貴社のカードビジネスを成功へと導く Card Marketing Professional
  サービス   ネタ帳   CMPの本棚   リンク集   SNS   お問い合せ  
かーどビジネスのネタ帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07/2/28【提携】NTTドコモと日本マクドナルド 携帯販促で提携

ここ数日、新聞各紙を賑わしていますね。

日本マクドナルドHDはNTTドコモと携帯電話を活用した販促業務提携を行うことを発表。
詳しくはこちら

リリースによると、具体的な業務提携内容は
○マクドナルドにおける新たな会員組織の設立(平成19年10月を目処に立ち上げ)
○全国のマクドナルド店舗における「iD」「トルカ」の導入

の2点。そのために新会社を7月に発足するようです。携帯電話を使ったタイムリーなクーポン配信などその可能性は未知数ですが、マーケティング会社を設立するあたりが本気さを伺えますね。

ちなみに本日の日経MJに面白い記事が書かれていました。日本マクドナルドのCEOの原田氏のコメントで「一般に2-3% の手数料がかかるとされる電子マネーの導入には消極的だったが、注文から商品提供までの時間を30秒短縮すると、売り上げが5%導入することから、支払時間の短縮による効果が大きいと判断」ということ。

確かにマックの場合は、時間との戦いですよね。支払い手段のスピード化で手数料をカバーする考え方(それだけではないですが)は、非常に面白いですね。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

07/2/27【バースデーギフト】AMEX プラチナ・カード報告~その7~

久々のプラチナ・カード報告。
実は27日が誕生日だったのですが、当日にちゃんと贈られてくるんですね。
アメックスのバースデーギフト。

さて、今年の中身はなんでしょうか?

Image001.jpg

↑ギフトパッケージも丁寧

Image005.JPG

↑ギフトボックスも重厚で高そうな雰囲気

Image003.jpg

↑個人名入りのバースデーカード付(ややチープですが・・・)

Image004.jpg

↑鏡にもなるブックマーカー

取説が付いており、見てみると「伊勢丹」から購入しているようですね。
入会に送付されてきた「ネームタグ」同様、兵士デザインが全面に出ています。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ

07/2/25【調査】Eストアー 「オンラインショッピングのトラブルと対策に関する調査」結果を発表

ネットショップ支援のEストアーは、2007年2月8日に「オンラインショッピングのトラブルと対策に関する調査」について、全国の412名(対象:1年以内にネットショッピングを利用したことのある全国の18歳以上)を対象に、インターネット調査を実施。
詳しくはこちら

その中で注目なのは「オンラインショッピングについて不安を感じることがあるか?」という質問に対し、「いつも不安を感じる(7.5%)」、「時々不安を感じる(34.2%)」、「少し不安を感じる(22.1%)」と、合計63.8%がオンラインショッピングについて不安を感じていることが判明。

さらに「具体的にどのようなことに不安を感じているか?」という質問では、「入力したクレジットカード情報の不正使用(75.4%)」が最も多いということです。ちなみに安心して購入できるウェブショップのポイント1位は「代引き(商品到着後に入金する決済方法)がある」ところらしいです。

クレジットカードが安心して使えるショップかどうかは「代引き」をしているかどうか・・・一見、クレジットカードのライバル的な決済方法ですが、実はシナジー効果があるかも。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ

07/2/23【新ロゴ】JCB 39年ぶりにロゴ「JCBエンブレム」を変更、新デザインに

JCBエンブレム.JPG

JCBはブランドの価値向上を目指し、「JCBブランド戦略」を再規定すると同時に、JCBブランドの象徴として1968年以来、39年間にわたり使用してきたロゴ「JCBエンブレム」のデザインを変更し、新デザインへ移行することを決定。
詳しくはこちら

リリースによると新デザインへの移行は、今年6月からスタートし、まず加盟店から始める模様。その後2008年4月以降にカードデザインのエンブレムも変更していく形。

詳しくはリリースをご参照ください。エンブレムからJCBの企業理念がわかりますよ。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ

07/2/22【非接触決済】JCB ビザとアジアで非接触IC決済の仕様を共通化(NIKKEI NET)

NIKKEI NETの記事から。

JCBは21日、アジア地域で今春から展開する非接触IC決済「J/Speedy」について、ビザ・インターナショナルと仕様を共通化すると発表。ビザの非接触IC決済の端末でも「J/Speedy」を利用できるようになる。
詳しくはこちら

すでにVISAは非接触ICプログラム「VisaWave」を展開しており、2005年よりマレーシア、台湾、韓国を中心にアジア地域で拡大中。今回、JCBは共通化することでアジアエリアにおけるJCB利用の拡大を狙いたい考えでしょう。

ちなみに日本で展開しているJCBの「クイックペイ」とは互換性はないので、海外では使えません。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ

07/2/21【新カード】ライフ 横浜市商店街総連合会と「横濱開港150周年記念カード」を発行

開港1.JPG

開港2.JPG

開港3.JPG

「渋すぎる」の一言です。

ライフは、社団法人横浜市商店街総連合会と提携し、「横濱開港150周年記念カード」を2月21日より募集開始すると発表。
詳しくはこちら

リリースによると、横浜は、1859年(安政6年)に開港し、2009年に開港150周年を迎えるとのこと。その記念事業としてのカード発行のようです。各種イベントがあるとも書かれており、ライフカードがスポンサーするんでしょうかね?

ちなみに入会者にもれなく「横浜みなとみらい万葉倶楽部」平日セット入館券がプレゼントされます。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ

07/2/19【新カード】シティカード アマゾンジャパンと提携カードを発行

amazon_B.jpg

amazon_R.jpg

ついに登場っていった感じでしょうか?

オンラインストアのAmazon.co.jp(アマゾン)は、シティカードジャパンと提携し、「Amazon クレジットカード」を発行すると発表。2月15日より会員募集を開始する。
詳しくはこちら

本カードの特徴としては
①即時審査・即時発行(上限2万円までの買い物ができる)

②Amazonクレジットカードポイント付与
・国内外VISA加盟店:100円=1カードポイント
・Amazon.co.jp: 100円=2カードポイント
 ※500カードポイントたまるたびに、500円分のAmazonギフト券
  だから、実質2% ポイント還元というのは魅力。
③年会費無料

④年間200万円までのショッピング保険

⑤入会特典:2000円分キャッシュバック
(カード発行より1年以内に、Amazon.co.jpが販売する商品を購入された場合が対象)

といった内容です。アマゾンファンにはお得なカードですね。
何より即時審査・発行というのがニーズが高そう。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ

07/2/18【公金払い】厚労省 国民年金のカード払い可能に(2/18 NIKKEI NET)

NIKKEI NETの記事から。

厚生労働省は08年初めをメドにクレジットカードで国民年金の保険料を払えるようにする方針を発表。今通常国会に提出する国民年金法改正案に盛り込む模様。
詳しくはこちら

記事にあるように、地方自治体でのクレジットカード払いは一部ですでに導入しているところもあるが政府が公金払いのカード決済をするのは初の試み。

カード払いが可能になれば、クレジットカードのポイントが貯まるのでユーザー(国民)側にもメリットがありますが、ポイントが貯まるからといって未払い分が取れるとも思えないのですが・・・実際どこまで寄与するかは未知数ですね。

ちゃんと払っている人にとってはメリットになるかと思います。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ

07/2/18【経営計画】三越 「三越ブランドルネサンス6ヵ年計画」を策定

百貨店の三越が経営計画「三越ブランドルネサンス6ヵ年計画」を発表。その中でいくつかカード戦略についても言及しておりました。
詳しくはこちら

顧客戦略の柱にカード戦略を据えているようで、具体的には年間50万円以上のカード顧客12万人を20万人まで引き上げていくことを目標に掲げています。

さらに現在40% のカード売上比率を平成24年度までに60%までに引きあげることを目標に、カード機能やサービス内容およびカード業務内容を見直していく模様です。

先日、大丸と松坂屋の経営統合の記事が日経の一面を飾りました。百貨店業界も淘汰されていく時代の中、顧客戦略は非常に重要なポイントです。島屋もゴールドカードを発行し始めましたし、百貨店業界のカード戦略にも目が離せません。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ

07/2/16【ポイント提携】アイワイ・カード・サービス ANAマイレージとポイント相互交換サービスを開始

ANAマイル人気ですね。

全日本空輸とアイワイ・カード・サービスは、両社の会員組織「ANAマイレージクラブ」及び「アイワイカード」でのポイントプログラムにおけるポイント相互交換サービスをスタートすると発表。
詳しくはこちら

アイワイカードのポイントは、イトーヨーカドーで現金的にポイントを使えることから かなり換金性の高いポイントといえます。もともとスーパーという特性上、女性(特に主婦層)がメインターゲットのカードだけに、ANAマイレージとの提携でポイント価値が大幅に向上することでしょう。またリリースにあるように「ANAマイレージクラブ」はビジネスマン層が中心ということもあり、男性会員の獲得も期待できるのではないでしょうか?

交換レートは以下のとおり。
①ANAマイレージクラブ→アイワイカードのポイント(2月16日より開始)
10,000マイル→10,000ポイント(10,000円相当)に交換

②アイワイカードのポイント→ANAマイレージクラブ(4月1日より開始)
3,000ポイント→1,000マイルに交換

ちなみに4月はポイント交換開始キャンペーン期間として、アイワイの3,000ポイントが1,500マイルと交換できます。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ

07/2/16【連結】オリコ 最終赤字2000億円超(日経2/15)

日経の記事から。

オリコが2007年3月期決算で2000億円を越える連結最終赤字になる見通しが報道された。主な要因は、貸金業法規制に伴う上限金利分の引当金の準備。母体行であるみずほファイナンシャルグループが支援に乗り出す方針。
詳しくはこちら

今回の下方修正はオリコだけでなく、消費者信用業界全体に言えることで一面トップになるほどでも内容か気もします。すでに何社も下方修正は発表しているわけですから。
記事にも書いてありますが、オリコは一時多大な有利子負債を抱えて、経営難に陥りましたが、伊藤忠商事を経営陣に入れるなど再建に努めていたところ。確かに再建の軌道に乗り出しつつあるところでの打撃になりますが、むしろ中小ノンバンクの淘汰のほうが注目です。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ

07/2/14【公金払い】三重県玉城町 税金や公共料金、全部カード払い可に(NIKKEI NET)

NIKKEI NETの記事から。

三重県玉城町が4月から税金や国民健康保険料などの公金をクレジットカードで支払えるようにすると発表。軽自動車税や固定資産税、住民税のほか保育料、水道料金、町営住宅使用料、町立病院の診療費など個人が町に支払うほぼすべての公金をカード払いできる自治体は全国初。
詳しくはこちら

記事にもありますが、昨年5月に神奈川県藤沢市が軽自動車税の納税で導入しましたが、ほぼすべての支払いがカードでできるのは初めて。すべてがクレジットカードで払えるようになった場合、カード利用率が大幅に向上するでしょうね。

ただ反対に一枚のカードに集約する可能性もより高まるでしょうし、カード会社としては重要なターニングポイントになるでしょうね。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ

07/2/12【Suica】三菱東京UFJ銀行 JR東日本と提携し、一体型カード発行

三菱東京Suica.JPG

三菱東京UFJ銀行と東日本旅客鉄道(JR東日本)は共同で、一体型定型カード「スーパーICカードSuica-三菱東京UFJ-VISA」を発行すると発表。2月13日から募集を開始する。
詳しくはこちら

すでに発行している静脈認証機能をもったキャッシュカード一体型クレジットカード「スーパーICカード」のSuicaバージョン。Suica機能を持たせた関係からかデザインが変更されています。

すでに三菱東京UFJのクレジットカードにはEdyが搭載されています。今回の提携でSuicaも取り揃え、選択肢を広げた感じでしょうか?

ちょうどみずほ銀行もSuica機能を持たせたキャッシュカード一体型のクレジットカードを発行しており、これに追随する形ですね。

いろいろ出ていますが、どの提携カードが一番人気なのか知りたいところです。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ

07/2/10【業務提携】UFJニコス JR東日本と業務提携し6月中めどにSuica加盟店の募集を開始

着実に加盟店網拡充をしていますね。

東日本旅客鉄道(JR東日本)とUFJニコスは、Suica加盟店の開拓等に関する業務提携で合意、本年6月中を目処に、UFJニコスによるSuica加盟店の募集を開始すると発表。
詳しくはこちら

いわゆる共用クレジット端末の推進ですね。UFJニコスの推進する「ビザタッチ」「スマートプラス」の端末設置にあわせて、Suicaも使える共用端末を設置していく感じでしょうか?加盟店側もどうせ置くなら共用端末のほうがよいでしょうし、一石二鳥って感じでしょうか?JR東日本は加盟店開拓という弱い部分を、業務提携することで補完していくことでいち早く加盟店網を拡大したいのでしょうね。

それよりもUFJニコスの「ビザタッチ」なのか「スマートプラス」なのかわかりにくいので一層のこと共通した言葉を使うべきだと思いますが・・・いかがでしょうか?

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ

07/2/9【全面刷新】ソニーファイナンス 「My Sony Card」をリニューアルし、「Sony Card」を発行

Sonycard
ソニーファイナンスは、07年4月より「My Sony Card」の後継カードとして、「Sony Card」を発行すると発表。3月8日より先行予約募集を開始する。新カードはプロパーカードの位置づけには変わりはないが、ブラックのフェイスを採用するなどプレミアム感を出したつくりとなっている。
詳しくはこちら

新カードは、既存My Sony Card会員も順次更新時に切り替えていく模様で、あくまでも現行カードが全面リニューアルになった形。

カードフェイスはもちろん、サービス内容も拡充されており、その中心が新ポイントプログラム「Sony Card staging program 」。このプログラムは年間で通算50万円、100万円を超えた時点でボーナスポイントが加算されるポイントで、最近のカード会社のポイントの主流であった前年度実績に応じて変動されるポイントとは異なり、利用者が即座にメリットを受けやすいスキームを採用しています。

またポイントをEdyやANAマイレージとも交換できるし、海外旅行傷害保険が最高2,000万円も付いています。ソニー製品の1年間保証などもついているのでソニーファンはもちろんプロパーカードとしてのバランスの取れた良いカードだと思います。

ブラックフェイスってところが、ソニーのこだわりでしょうか?
シンプルなデザインで人気が出そうですね。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ

07/2/8【富裕層向け】島屋 タカシマヤカード《ゴールド》を発行

takashimaya_G.jpg

昨日の日経新聞の一ページぶち抜きで全面広告がありましたね。

島屋は予てから発表していた富裕層向けカード、タカシマヤカード《ゴールド》を2月7日から募集開始した。
詳しくはこちら

タカシマヤカードといえば、業界でも随一のポイント還元率。赤いスタンダードでも8%のポイント還元だったが、今回のゴールドカードは最大10%還元とさらにアップ。(年間100万円以上利用すると翌年の還元率が10%となる)また高島屋以外の加盟店での利用でも1% ポイント還元されるので、それだけ見てもかなりお得ですね。

その他にも1億円の旅行傷害保険などゴールドカードの標準的なサービスは付加されています。

このタイミングからか赤いカードのフェイスにもクレディセゾンのマークが出るようになりました。タカシマヤクレジットへの資本参加もようやく本格始動した感じでしょうか。そごう&西武百貨店のミレニアムグループをセブン&アイが獲得したため、クレディセゾンとしてはタカシマヤに力を入れざるを得ない環境でしょうか?

ちなみに赤いカードとゴールドカードの申込書の紙質が違うんです。ゴールドのほうが厚い紙で豪華な感じ。見えないところにもちゃんとこだわりを見せてますね。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ

07/2/7【割賦販売法改正】経済産業省 クレジット契約を法規制へ(2/7 読売)

読売新聞の記事から。

貸金業規制の次は割賦販売法規制です。経済産業省は分割払いの契約を定めた割賦販売法と、訪問販売や電話勧誘などの取引ルールを定めた特定商取引法をセットで改正する方針を固めたと報道。来年の通常国会に改正法案を提出する見通し。
詳しくはこちら

記事によると、昨今の高齢者をターゲットにした詐欺等、クレジット契約を使った悪質商法の被害にあうケースが深刻化しているからとのこと。販売業者を通じて消費者とクレジット契約を結ぶ信販会社側に事前登録を義務づけ、悪質業者に対する罰則を強化などが盛り込まれる模様。

全国の消費生活センターに寄せられた70歳以上の相談件数は、2000年度の約4万3000件から、05年度は約13万8000件と急増。相談者全体の契約金額の合計も、00年度の4071億円から05年度の6427億円に拡大している。

もちろん高齢者数が年々、増してくるので件数が拡大するのは当たり前ですが、それよりも被害額の大きさ。支払いの利便性を提供しているクレジット会社としては、悪質詐欺等の手段に使われることも一種の不正利用のようなもの。規制続きですが、消費者側にたった取り組みが必要でしょうね。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ

07/2/5【一体型】イーバンク銀行 OMCカードとクレジットカード機能付きキャッシュカードを発行

ebank_omc.jpg

インターネット専業銀行のイーバンク銀行は、オーエムシーカードと提携し、クレジットカード機能付きキャッシュカード「イーバンクカードOMC」を2月1日より募集開始したと発表。
詳しくはこちら

■カード概要
①カード名称
 イーバンクカードOMC

②国際ブランド
 VISA

③年会費
 無料

④カード特典
・セブン銀行ATMでの入出金がいつでも手数料無料で利用できる
・ダイエーグループ各店で5%割引となる「ご優待デー」(毎月第2、第4日曜日)
・「ちょこっといいことプログラム」
 イーバンクカードOMCのクレジットカード機能を利用(ショッピング、キャッシング)すると、利用金額がイーバンクの口座より自動引き落しされるたびに1円が寄付(寄付金は、当プログラムが指定する(財)日本盲導犬協会、(財)骨髄移植推進財団、(財)日本フォスター・プラン協会、(財)日本対がん協会、国境なき医師団日本の5団体に5分割して寄付)される。

イーバンクはVISAのプリンシパルメンバーになったと思いますが、OMCと提携で発行した形ですね。自社発行はまだ先なのでしょうか?

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ

07/2/4【ポイント管理会社】SBIホールディングス グループ内共通ポイントサービス提供の子会社を設立

最近、SBIの動きが非常に活発ですね。

SBIホールディングスは、グループ内共通ポイントサービスを展開する子会社「SBIポイントユニオン株式会社」を設立したと発表。
詳しくはこちら

リリースにあるとおり、まずはSBIグループ各社で発行されているポイントサービスを統合し、管理するようですが、他企業の発行するポイントとの交換も可能にしていくとのことで、SBIグループによる新ポイントネットワークを構築しそうな勢いです。

特に「提携銀行を通じてポイントを現金化するサービスなどの仕組みを構築」ということで、ここまでいくと電子マネーとかもやりはじめそう。

ちなみにSBIが新設する「コミュニティ・サービス事業部」で、ポイントユニオンのユーザ専用のコミュニティサイトを開設することも検討しているとのこと。ネットユーザーがメインターゲットだけに、ここらへんのコミュニケーション戦略も織り込み済みというところでしょうか?
詳しくはこちら

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ

07/2/1【ダイヤモンド】SBIカード 券面素材にダイヤモンドを使用した最上級カード「SBIワールドカード」を発行

0201_a.gif

プラチナカードの次は、カード業界初の天然ダイヤモンド入りカード!

SBIカードは、マスターカードにおける日本で発行可能な最上級カード(World MasteCard)である、「SBI World Card(SBIワールドカード)」を発行すると発表。World MasteCardは国内初。
詳しくはこちら

一番のインパクトはカードデザインの表面に天然ダイヤモンドを使用したところですが、それ以外にもカードサービスも最上級クラスです。

具体的には
●国内カード発行会社では最高額となる最高1億2千万円を補償する国内・海外旅行傷害保険を自動付帯
●国内外500以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」への無料入会(同伴者利用制限無)
●MasterCard優良加盟店の特別優待サービス等を利用できるインターネットスペシャルプログラムの「マスターカード・モーメンツ」
●SBIワールドカード会員限定のサービスとなる「One of One Experience(ワンオブワン・エクスペリエンス)」
など。詳しくは以下のとおりです。

■カード概要
①カード名称
 「SBI World Card(SBIワールドカード)」

②国際ブランド
 MasterCard

③年会費
 157,500円(税込み)

④カード特典
・ポイントプログラム(名称:シンプルプラス)
 業界トップクラス・最高1.2%のキャッシュバック還元率
・カードのブラック部分に天然ダイヤモンドを使用
・最高1億2千万円の死亡・後遺障害を補償する国内・海外旅行傷害保険
・100万円までのショッピングガード保険
・プライオリティ・パスへの無料入会(同伴者利用制限無し)
・マスターカード・モーメンツ(マスター優良加盟店の特別優待サービス等)
・ワンオブワン・エクスペリエンス(会員限定サービス)

まぁ、さすがに年会費は高めです。ちなみに招待者のみ入会可能なので、新たなブラックカード的な位置づけでしょうか?

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ

 | HOME | 

カードビジネスSNS


パスワードを忘れた方はこちら
新規登録希望の方はこちら

CMPの本棚


.☆.・∴.・∵☆.・∴.・∵☆.・∴
その気持ち…伝えてみませんか?
.☆.・∴.・∵☆.・∴.・∵☆.・∴
プリザーブドフラワー専門ショップ
colors message

TOPICS!!

金融財政事情研究会『月刊消費者信用』で『実践!メインカード養成道場』を連載中!


プロフィール

Card Marketing Professional

クレジットカードやポイントカード、電子マネーなどカードビジネスおよび会員ビジネスに特化したマーケティングコンサルタント集団。貴社の顧客戦略にカードビジネスのノウハウを活用してみたいという方は、こちらまでお問い合わせください。


最新記事


カテゴリー


月別アーカイブ


FC2ブログランキング サーバー・レンタルサーバー アフィリエイト・SEO対策 ホームページ

FC2Ad

Copyright(c) 2007 Card Marketing Professional. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。

会社概要サイトポリシー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。