マネーといった、プリペイド式電子決済サービスの普及・拡大により、プリペイド決済市場は拡大傾向で推移していくと予想

●【商品券・ギフト券】汎用性の高い汎用券の発行シェアが引き続き上昇
プリペイド式電子決済サービスが台頭しつつあるものの、商品券・ギフト券はフォーマルギフト市場で一定のシェアを維持していくと予想

●【プラスチックカード型プリペイドカード(ギフトカード)】導入事業者が着実に増加

●【プリペイド式非接触IC型電子マネー】交通系発行事業者に加えて流通系が台頭
小額決済市場において発行規模が急速に拡大しつつあり、この傾向は今後も続くと予想

とのこと。たしかに最近、いろいろなところでギフトカードを目にします。
特に小売流通が自社独自のオリジナルギフトカードの発行が頻繁で、つい先日も高島屋でもやり始めましたね。
詳しくはこちら

デザインは高島屋そのものですが、上品でよい感じです。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/1/9 【新カード】三井住友 銀座山形屋と提携カード発行

山形屋.jpg

三井住友カードは、オーダーメイドスーツの老舗の株式会社銀座山形屋と提携し、「銀座山形屋VISAカード」を2008年1月より募集・発行すると発表。
詳しくはこちら

なかなか渋いカードデザインでいいと思います。
カード概要は以下の通り。

■カード概要
①カード名称
「銀座山形屋VISAカード」

②国際ブランド
VISA

③年会費
入会金・年会費無料
前年度1回以上の買物利用で次年度以降も年会費無料
(上記以外・・・本会員/1,312円)

④カード特典
全国の銀座山形屋グループで本カードの提示で購入代金を5%割引

銀座山形屋のホームページをみたら、100周年だそうで・・・
ホントにすごい老舗ですね。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/1/8 【調査】JCB 「クレジットカードに関する総合調査2007年度版」発表

昨年末の話ですが・・・毎年恒例のJCB調査資料が発表されました。

JCBは、2,500名の消費者 (JCB会員・非会員を含む)を対象とした「クレジットカードに関する総合調査2007年度版」の調査を実施、その結果を発表した。
詳しくはこちら

リリースの概要によると、今回の調査では 「クレジットカードを保有している人の割合」、「実際に持ち歩くクレジットカードの枚数」については、横ばい傾向。一方、「1番多く使うカード」への集約化やカードの使い分けの傾向が強くなっており、消費者がクレジットカードの選別を積極的に行っていると見解をまとめている。

私も数十枚のカードを持っていますが、実際はメインカードとサブカードのいくつかを使い分けています。特にサブカードは利用シーンに応じて、使い分けており、それぞれのカードサービス(メリット)の恩恵を受けております(昨今は専らガソリン代の割引カード!!)

一度、じっくりと精読することをお勧めします。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/1/7 【下方修正】イオン 2008年2月期の業績予想発表

イオン株式会社が、2008年2月期(2007年2月21日~2008年2月20日)の業績予想を発表。
詳しくはこちら

営業利益および純利益も大幅に下方修正。営業利益は10期ぶりの減益となる模様。
今回の下方修正の原因としてリリースでは
①米衣料品子会社である米国タルボットの不振
②イオン(株)単体の利益改善が小幅に止まったこと
とあげており、特に②に関しては、イオンが新しく取り組んだ金融事業(イオン銀行、電子マネー「WAON」)の先行投資や貸金業法の改正影響を挙げております。

金融事業は、もはや本業の足かせになってしまうのでしょうか?
どちらにせよ、早期に事業を軌道に乗せることがビジネスの基本ということでしょうね。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/1/3 【謹賀新年】あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、私は明日から仕事はじめです。
その前に、今年のテーマを掲げておきたいと思います。

今年一年のテーマは、ずばり「集大成」です。
ここ数年で取り組み、築き上げたものを「形として残す」ということに
こだわっていきたいと思います。

これまでは目先のことをやり遂げることで精一杯でしたが
もうちょっと先を見据えながら、何事にも取り組みたいと思います。
そう意識することが、「形として残す」ことにもつながるような気がしており、
その結果が我々の「強み」となればベストだと思っています。

それでは今年一年もどうぞよろしくお願いいたします。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

 | HOME | 

カードビジネスSNS


パスワードを忘れた方はこちら
新規登録希望の方はこちら

CMPの本棚


.☆.・∴.・∵☆.・∴.・∵☆.・∴
その気持ち…伝えてみませんか?
.☆.・∴.・∵☆.・∴.・∵☆.・∴
プリザーブドフラワー専門ショップ
colors message

TOPICS!!

金融財政事情研究会『月刊消費者信用』で『実践!メインカード養成道場』を連載中!


プロフィール

Card Marketing Professional

クレジットカードやポイントカード、電子マネーなどカードビジネスおよび会員ビジネスに特化したマーケティングコンサルタント集団。貴社の顧客戦略にカードビジネスのノウハウを活用してみたいという方は、こちらまでお問い合わせください。


最新記事


カテゴリー


月別アーカイブ


FC2ブログランキング サーバー・レンタルサーバー アフィリエイト・SEO対策 ホームページ

FC2Ad

Copyright(c) 2007 Card Marketing Professional. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。

会社概要サイトポリシー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。