貴社のカードビジネスを成功へと導く Card Marketing Professional
  サービス   ネタ帳   CMPの本棚   リンク集   SNS   お問い合せ  
かーどビジネスのネタ帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【電子マネー】電子マネー利用、急拡大-「エディ」「スイカ」1年で2.3倍(2/27 日経)

昨日の日経の記事から。

国内電子マネーの利用が急増している模様。最大手「Edy」とJR東日本の「Suica」の利用件数は昨年12月に月間1,700万件となり、1年間で2.3倍に拡大。合計発行枚数も直近で2,600万枚を突破し、国民の5人に1人が持っていることになると伝えている。

電子マネーの使える場所の整備・拡大による利便性が大幅に向上してきたのが要因。さらにはモバイル端末による電子マネー利用も可能になったことも寄与していると思われる。

 データ的には12月の月間利用件数はEdyが前年比2.2倍の約1,100万件、Suicaが同2.6倍の約600万件に達している。最新の発行枚数は2月1日時点でEdyは1,540万枚、Suicaは1,090万枚。合計の発行枚数は国内のクレジットカード発行総数の約1割に相当するという。

セブン&アイが独自電子マネー参入を決めており、電子マネーの拡大はさらに続きそう。クレジットカードは電子マネーとうまく共存することでクレジットカードのメリットを活かして行きたいものですね。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!
スポンサーサイト

【iD】NTTドコモ ファミリーマート全店舗への「iD」導入と新サービス検討に合意

ファミリーマートは「iD」を採用となりそうです。

ファミリーマートとNTTドコモは、ファミリーマート全店舗へのケータイクレジット「iD(アイディ)」による決済サービスを導入するで合意したと発表。
詳しくはこちら

発表によると今年4月末を目処に約100店舗のファミリーマートに「iD」を先行導入し、その後、2006年秋から翌年春にかけてファミリーマートが計画しているPOSシステム更改に合わせ全店舗へ導入する模様。

まだにセブン&アイの独自電子マネーおよびクイックペイ構想に対抗する形。まだモバイル決済のデファクトスタンダードが明確になっていない中、各社先行して取り組んでいるが、最終的にはどのコンビニでも、どの決済が可能になって欲しいものです。

でもそうなるとCRMなど顧客戦略は難しくなるので、顧客の利便性を取るのか?データベースからより良い何かを顧客に提供できるのか?それによって最後は顧客がコンビニ・支払手段を選ぶのでしょうね。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【ブライダルカード】三井住友カード 日本ブライダル事業振興協会との提携カードを発行

BIAVISAカード.jpg一般提携に加えて、女性向けカードとの提携を出すのは珍しいですね。

三井住友カードは、社団法人日本ブライダル事業振興協会(BIA)と提携し、「BIA VISA カード」及び「BIA VISAアミティエカード」を2006年3月1日より募集開始すると発表。(ちなみにBIAとは英文名:Bridal Industry Associationの略称)
詳しくはこちら

そもそもBIAは平成7年の設立されたブライダル事業に関する調査・研究、人材育成、研修会・セミナー等を行う外郭団体で、ブライダル関連企業545社が加盟。
今回発行するカードは「BIA VISAカード」(男性専用)及び「BIA VISAアミティエカード」(女性専用)と2種類あり、男女ごとに発行される模様。

BIAに加盟しているブライダル関係の企業で各種優待特典が受けられるようだ。そういえば以前、知人がJAL系列のホテルで式を行ない、JALカードで結婚式費用を全部しはらったと聞きました。
臨時に限度額の増額を行なったので、何百万の支払いもカードにできて、そのおかげで思い切りマイルがたまったと喜んでました。。。

こういう大物買いでのカード払いで、ポイントを貯めると本当にお得さを実感しますよね。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【地ビール】UFJニコス 日本地ビール協会との提携クレジットカードを発行

ビール好き必携のカードです。

UFJニコスはこの度、地ビールの普及・振興活動団体、日本地ビール協会及びNPO法人の日本ビアテイスター協会と組み、ビール愛好者や両協会認定のビアテイスターを対象に提携クレジットカード『I LOVE BEER NICOSカード』を発行することで合意、2月26日より会員募集をスタートすると発表。
詳しくはこちら

日本地ビール協会は平成6年発足。日本のビールの品質向上を目的に、資格認定・イベント開催・出版・海外研究機関との提携など広範な活動を展開。また日本ビアテイスター協会は日本地ビール協会の姉妹団体として平成12年に設立。ビールのソムリエといわれる"ビアテイスター"資格(取得者約4000名)の認定を行っている。

■カード概要
 ①カード名称
  『I LOVE BEER NICOSカード』
 ②国際ブランド
  なし(NICOSブランドのみ)
 ③年会費
  永年無料(付帯保険は盗難紛失のみ) 
 ④カード特典
 ・イベント「ジャパン・ビア・フェスティバル」当日入場券の500円割引き
 ・年2回合計1,000名に、同入場券や協賛店の飲食券、地ビール、外国ビール等
  合計3,000円相当を抽選でプレゼント
 ・協賛ビールメーカー、飲食店、酒販店での優待サービス
 ・ビアテイスター講習会受講料や日本地ビール協会年会費の10%割引き

国際ブランドなしのNICOSのみの取扱い可能なカードなのでしょうか?それはともかく
カード申込対象も飲酒可能年齢である20歳以上なのが、納得です。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【テイクワン】AMEX 駅コンコース・テイクワンプロモーション

面白いプロモーションを見つけました。

本日、新宿駅構内の地下道を歩いていたら、コンコースの広告にアメックスの入会申込書が設置されていました。
イメージはフリーパーパーが駅コンコース看板に刺さっている感じ。A4サイズの大きめの入会申込書です。

フリーペーパー以外にあのスペースをプロモーションで使い出されてますね。そもそもフリーペーパーでもクレジットカードの広告は良く見ますが。。。以前、R25で三井住友の「U-zuカード」もタイアップしていましたのは記憶に新しいです。

ちなみに申込書裏面には、個別NOが印字されてました。ちゃんと効果測定されているんでしょうね。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【ポイント】アプラス ローン・割賦にポイント付与(2/21 日経)

アプラスの創業50周年事業としての記念商品「アプラスα倶楽部カード」を発行。
詳しくはこちら

特徴としては商品購入における割賦やカードローンにもポイントを付与する新型ローンカード。返済のたびにポイントが付与され、蓄積したポイントで商品と交換可能。

8月にはクレジットカード機能も追加され、一枚で多様な金融商品を提供し、すべての利用に関してポイントが付与されるものとなる。また5つのカラーから選択できる。(ブラック・ホワイト・シルバー・ブルー・ピンク)

返済時にポイントが付与されるのは、非常に面白いスキームです。なおローンの場合は、利息分に対するポイント付与らしいです。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【記事掲載】日経マネー4月号 “得する”最強ゴールドカード

私が取材を受けた記事が掲載されました。

今回は金融系雑誌の最大手「日経マネー」の特集です。
テーマは“得する”最強ゴールドカード。

実際に紹介したいくつかのカードは私も保有してます。
是非、ご一読を!

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【表参道ヒルズ】オリコ 表参道ヒルズオリジナルデザインの「コミュニティパスポートMasterCard」を募集

omotesandouhills.jpg六本木ヒルズに続き、表参道ヒルズでもカード募集開始です。
オリコは、森ビルならびにMasterCard Internationalと提携し、表参道ヒルズオリジナルデザインの「コミュニティパスポートMasterCard」の会員募集を表参道ヒルズで開始。
詳しくはこちら

本カードの特典は上記のサイトをチェックしていただきたいのですが、何より表参道ヒルズ・六本木ヒルズと注目の商業施設共通のポイントカード機能を有している点でしょう。さらにクレジットカード会社のポイントも付与されるWポイントカード。さらに既存の森ビルグループ「六本木ヒルズ」「ヴィーナスフォート」「サンウォーク」「ラフォーレ原宿」での利用でもクレジットポイントは100円につき2ポイント(日曜日のご利用は3ポイント)付与され、貯まったポイントは各商業施設共通で利用できるショッピングチケットに交換できる。施設横断的にカードが使えるので、新しい百貨店カード゙としても注目のカードです。

ちなみに年会費・入会費は無料なので、ヒルズ族じゃなくてもオススメのカードです。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【中高年囲い込み】クレディセゾン 健康サービス拡充(2/17 MJ)

クレディセゾンは中高年のカード会員の囲い込み施策として健康関連のサービスを強化することを発表。具体的には女性専用の人間ドックの優待や在宅キット販売、サービス受付専用のコールセンター「《セゾン》メディカルサービスデスク」を開設などが拡充される。

当初、5月までの期間限定のサービス予定だった「女性専用の人間ドックVIVI」の申込みが1週間で100件と大幅にあったことから恒常的なサービスに踏みきったもの。加えて他の健康サービスメニューも加わり、会員サービスとして展開する事が決まった。

先日の三越の富裕層向けサービスもそうですが、こういった「相談系サービス」が今後の重要なポイントでしょうか?やはり日本の高齢化が進んでいることと、健康ブームだということは間違いないですね。。。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【合併】協同クレジットサービス UFJニコスと10月1日合併(2/17 日経)

UFJニコスと農林中金傘下の協同クレジットサービスは、2月16日、10月1日に合併すると発表。存続会社はUFJニコス。

UFJニコスは来年4月にもDCカードとも合併することが決まっているが、3社が合流して発足する新会社は2005年3月末時点の合計のカード取扱高が約6兆9千億円。業界最大手になる見込み。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【ユア・セクレタリー】三越 富裕層向け会員サービス(2/16 日経)

日経の記事から。
カード会社以外でもこの手のサービスに取り組み始めました。

三越は3月から個人向けに弁護士や税理士、医師の紹介など生活に関する様々な相談に応じる会員制有料サービス「ユア・セクレタリー(あなたの秘書役)」を始める。

対象は三越の富裕層顧客。会員専用サロンを設置し、日本橋本店からスタートさせる。入会時に3,150円、年会費6,300円がかかり、専門家を紹介した場合の相談については実費費用を請求される。
カード会社の場合、提供するサービスがどこも同じなので、優位性をだすためにいろいろな付帯サービスが付いてきますが、小売業でも「形のない」サービスを販売する時代になりましたね。

三越カードと連携して、一定額利用しているカード会員であれば入会金無料とかすれば活性化するのではないでしょうか?またカード履歴から富裕層と言われるターゲットを明確にして、アプローチすればニーズはあるかと思います。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【提携】DCカード 東京ガスとクレジットカード決済で提携

DCカードは、東京ガスとガス料金等のクレジットカード決済に関する加盟店契約を締結致しましたと発表。
詳しくはこちら

東京ガス一昨年の10月よりガス料金のクレジットカード払いの取扱を始めておりますが、今回DCカードと直接の契約になったことでリリースを発表したもの。一般消費者には見た目、よくわからないと思いますが、東京ガスとしてもDCとの直接加盟店契約することで、手数料の圧縮が実現したと思います。同様に、DC側も国際ブランドと強調して進めていたガス料金決済の促進を、自社で可能となるので動きやすくなったのではないかと思います。

今後のDCカードの請求書とかでガス料金決済の促進が積極的になるんでしょうね。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【刷新】JCB 携帯サイトを刷新(2/15 MJ)

JCBの携帯サイトを刷新しました。

具体的なコンテンツとしてはオリジナルサービス内にある「タクシー会社検索」が追加された。約3千のタクシー会社を地域から検索できるほか、クレジットカードやタクシーチケットが使えるかどうかなども調べる事ができるとのこと。

確かに深夜にタクシーを呼びたいときなど常に携帯している電話から調べられるのは非常にカード利用促進にもなると思います。ただ呼ぶだけ呼んで、他のカードを使われたら痛いですよね。JCBのサイトを見て、電話すればカードが切れるタクシーはもちろん、JCBカード決済でのメリットまであれば最高なんですけどね。

運転代行とかも検索もあれば、地方にはよいのではないでしょうか?

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【新サービス】楽天KC 「楽天カード」に新しく「カード利用お知らせメール」など2機能を追加

楽天KCは、自社が発行する「楽天カード」に、“2つの安心”新機能「カード利用お知らせメール」と「商品未着補償制度」を本日より付帯すると発表。
詳しくはこちら

内容はその名の通り、カード利用時にメールでお知らせされるサービス。これまで、カードの利用状況を確認する際には、クレジットカード会社の会員サイトへログインして確認するか、請求額が確定した時点でのメール通知が通常でした。今回の「カード利用お知らせメール」は、カードの利用後、最短で翌日には、指定のメールアドレスへ利用内容を通知される画期的なもの。
さらにインターネットショッピングモール「楽天市場」内で「楽天カード」を利用された場合に限り、商品が届かない等の万一の場合に備えて、「商品未着補償制度」も付帯されました。

カード不正利用等の防止のためにも、重要なサービスだと思います。ただし、カード利用がリアルタイムに反映される加盟店ばかりではないので、最短で1日というメールがどれほどあるのかは疑問ですが。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【電子マネー法】金融庁 電子決済法制見直し提言(2/15 日経)

金融庁は5月を目処に電子マネーなど新しい決済手段に関する法制の見直しに向け、提言をまとめる方針を発表。

最近の電子マネーやポイントの拡大で、もはや現金としての価値になりつつある。その現状を踏まえ、利用者保護の仕組みを確立すべきという声も上がっていた模様。

いろいろな決済手段が次々に確立しておりますが、法整備はいつも後手。いち早くこれらを含めた新決済関連の法整備、特に偽造や不正利用に対する処罰等も明確にする必要があります。早急に対応してもらいたいものですね。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【QUICPay】JCB 決済サービス「QUICPay」をおサイフケータイ「Vodafone live! Felica」に対応開始

これで全キャリアでサービス提供が可能となりました。
JCBは、非接触決済サービス「QUICPay(クイックペイ)」を、2月15日よりボーダフォンのおサイフケータイ「Vodafone live! Felica」に対応開始すると発表。
詳しくはこちら

JCBでは、このQUICPayを2008年までに利用会員500万人、利用加盟店10万店に拡大することを目標にしており、複数のカード会社で構成されている「モバイル決済推進協議会」でのスタンダートな決済スキームとしても準備を開始している。
 既に、
 ・高松市のシンボルタワー
 ・北海道のセイコーマート
 ・神奈中ハイヤーグループのタクシー
 ・ロイヤルホスト全店を含むロイヤルグループ
 ・カラオケ館への全店導入
 ・国内最大級のアウトレットモール「あしびなー」(沖縄県)
 ・東急スノーリゾートとの提携型QUICPayカードの発行
 ・2005年「東京モーターショー」限定カードの発行

などで導入されている。2006年1月末現在で、QUICPayの利用会員は約2万人、利用加盟店も全国3,000店舗とのこと。

つい先日、化粧品・健康食品の製造販売のファンケルと提携し、QUICPay機能付きのクレジットカード「ファンケルプレミアムカード」を発行することを発表したばかりで、今後は提携カードのQUICPay搭載型が普及していきそう。
詳しくはこちら


==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【新カード】DCカード 「ガルシアマルケス」ブランドとの提携カード「Groovin’ High CARD」を発行

DCカードは、「ガルシアマルケス」のブランドで知られるヒューマン・デベロップメント・リポートと提携し、同社の顧客を対象として、「Groovin’ High CARD(グルーヴィンハイカード)」の募集を平成18 年2月10日(金)からスタートすると発表。
詳しくはこちら

■カード概要
 ①カード名称
  「Groovin’ High CARD(グルーヴィンハイカード)」

 ②国際ブランド
  VISA/Master

 ③年会費
  永年無料
 
 ④特典
  ・平成18年2月10日~5月10日にお申込の方に、カード発行ベースで
   グルーヴィンハイカード会員オリジナルバックとキーホルダーをプレゼント
  ・平成18年4月1日~6月末日までの期間限定で沖縄アウトレット店に
   おいてグルーヴィンハイカードを使うと、アウトレット商品が20%オフ、
   更にプロパー商品も10%オフ。
  ・平成18年度DCハッピープレゼントにグルーヴィンハイカード会員だけが
   応募できるオリジナルコースを設定。

このブランドバッグは斬新な色使い・デザインがあるようで人気があるようです。
ただカードデザインは1種類なのが、残念です。バッグ同様いろいろあったら面白かったですね。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【税金カード払い】三井住友カードなど、神奈川県藤沢市で税金のクレジットカード納付を開始

いよいよ税金のカード払いが実現されそうです。

三井住友カード、日本総合研究所、NTTPCコミュニケーションズ及びビザ・インターナショナルは共同で、地方自治体における収納業務の効率化・住民の税金納付の利便性向上を目指し、神奈川県藤沢市において、全国初となる「税金のクレジットカード納付」を開始すると発表。まずは実証的に平成18年度の軽自動車税についてクレジットカード納付を導入。効果検証を踏まえ他自治体に順次拡大する予定。

リリースにそれぞれの導入メリットが挙げられていたのでポイント整理すると

【クレジットカード決済導入のメリット】
○住 民
 (1)自宅に居ながらインターネットで24時間支払い手続きが可能
 (2)現金を持ち歩かなくて良いので安全性が向上
 (3)手持ち現金が少ない場合でも支払いが可能
 (4)クレジットカードのポイントを獲得可能
 (5)リボ払い・ボーナス払い等自分に応じた支払い方法の選択が可能
 (6)他の家計支払い(日用品・携帯電話料金等)と合わせ、ご利用代金明細書で一元管理が可能

○自治体
 (1)住民の利便性向上実現
 (2)カード会社からコンビニ収納よりも早い入金が可能
 (3)納付者はクレジットカード納付の手続後1~2ヵ月後に支払うことから、期限内収納率が向上
 (4)カード会社による立替払いにより収納業務が効率化
 (5)収納チャネルの拡大により、収納率の向上期待
 (6)紙ベース(口座振替依頼書等)の事務処理が軽減

やはり何より住民はカードのポイントが貯まるのはお得。どうせ払わないといけないものなのなら少しでも得したいですし、カード会社もこの決済を確保することで今後、躍起になるでしょうね・・・。あとはリボ払いやボーナス払いもできるとなるのは便利。自治体側もカード会社が回収リスクを負うので、確実に収納できるメリットは大きいと思われます。

少し前に年金のカード払いも新聞に報道されました。これら税金などの分野のカード決済をいち早く実現して欲しいものですね。


==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【新会社】非対面商取引のクレジット決済サービスで合弁会社を設立

JCB、ソニーファイナンス、日本カードネットワーク、三井住友カードの4社は、インターネットなど非対面販売市場におけるクレジットカードなどによる決済取引について、より安心・安全な決済の仕組みを構築し、世の中に広く普及推進を図ることを目的とした合弁会社を設立するために、具体的検討に入ることでこのたび基本合意したと発表。
詳しくはこちら

具体的にはJCBはじめ、VISA、MasterCardの国際ブランドが推進している「3D Secure(スリーディー セキュア)と、ソニーファイナンスが開発し、推進している「e-SCOTT(イースコット)本人認証アシストサービス」を融合し、パッケージ化する模様。

06年度第2四半期を目処に新会社を設立。その後、カード業界をはじめ、各方面に新会社への参画、協力をお願いしていくとのこと。

【注】「e-SCOTT(イースコット)本人認証アシストサービス」
カード番号、有効期限に加えて最大5項目の本人の属性データを入力してもらうことで、本人認証のより高い安全性を確保するサービス。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【海外情報】中国 カード事情(2/10 MJ)

次も日経MJの記事から。
中国の春節(旧正月)商戦にカードが一役かったようだ。

旅行や外食を中心に売上げは好調だったそうで、国内観光に出かけた行楽客も昨年度比13.5%アップ。飛行機利用者も15%増え、経済が非常に好調な中国。

その中で、日本同様「現金主義」が主流の中国でのカード利用も着実に伸び、消費を後押ししたと指摘している。

具体的には春節商戦(1/29-2/4)
○カード利用総額:118億元(昨年度対比46%増)
○カード利用回数:約3,400万回
○本土以外のカード利用額:6.8億元(昨年度対比20%増)
○本土以外のカード利用回数:18.7万回
*カードはデビットカードとクレジットカード両方の利用でカウント

日本のカード会社もアジアに進出してますが、やはり中国は見過ごせない市場です。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【海外情報】米国でプリペイド型「ギフトカード」人気(2/10 MJ)

日経MJの記事から。
アメリカでプリペイド型のギフトカードが人気が広がり、小売業の販売拡大にも貢献しているとのこと。

アクセンチュアの調査によると、回答者の82%がギフトカードを年末のプレゼントとして贈った、あるいはもらったという経験があり、かつ贈られた側は「額面よりも多く購入する」「通常では買わない商品を買う」ケースが多いという。

アメリカでは金券をプレゼントする抵抗感が薄まっていることもあり、2005年の年末商戦でギフトカードの販売額は前年同月比6.6%増の185億ドルに到達。小売業ではこういった背景からカード額面を超える購入を促す戦略に出ていると言う。

日本もギフトカード市場のニーズが高まってくるかもしれませんね。
既にアメリカではギフトカードを売買する競売サイトもあるらしいです。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【新サービス】OMC オリックス自動車と提携しカード会員向けマイカーリースサービスを提供

クルマはリースという時代でしょうか?しかもOMCカード払いでポイント2倍になるらしいです。

OMCカードは、オリックスグループのオリックス自動車と提携し、OMCカード会員向けにマイカーリースのサービスを、2月10日より開始すると発表。
詳しくはこちら

新たにサービスを開始する「OMC ORIX マイカーリース」では、契約車両はすべての国産メーカー・車種から選べ、かつリースなので税金や保険などのまとまった資金も不要。すべて月額リース料でまかなってくれる。さらにOMCカードでの支払いで「わくわくポイント」が2倍になるのが魅力。

オリックス自動車は個人向け自動車リース市場の拡大を狙っており、多数の個人会員をもっているカード会社との提携にメリットを感じたに違いない。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【本人認証】JAL 国内線チケットレスサービスにてクレジットカード本人認証サービスを導入

日本航空(JAL)とビザ・インターナショナル、マスターカード・インタナショナル及びJCBは、JALホームページ(http://www.jal.co.jp/)の国内線航空券決済において、クレジットカード本人認証サービスを導入することで合意し、2006年2月8日より、そのサービスを開始すると発表。
詳しくはこちら

今回導入するクレジットカード本人認証サービスは、「VISA認証サービス」「MasterCard®Secure Code™」、JCBの提供する「J/Secure」で、お客様がJAL国内線航空券をインターネット上でクレジットカード決済する際に本サービスを利用し、カード番号と有効期限に加え、カード発行会社に登録してあるパスワードを専用画面に入力することで本人を認証するもの。
そもそもネットなど非対面でのクレジットカード利用において、問題となっていた「なりすまし」等の不正対策として構築されたものだが、これを活用したチケットレスギフトサービスを実現した。

クレジットカードが鍵となるのではなく、あくまでも個別に発行された受付番号(PWですね)がないと発行されないスキーム。利便性は確実に向上されると思います。ただ受付番号の盗難(盗み見)・忘れ等の問題はあるでしょうね。

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【世界遺産】オリコ 社会貢献型クレジットカード「世界自然遺産知床カード」を発行

a href="http://image.blog.livedoor.jp/netachou/imgs/c/9/c9890cd8.jpg" target="_blank">siretoko.jpg社会貢献型カードは久々です。

オリコは、知床斜里町観光協会と提携し、世界自然遺産に登録された知床の雄大な自然をカードデザインにした社会貢献型クレジットカードの発行すると発表。2月6日から始まる第57回さっぽろ雪まつり会場での募集を皮切りに、順次会員募集を行うとのこと。初年度会員獲得目標は3,000人、3年後には10,000人を予定。

社会貢献型カードなので、ショッピング利用金額の0.5%がオリコから知床斜里町観光協会に提供され、世界自然遺産知床の観光事業推進や環境保護推進の資金として活用されるスキームになっております。

でも普通の企業との提携カードも、ショッピング利用金額の0.?%とかキックバックされていると思いますが、使い道が違うと呼ばれ方も違うのでしょね!

■カード概要
 ①カード名称
  世界自然遺産知床カード

 ②国際ブランド
  MasterCard

 ③年会費
  初年度無料(次年度以降1,312円)
 
 ④入会特典
  ・世界遺産登録記念絵入りはがき「知床」
  ・2006 CALENDAR「知床 世界自然遺産」
  ・宿泊施設優待サービス等

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【プリントカード】オリコ ペットショップ「コジマ」と提携カード発行

ペットの写真がカードフェイスになります!

オリコは「ペットの専門店コジマ」「Pet&You」のブランド名で40店舗のペットショップを展開するコジマと『ペットのコジマカード』を発行することで合意し、2月1日から会員募集を開始すると発表。初年度目標は10万人の獲得とのこと。
詳しくはこちら

このカードの最大の特徴は自分のペットをカードフェイスにすることができる点。過去にも何度か各社が発行した「プリントカード」なのだが、このペットブームに乗って復活の予感です。

プリントカードはコストが高いので、発行側のコスト負担は大きいが、今回のカードは入会金・年会費無料とのこと。それに加えてカード入会者にはもれなく「ペットの専門店コジマお買物券」500円分をプレゼントするという。
またこのカードはコジマポイントが5倍となる会員カードとしての機能もあり、コジマの会員戦略の本気度が伺えます。

ペットをお持ちの方、一度検討されてみてはいかがでしょうか?

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【不動産ポータル】楽天KC 不動産ポータルを運営する「ネクスト」と提携カード発行

KC_HOME'S.jpg家賃払いでポイントGETです!

楽天KCは不動産ポータルサイト「HOME'S」を運営するネクストと提携し、2006年2月中旬より「HOME'S CARD/楽天KC VISAカード」を開始すると発表。
詳しくはこちら

HOME'Sは不動産ポータルサイトなので、お客さんとしては不動産のオーナ。
そのオーナーの家賃滞納に対するリスク軽減にカードを使うことを提案しています。
楽天KCとしては、部屋を借りた不動産会社の顧客が会員になればよいので、不動産会社をつかったカード会員獲得です。

会員のほうも家賃をカード払いにできるメリットは多い。例えば
・保証人も原則不要
・毎月の家賃支払いをカード支払いで行うえる(振込手数料無料)
・家賃払いでポイントが貯まる

などが挙げられる。この手のカードとしては下記が挙げられます。

●アプラス 「ハウスメイトLIVECA(リブカ)」
●アプラス 「サイバーエステートVISAカード」

家賃払いでポイントが貯まるのは本当にお得ですよね。
アプラスの得意分野に楽天KCが新規参入??

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【iD】三井住友カード 携帯クレジット「iD」を各社次々と導入

立続けに三井住友カード「iD」導入のリリースがありました。
2月1日より下記、各社は「iD」決済の導入を発表。

レインズ・インターナショナル 「炭火焼肉酒家 牛角」
直営店8店舗への試験導入開始。他にもFC展開をしているので
一気に店舗拡大する可能性があります。

阪神百貨店→大阪地区の百貨店としては初。

●メガネセンター 「弐萬圓堂」
→こちらは「弐萬圓堂VISAカード」を発行。

三井住友カードのサイトを見るといつの間にか導入企業が増えてますね。
ご参考までにどうぞ。
三井住友カードiD お取扱いショップ

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【クレジットカード動態調査】2005年11月度 集計結果

日本クレジット産業協会が平成17年11月分のクレジットカード動態調査集計結果を発表。

11月分のショッピング信用供与額は、1,776,533百万円で、前月比では9.2%の増加。前年同月比では15.9%の増加。キャッシング融資額は459,037百万円で、前月比では10.6%の増加。前年同月比は2.3%の増加となっている。
信用供与額合計は2,235,570百万円で、前月比では9.5%の増加となっており、前年同月比では12.8%の増加。
クレジットカ-ド動態調査集計結果一覧表

カード払いのチャネルが広がっているので、一概にはいえませんが約16%もショッピング信用供与額が上がっているのは、景気が回復している兆候でしょうかね?

電子マネーの拡大による小額決済市場がクレジットカード業界の更なる成長に期待できるのでは?

==
☆『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

 | HOME | 

カードビジネスSNS


パスワードを忘れた方はこちら
新規登録希望の方はこちら

CMPの本棚


.☆.・∴.・∵☆.・∴.・∵☆.・∴
その気持ち…伝えてみませんか?
.☆.・∴.・∵☆.・∴.・∵☆.・∴
プリザーブドフラワー専門ショップ
colors message

TOPICS!!

金融財政事情研究会『月刊消費者信用』で『実践!メインカード養成道場』を連載中!


プロフィール

Card Marketing Professional

クレジットカードやポイントカード、電子マネーなどカードビジネスおよび会員ビジネスに特化したマーケティングコンサルタント集団。貴社の顧客戦略にカードビジネスのノウハウを活用してみたいという方は、こちらまでお問い合わせください。


最新記事


カテゴリー


月別アーカイブ


FC2ブログランキング サーバー・レンタルサーバー アフィリエイト・SEO対策 ホームページ

FC2Ad

Copyright(c) 2007 Card Marketing Professional. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。

会社概要サイトポリシー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。