FC2ブログ
貴社のカードビジネスを成功へと導く Card Marketing Professional
  サービス   ネタ帳   CMPの本棚   リンク集   SNS   お問い合せ  
かーどビジネスのネタ帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07/9/30【新カード】三井住友カード 会員専用の「夢なびVISAカード」を発行

yumenavi.jpg

スターツコーポレーションと三井住友カードは提携し、スターツコーポレーションが運営する総合生活ポータルサイト「夢なび」の会員専用カード『夢なびVISAカード』を発行し、2007年10月2日(火)より募集開始する。
詳しくはこちら

スターツグループでの利用でポイントが貯まる「夢なびポイント」がメイン特典。それと同時にクレジット利用で三井住友カードのワールドプレゼントのポイントも貯まるダブルポイントのカードとなっています。

スターツグループは、不動産賃貸なども展開しているので家賃決済に本カードを使えば、ポイントもすぐ貯まりそうですね。カード概要は以下のとおり。

■カード概要
①名称
スターツ夢なびVISAカード
②国際ブランド
VISA
③年会費
初年度年会費無料
※前年度1回以上の買物利用で次年度以降も年会費無料
④カード特典
・夢なびポイント(スターツグループのポイント)
・ワールドプレゼント(三井住友カードのポイント)
・付帯保険(年間100万円までのお買物安心保険)

カードデザインがキレイですね。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリック
をよろしくお願いします!
スポンサーサイト

07/9/27【業績】武富士 今期純利益510億円~与信基準見直し(日経9/27)

日経の記事から。

武富士の2008年3月期の連結純利益が510億円程度になると報道された。記事によると昨年度実績は4,812億円の赤字だったが、昨年度のような過払い金の引当金の積み増し等がなくなり、かつ与信基準を見直し、新規顧客の獲得を再開する予定とのこと。

たしかに上限金利の規制や総量規制の問題など消費者金融業界には激震が走りましたが、そもそも収益性は悪くない事業ですので、優良顧客のみ地道に広げていくことでまだまだ見込みはあるでしょう。ただし、これまでのような急速な規模拡大は厳しいのは事実ですよね。
他の消費者金融の業績にも注目しましょう!

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリック
をよろしくお願いします!

07/9/27【導入支援】大日本印刷 金融機関向けに多機能ICキャッシュカード導入支援サービスを開始

大日本印刷はこれまでの実績をこのようにパッケージ化するのが得意ですよね。

大日本印刷は、金融機関向け多機能ICキャッシュカードの導入コンサルティング、およびプロジェクトマネジメントサービス『DNP IC Chip Migration Advance』を、2007年9月下旬より開始すると発表。

リリースによると、「金融庁によると、全国の金融機関のうち、ICキャッシュカードを導入、または導入を計画している金融機関が全体の約8割に達しており、既に多くの金融機関で、ICキャッシュカード発行システムの構築やATMのIC対応を完了しています。しかし、セキュリティ強化のためにICキャッシュカードの発行を開始したものの、顧客にメリットのあるサービスの提供が十分ではないことから、電子マネー・非接触クレジット、ポイントサービスなど多機能化の検討が進められています。一方、ICキャッシュカードの多機能化は、実務面での検討事項が多く、専門的な知識が必要であり、導入までの期間やコストが課題となります」とのこと。

簡単に言うと、ICチップをもっと活用して、顧客サービスを提供しましょう!ってことでしょうか?DNPをしては、あくまでもカード発行を請け負うのが狙いでしょう。
主な支援サービス内容は以下のとおりです。

①STEP1~導入検討支援
ICカードを導入する為に必要な知識や技能に基づき、専門的な立場から、実務的なアドバイスや資料の提供。

②STEP2~各種導入支援
ICカードの導入およびICカードサービスの実施段階における金融機関のフォロー。更に、ICカードの基本的な技術情報の提供、発行プロセスや、規格、仕様、セキュリティなどに関する問い合わせに対応。

③STEP3~カード発行支援
非接触クレジットカード、汎用電子マネー、交通電子マネー、独自電子マネー、地域電子マネー、ポイントサービスなどの導入計画を立案。追加機能に応じた役割分担や、プロジェクト全体の時間、コスト、人員配置などの管理・最適化を図り、発行までのサポート。

<支援体制>
キャッシュカード、クレジットカード、非接触カードの各専任担当者によるコンサルティングチームを設置し、全体を管理。

このような仕事を弊社でもやろうかな。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリック
をよろしくお願いします!

07/9/26【新カード】オリコ オートバックスグループのオフィシャルクレジットカードを発行

oricoAB

オリエントコーポレーションは、オートバックスグループとの提携によるオフィシャルクレジットカード「AUTOBACS Group The CARD(オートバックス グループ ザ カード)」の発行を10月1日より開始すると発表。
詳しくはこちら

■カード概要
①カード名称
「AUTOBACS Group The CARD(オートバックス グループ ザ カード)」

②国際ブランド
MasterCard

③年会費
初年度無料
※2年目以降2,100円

④会員特典
●いつでも3%OFF
 グループ店舗での買い物と工賃についてカード利用金額の3%を割引

●ダブルポイント
  グループ店舗での買い物でオートバックスお買い物ポイントと
オリコのスマイル(ポイント)がそれぞれ貯まる。

●ゴールドランク特典
  オートバックスポイントアップカード(現金ポイントカード)の機能も
兼ねており、通常は利用実績に応じて一般⇒ゴールド⇒プラチナと
ランクアップするものが、最初からゴールド会員としての特典を付与。

●ロードサービス
  事故だけでなく故障のときも安心のロードサービスを24時間365日利用可能


●飲食店・レジャー施設の割引・優待
  カード裏面の「CLUBグルメぴあPREMIUM」マークの提示により
全国約14,000店で5%~30%の割引・優待が受けられる

入会目標はなんと15万人!久々のビッグカード誕生の予感?ただオートバックスはこれまでもいくつも提携カードを発行しているので、切り替え促進をしたらあっという間に15万はいくかも知れませんね。ポイントカードの発行枚数も相当あるようですから。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリック
をよろしくお願いします!

07/9/25【契約解除】クレディア JCBとの資本・提携契約を解除

JCBは、資本提携していたクレディアと契約を正式に解除したと発表。先日のクレディアの民事再生手続開始の申立て、受理されたことに伴い、「資本及び事業提携に関する基本契約」を解除した。

クレディアをJCBは平成17年12月26日付で締結しており、約2年弱の関係だったトイことになりますね。その間、JCBはいくつかローンカードを発行しており、少なからずローン事業を拡大させていく矢先だったかも知れませんが・・・クレディアがそれまで持たなかった感じでしょうか?

今後も、こういった形でローン保証業務で、銀行などと提携している消費者金融も提携会社など相次ぐでしょうね。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリック
をよろしくお願いします!

07/9/21【赤字】三菱UFJニコス 1000億円赤字・今期下方修正へ(日経9/20)

日経の記事から。
MUFGの金融事業再編の最終章に入った感じですね。

三菱UFJニコスは、2008年3月期の純利益予想を155億円の黒字から、1118億円の赤字に大幅下方修正すると発表。それに伴い、MUFGは、三菱UFJニコスの約1200億円の第三者割当増資を引き受け、同社はMUFGの完全子会社化する。

今回の下方修正は、他社同様、上限金利引き下げに伴う利息返還請求の引当金の積増が大きく影響している。今回、完全子会社化により、MUFGはグループの金融事業を再編。大幅人員削減も実施する。

ポイントを整理すると
・11月に1200億円の第三者割当増資を実施。
 MUFGが全額引き受け、三菱UFJニコスを完全子会社化
・三菱UFJニコスは、増資1200億円を原資。
 08年3月期の引当金1,300億円を一括計上
・08年4月にはMUFGグループのジャックスに信販事業を譲渡。
 三菱UFJニコスの人員を3年間で2900人リストラ。
・08年7月に上場を廃止。08年8月にはMUFGの完全子会社化。

といった流れになる予定です。

MUFGのリテールは
●銀行 三菱UFJ銀行
●クレジットカード 三菱UFJニコス
●信販 ジャックス
●ローン アコム

と住み分けができた感じですね。
日本信販から信販業がなくなるのは、なんだか寂しいですね。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリック
をよろしくお願いします!

07/9/20【事業売却】GEコンシューマーF 「レイク」売却を正式に決定(日経9/20)

日経の記事から。

GEコンシューマー・ファイナンスが、消費者金融事業「レイク」を正式に売却することを決定したと発表。売却先は未定。同社が事業展開している、住宅ローンやクレジットカード事業はそのまま存続するようで、GEコンシューマー・ファイナンスの収益基盤だった消費者金融事業から撤退ということになります。

さすが外資系というか撤退の意思決定が非常に早いですよね。まぁ、これだけ軒並み叩かれていれば外資でなくとも、撤退を考えざるを得ませんよね。そうでないとクレディアみたいになってしまいますから。GEはその他の既存事業をどう拡大展開するのか?注目したいと思います。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリック
をよろしくお願いします!

07/9/19【提携】三菱UFJニコス アメックスと提携(9/19日経)

日経の記事から。

三菱UFJニコスとアメリカン・エキスプレスが提携カードの発行で合意。来春にもアメックスブランドが付いた富裕層向けカードを発行する。

記事によると、富裕層向けの最上級カードとして「ゴールド」「プラチナ」の2種類の発行を検討、既存のゴールドカードよりもワンランク上のカードとして展開する模様。

展開イメージは、クレディセゾンのようなアメックスブランドの活用の仕方だと思います。アメックスのみ年会費を高めに設定したり、付帯サービスを充実させ、プラチナカードを発行するのでしょう。

つい先日、GEコンシューマー・ファイナンスにもブランド開放しましたが、アメックスの戦略がどうやら方向展開しつつある感じですね。

ちなみに同じ日経に「アメックスの銀行子会社買収」という記事もありました。内容はイギリスの銀行、スタンダード・チャータードが、18日にアメックスの銀行子会社、アメリカン・エキスプレス銀行を約11億ドル(約1260億円)で買収すると発表。

スタンダード・チャータードの富裕層向け金融サービスの強化に伴い、富裕層を囲い込むアメックス銀行に目をつけた模様です。

どこもかしこも富裕層がターゲットになるのでしょうか?

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリック
をよろしくお願いします!

07/9/18【TDL】JCB 「東京ディズニーリゾート 25th アニバーサリー・スペシャルナイト」ご招待キャンペーン

JCB恒例のTDLの新キャンペーンです。
今回はTDL25周年記念のスペシャル・ナイトへのご招待。

JCBは、9月1日より10月15日まで「東京ディズニーリゾート」25周年をお祝いする特別なプライベートイブニングパーティー「東京ディズニーリゾート(R) 25th アニバーサリー・スペシャルナイト」へご招待するキャンペーンを実施。
詳しくはこちら

期間中、JCBカードの利用合計金額が1万円以上の方のなかから抽選で250組500名に当たるもので、TDLのオフィシャルカードであるJCBだからこそ、提供できるスペシャル特典。

やはり、ディズニーランドの魅力はいつになっても廃れませんね。
特にこういった記念イベントとなると、ファンは堪らないでしょうね。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリック
をよろしくお願いします!

07/9/16【破綻】クレディア 民事再生法の適用を申請(日経9/15)

上場、中堅クラスにも淘汰の波が押し寄せています。

消費者金融中堅で、東証一部上場のクレディアが、14日民事再生法の適用を申請。貸金業の改正や上限金利の引き下げに伴い、07年3月期には200億円の赤字に転落。メインバンクの後ろ盾を得ることが出来ず、事実上、経営破綻することとなった。

記事によると同社は1995年に店頭公開し、99年に東証一部に上場。05年にはJCBと資本・提携を結ぶなど急拡大した消費者金融の一つ。05年3月期には経常利益が35億円だった。

つい最近も三洋信販が、プロミスと経営統合が決定するなど、中堅以下の消費者金融の淘汰が本格化しつつあります。大手の消費者金融も、メガバンクとの資本提携や撤退なども続出しており、いよいよ消費者信用業界の再編の最終章といったところでしょうか?

業界的な再編は最終章ですが、これらの先には、個人の借入れができにくい「貸し渋り」による「生活難民」が社会問題化するのかも知れませんね。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリック
をよろしくお願いします!

07/9/14【新サイト】オリコ 電子マネーの知識を楽しく学べるサイト「電子マネータイムズ」を開設

電子マネータイムズTOP.jpg

最近、オリコはこの手の面白いことやりますよね。

オリエントコーポレーションは、利用者が急増してきている電子マネーに関するさまざまな情報や知識を、子供から大人まで楽しみながら学べる新コーナー「電子マネータイムズ」を9月14日(金)に開設。
「電子マネー」を客観的にわかりやすく解説することで気軽に知識習得していただけることを目的としたもので、「電子マネー」の利用方法などをより分かりやすく説明している。

■「電子マネータイムズ」概要
・目的
 一般的な「電子マネー」に関する知識を、動画を通じて楽しみながら習得していただき訪問者の満足感を高め、オリコに興味を持っていただくことで新規顧客の取り込みを目指すもの

・設定
 電子マネーに関する知識を、「芸者ガール」「応援団長」「ギャルギャル」「忍者サラリーマン」の4タイプに分け、記者が突撃インタビューするという形式で便利な利用方法等を訴求
・メニュー構成
 「芸者ガール」:知らないと時代に遅れる?
        (噂のカードその真相)
 「応援団長」:スマートな買物の仕方、教えます
       (電子マネーの利用方法)
 「ギャルギャル」:携帯タイプの電子マネーはこんなに便利
         (カードタイプとはひと味違う携帯タイプ)
 「忍者サラリーマン」:電子マネーでここまでできる!?
           (電子マネーが切り開く未来の姿)

メニューがふざけていて面白いですね。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリック
をよろしくお願いします!

07/9/12【共用端末】JCBなど 京都市内の商店街にJR西日本の「ICOCA電子マネー」など導入

電子マネーと携帯クレジットの共用端末の導入が今のトレンド?

京都の商業者で組織する地域情報化推進会社の合同会社きょうと情報カードシステムとJCBは、西日本旅客鉄道が提供する「ICOCA電子マネー」と「QUICPay」が利用できる共用端末を、10月5日より京都市内の四条繁栄会商店街振興組合など、KICSに参加する14組合、約650店舗へ順次導入していく。
→詳しくはこちら
http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/1173264_799.html

なお今回導入する共用端末は日本カードネットワークが提供するクレジットカード決済端末機「JET-STANDARD」。
JET-S.jpg


<共用端末を導入する14組合>
 1 河原町商店街振興組合
 2 祇園商店街振興組合
 3 京商連北カード会
 4 京都三条会商店街振興組合
 5 京都錦市場商店街振興組合
 6 三条名店街商店街振興組合
 7 四条大宮商店街振興組合
 8 四条繁栄会商店街振興組合
 9 新京極商店街振興組合
10 寺町京極商店街振興組合
11 西陣千本商店街振興組合
12 納屋町商店街振興組合
13 パレット河原町商店街振興組合
14 伏見大手筋商店街振興組合

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリック
をよろしくお願いします!

07/9/11【新カード】クレディセゾン 日本女子プロゴルフ協会のファンクラブ会員証を兼ねたクレジットカードを発行

LPGA.JPG

社団法人日本女子プロゴルフ協会(LPGA)は、2007年10月1日にLPGA オフィシャルファンクラブ「LPGA CLUB」を創設し、ファンクラブ会員を募集すると発表。オフィシャルファンクラブ創設に伴い、LPGAとクレディセゾンが提携し、ファンクラブの会員証を兼ねたクレジットカード「LPGA CLUBカード」の発行を開始する。
詳しくはこちら

本カードは年会費16,800円とゴールドカード的な位置づけです。(色もゴールドですし)。いろいろな特典がありますが、入会者全員にLPGA CLUB提携ゴルフ場で利用できるプレー優待券を16,000円分贈呈するということで、実質初年度無料と捉えてることもできます。

さらに本カードは社会貢献的な機能も有しており、ファンクラブ会員限定のチャリティオークションの収益金などを乳がんに対する理解と支援を目的としたピンクリボン運動に寄付する予定とのこと。ここらへんも女子プロならでは付加価値だと思います。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリック
をよろしくお願いします!

07/9/10【海外】JCB 台湾でグローバル非接触ICプログラム「J/Speedy」の展開を開始

JCBは、台湾大手銀行の聯邦銀行(Union Bank of Taiwan)と提携し、世界初となるJCBブランドのグローバル非接触ICプログラム「J/Speedy(ジェイスピーディー)」を搭載した「微風広場JCBカード」の発行を開始すると発表。
詳しくはこちら

リリースによるとJ/Speedy搭載のJCBカードを発行する聯邦銀行は、2002年よりJCBカードの現地発行を開始。JCB加盟店業務もおこなう台湾の大手商業銀行で、聯邦銀行は2002年より、台湾で最も人気がある大型ショッピングセンター「微風広場」と提携し、「微風広場JCBカード」の発行を開始。本年9月より、会員サービスの一層の向上を目的にJ/Speedy機能が搭載された「微風広場JCBカード」を新たに発行するようです。

これを足がかりに、JCBはアジアでの非接触決済市場の拡大を狙いたいところですよね。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリック
をよろしくお願いします!

07/9/9【新会社】クレディセゾン 山口フィナンシャルグループとクレジットカードなどの商品企画・開発で新会社を設立

セゾンの地銀戦略の一つの形ですね。

山口フィナンシャルグループ(YMFG)とクレディセゾンは、平成19年3月30日に締結した「事業提携に関する基本合意書」に基づき、8月29日に「ワイエムセゾン株式会社」を共同出資により設立したと発表。
詳しくはこちら

これに際して、10月22日より新会社とクレディセゾンとの提携カードを発行を予定している。

<新会社の概要>
・会社名:ワイエムセゾン株式会社
・本社所在地:山口県下関市細江町2丁目2番1号(原弘産ビル5階)
・設立年月日:平成19年8月29日
・出資金額:5000万円(資本金2500万円、資本準備金2500万円)
・出資比率:YMFG 50%、クレディセゾン 50%
・役員構成:代表取締役社長 村上 啓二
      代表取締役専務 田中 順一
      取締役 繁澤 正道
      非常勤取締役3名、非常勤監査役2名
・従業員数:9名
・事業内容:クレジットカード・カードローン等の商品企画・開発、会員募集計画の企画立案など
・営業開始:平成19年10月22日(予定)

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリック
をよろしくお願いします!

07/9/4【本体発行】JCB 東邦銀行と銀行本体でのカード発行に関するフランチャイズ契約を締結

ちょっと前のネタです。京都銀行の次は東邦銀行です。

JCBは、東邦銀行とカード業務のフランチャイズ契約を銀行本体発行形態で締結。2007年10月1日より同行でのJCBカードの募集を開始すると発表。
詳しくはこちら

京都銀行を同様に、キャッシュ&クレジット一体型ICカードを発行。名称は「東邦Alwaysカード」。同カードはVJAグループとも提携し、VISAブランドのカードも発行する。

地銀の本体発行は、JCBとVJAの両ブランド発行が主流になりつつあるのでしょうか?

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリック
をよろしくお願いします!

07/9/2【終了】三井住友カード リボ専用カード「U-Zu」の新規・更新カードの発行終了

1-2週間前に通達DMがありました。
三井住友のリボ専用カードの発行が終了するようです。

DMの内容は、10月末をもって「三井住友VISAカード U-Zu」の発行を終了。それに伴いプロパーカードへの切り替えおよび解約手続きの案内でした。

三井住友は、リボ専カードの導入が他よりも遅かったので、顧客の取り込みが遅れたのでしょう。それにより、利用があまり見込めなかったことで、カードの整理にいたったと思います。これも上限金利の撤廃のあおり?のひとつだと感じますが、他カード会社もリボ専用カードだけでなく、発行カードの見直しを迫られることと思いますね。

それにしても年会費無料だったU-Zuカードだけに、初年度のみ無料のプロパーカードの切り替えを言われると・・・ほぼやめるでしょうね。ただ、三井住友のうまいところは新しいローンメインのカード「エブリ」(こちらは会費無料)の申込書を同封してところがさすがです!

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリック
をよろしくお願いします!

07/9/1【新カード】GE Moneyとアメリカン・エキスプレス クレジットカード事業で提携

cardDesign.jpg

cardDesignG.jpg

GE MoneyにAMEXブランドが登場です。

GE Money(法人名:GEコンシューマー・ファイナンス)とアメリカン・エキスプレスは、日本におけるクレジットカード事業で提携し、GE Moneyは、アメリカン・エキスプレスのブランドを付帯したクレジットカードを日本で発行すると発表。その第一弾として、本年8月31日より、「GE Moneyアメリカン・エキスプレス・カード」を発行する。
詳しくはこちら

リリースによると、本カードは「ワンランク上のステータスを求める成長志向の高い20代後半から30代を主なターゲットしており、この年代の顧客層には、社会人として自信がつき始め、ライフスタイルへのこだわりも明確になるなど、一つ上のステージに踏み出した自分に合うクレジットカードを求めるニーズが潜在しているものの、既存のカードはそのニーズを充分に満たしていない」と考えているとのこと。いわゆる昔で言うヤングゴールド的な位置づけでしょうね。

確かに「黒」を基調とするデザインなので、高級感やステイタス感はあるのかと思いますし、カード機能もかなり充実しており、コストパフォーマンスは高いと思います。詳しくは本サイトのカードスペックを参照してみてください。

それよりGE本体の売却話ってどうなるのでしょうか?そちらも気になりますね。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリック
をよろしくお願いします!

 | HOME | 

カードビジネスSNS


パスワードを忘れた方はこちら
新規登録希望の方はこちら

CMPの本棚


.☆.・∴.・∵☆.・∴.・∵☆.・∴
その気持ち…伝えてみませんか?
.☆.・∴.・∵☆.・∴.・∵☆.・∴
プリザーブドフラワー専門ショップ
colors message

TOPICS!!

金融財政事情研究会『月刊消費者信用』で『実践!メインカード養成道場』を連載中!


プロフィール

Card Marketing Professional

クレジットカードやポイントカード、電子マネーなどカードビジネスおよび会員ビジネスに特化したマーケティングコンサルタント集団。貴社の顧客戦略にカードビジネスのノウハウを活用してみたいという方は、こちらまでお問い合わせください。


最新記事


カテゴリー


月別アーカイブ


FC2ブログランキング サーバー・レンタルサーバー アフィリエイト・SEO対策 ホームページ

FC2Ad

Copyright(c) 2007 Card Marketing Professional. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。

会社概要サイトポリシー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。