FC2ブログ
貴社のカードビジネスを成功へと導く Card Marketing Professional
  サービス   ネタ帳   CMPの本棚   リンク集   SNS   お問い合せ  
かーどビジネスのネタ帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【事業譲渡】日本生命とトヨタファイナンス 子会社間でのクレジットカード事業譲渡・承継で合意

日本生命の100%子会社であるニッセイ・カードサービス(NIC)のクレジットカード業務を、会社分割によりトヨタファイナンスの100%子会社であるトヨタファイナンスカードサービスに事業譲渡・承継することで両社が決定。
詳しくはこちら

既に親会社である日本生命とトヨタファイナンスは、「ニッセイ保険口座カード タイプワン」の発行において提携関係にある。今回のニッセイ・カードサービスの譲渡で、ニッセイのクレジットカード業務をトヨタファイナンス管轄に移した。
そもそもトヨタファイナンスはクレジットカード業務だけでなく、トヨタの金融サービス会社として存在しており、その一つとしてクレジットカード業務(TS3カード)を行なっている。今回は別会社としてニッセイカードを請け負う子会社を設立し、業務を請け負う形。
トヨタファイナンスとしても保険サービスが手薄だったので、相互にメリットのある提携ですね。こういった保険会社が持っているカード会社が業務を譲渡することも多くなるかもしれませんね。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!
スポンサーサイト

【横浜認定】ジャックス コラボレーションカード「横浜インビテーションカード」の募集開始

jaccsyokohama.jpgカードデザインがキレイ!

ジャックスは、12月22日より「横浜インビテーションカード(通称:ハマカード)」の募集をジャックスホームページ上で開始したと発表。本カードは横浜市(横浜プロモーション推進事業本部)が支援する「横浜観光プロモーションフォーラム」(事務局:財団法人横浜観光コンベンション・ビューロー)より正式認定を受けたカードであり、国際観光都市横浜とカード会社によるコラボレーションカードは業界初とのこと。

■カード概要
 ①カード名称
  「横浜インビテーションカード(通称:ハマカード)」

 ②国際ブランド
  VISA/MasterCard/JCB

 ③年会費
  永年無料

 ④カード特典
  ・横浜優待割引サービス『濱割』(ハマ割)
  ・横浜インビテーションペアチケットプレゼント・
  ・ラブリィプレゼント
  ・お買物保険(年間100万円(1事故につき自己負担1万円)まで)
  ・海外旅行傷害保険(最高2000万円まで)
  ・国内旅行傷害保険(最高1000万円まで)
  ・カード盗難保険

ちなみに初年度目標は5万会員とのこと。
私も横浜在住だから・・・入ろうかな、記念に。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【業務提携】UFJニコスとJCB 基幹システム構築でJCB次世代システムをベースシステムとして共同化

UFJニコスとJCBは、現在JCBが開発を進めている次世代システムの機能面・技術面での先進性を確認し、次期基幹システムの構築にあたっては、JCB次世代システムをベースシステムとして共同化することが、最適であると判断。正式にシステム共同化に関する基本契約の締結に至ったと発表。
詳しくはこちら

実施時期は「平成21年10月を目処に実現する」ということでかなり先の話です。それまでにまた再編されたりするのかな?まぁ、カード会社のシステム投資は負荷がかかりすぎるので、今後もカードシステムの統合は変わらない流れだと思います。また新規参入するカード会社はやりやすい環境かもしれませんね。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【PiTaPa】三井住友カード ANAマイレージとPiTaPaを融合した「ANA PiTaPaカード」を発行

ANA×ピタパ関東のJR東日本はJALですが、関西のPiTaPaはANAです。

全日本空輸(ANA)とスルッとKANSAI及び三井住友カードは、ANAの航空サービスとスルッとKANSAIの鉄道・バスなどの地上交通サービスを融合した新たなサービスの提供を目指し、業務提携ならびに新カードを発行することで合意したと発表。
詳しくはこちら

主な業務提携の概要は以下の通り
○新カード「ANA PiTaPaカード」の発行
(クレジットカード+マイレージ機能+PiTaPa機能)

○ANA VISA・マスターカードのAMCとPiTaPaのショッピング
 利用で貯まる「ショップdeポイント」の相互交換

○ANA PiTaPaカードでの交通乗車および物販のPiTaPa利用代金は
 クレジットカード利用代金として一本化したご利用代金計算書
 を通知の上、合算してご請求

など。
ちなみに「PiTaPa」は、2006年1月21日(土)より西日本旅客鉄道の「ICOCA」との相互利用を開始する。関西エリアの交通機関はPiTaPa一本で完結するようになりますね。なお本カードは、2006年(平成18年)2月の神戸空港の開港に合わせて展開いく方針とのこと。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【おサイフケータイ】ビットワレット 電子マネー「Edy」のアプリ初期設定数が200万台を突破

おサイフケータイでのEdy利用者が200万台になりました。驚異的なスピードですね。

携帯大手3キャリアが発売する「おサイフケータイ」での、電子マネー「Edy」のアプリ初期設定数が12月26日に3キャリア併せて全国で200万台を突破したと発表。
詳しくはこちら

2004年7月の「おサイフケータイ」が発売された当初よりEdyケータイサービスを開始。翌年の7月までに100万台を突破。そしてこの5ヶ月間で200万台となり、驚異的なスピードで利用が拡大している。おサイフケータイ端末も増えたことが大きな要因だと思うが、それにしてもモバイルとの融合は急速に拡大しているのがわかる。

Edyの競合となるSuicaも1月28日よりモバイルがスタートする。モバイルを制するものが電子マネーの勝者になる予感がしますね・・・

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【業務委託】UCカード オリコの途上与信システムの運用・保守業務を受託

UCカードとオリエントコーポレーション(オリコ)は、クレジットカード業務分野での提携強化の一環として、12月5日、UCカードが、現在開発中のオリコの途上与信システム(リスクを数量化して効果的な与信管理を行うシステム)の運用・保守業務を受託することで両社が合意したと発表。
詳しくはこちら

リリースによるとオリコの途上与信システムは、フェアアイザック社のパッケージソフト「TRIAD(トライアド)」を利用していて、同様にUCカードも「TRIAD」の稼動実績があるのでオリコがUCカードにシステムの運用・保守を委託することとなったもの。
UCカードはクレディセゾンとの包括的業務提携でもあるように会員獲得業務はクレディセゾンと統合。UCカードはクレディセゾンを始め各カード会社などのプロセシング業務を委託する方針を掲げている。今回のオリコの途上与信システムの業務委託もその一つです。

要はみずほ系列のカード会社の連携(再編?)です。JCBもUFJニコスとのシステム統合を決めており、東京三菱・UFJグループと三井住友グループ、そしてみずほグループと見ればわかりやすいと思います。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【プライバシーマーク】セントラルファイナンス プライバシーマーク認証を取得

mastui.bmpやっとCFもプライベートマーク取得したようですね。

セントラルファイナンスは、平成17年12月15日付けで、財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)より、「個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している」事業者として、プライバシーマーク制度に基づき、その旨を示す「プライバシーマーク」付与の認定を受けたと発表。
詳しくはこちら

それよりもサイトをチェックしたらCF MasterCard「ROUTE2000」の松井稼頭央デザインがありました。
松井稼頭央ってMasterCardの公式スポークスパーソンみたいです。
確かにMasterCardのCMにも出てますからね・・・でもカードフェイスになっているなんて。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【公共料金払い】社会保険庁 2008年度にも年金カード(12/27 日経)

ついに年金がクレジットカードで払えるようになります!

社会保険庁は20歳以上が入る公的年金の加入者と年金受給者を対象に「年金カード」を導入する検討に入ったと発表。年金の加入記録や受取額をカードで確認できるたり、カードにICチップを組み込みクレジット機能を付ける方向。

導入予定の年金カードは
・全国の社会保険事務所の端末にカードを差込、その場で把握可能
(金融機関のATMでも確認できるように閲覧拠点の拡大も検討)
・顔写真入りの身分証明書としても機能
・年金を担保にした民間借り入れを可能に

など予定している。これに先立って2006年度からクレジットカードでの納付を受け付けるようだ。
年金未払いの解消にも貢献するのでは??ますます促進される公共料金のカード払いですが、残すは「税金」ですね!

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【請求書】IYC アイワイカード利用明細(12/26到着)

セブン&アイ・ホールディングスとミレニアムリテイリングとの経営統合が発表されました。独自の電子マネーの導入など今話題のセブン&アイですが、アイワイ・カード・サービスの今後も注目です。

さて、今年最後の請求書が届きました。中身チェック!

■内容物
 ①ご利用代金明細書
 →特に変化なし。
   
 ②アイワイプレス(2006年11月号)
 →特集は「歴史を訪ねる~世界遺産・日光ぶらり旅」。
  アイワイカードのポイントは3月末で期限が切れます。
  ヨーカードなど店頭でポイントを使えますが、ポイント
  交換カタログから商品交換もできるようです。
  

 ③ポイント期限お知らせ →アイワイプレスにも書いてありますが、別チラシにて
  ちゃんと案内してますね。
  
 ④「支払い名人」デビューチラシ
 →支払い金額を自由に設定できる「自由返済サービス」を
  はじめた模様です。2006年2月26日から。

アイワイ・カード・サービスも新規参入してから、やっと基盤が確立した感がありましたが、次は電子マネー。そしてミレニアムリテイリングとの経営統合で新たなカード事業にも展開されるでしょうね。大変ですね!

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【請求書】AEON イオンカード利用明細(12/24到着)

aeon premier.jpgイオンクレジットから今月分の請求明細書が到着しました。
封書のデザインは変わってから数ヶ月が経ちましたが、相変わらず“空”のデザインがさわやかでお気に入りです。

 ■内容物
 ①ご利用代金明細書
 →特に目新しい動きはなし
   
 ②カードインフォメーション(2006年1月号)
 →TOPは「ときめきポイントプレミアムクラブ」のスタート告知。
  イオンクレジットはポイントプログラムに“コレ”といった
  特徴がなかったのですが、ポイントが2倍になる優待加盟店
  導入されたようです。
 
 ③メンバーズローンの案内
 →先々月から引き続きメンバーズローンの案内。
    
 ④ご利用可能額増額のご案内
 →限度額がアップしたようです。
  確かに明細を確認したら、そうでした。
  請求書内に同梱でチラシをいれて告知するんですね。

 ⑤衣料品・暮らしの品 年末年始招福パス
 →イオングループ店舗で使える年末年始お買い物クーポン。
  イオンは毎月、店舗連動した会員特典(主にクーポン)を
  提供しており、グループ連携が明確です。

ちょっとイオンカード含めて、最近流通系カードはがんばっていますよね。
他カード会社が再編をしていく中、グループ連携を強めて独自路線をいっている感じがします。
ちなみにイオンクレジットはSuicaのJR東日本と業務提携を発表しましたよね。駅中ビジネスにイオングループのノウハウが注入されるようですが、JR東日本のカード事業(VIEWカード)とイオンクレジットの業務提携も十分考えられます。単なるクレジットカード業界の枠を超えた業務提携なので、非常に面白いタッグだなと期待してます。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【会員情報誌】JCB  『J-Basket』(2006年1月号)

JCBの定期購読誌『J-Basket』の最新号が届きました。

1月号の特集は“おいしい魚を食べに行く”。
日本各地の旬の魚を紹介しています。

年末年始の休みにちょっとドライブして~国内旅行の喚起でしょうね。
J-Basketも数年見てきましたが、これで解約しようかと思います。

どこも同じなのですが、旅行・グルメといった利用促進が中心で
とりわけ会員のメリットを感じないのが実情です。

有料誌とするからには、情報提供以外の強みがないと
継続されないと思います。
今やWEBで情報収集できちゃうますからね・・・

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【請求書】UFJニコス SHELLスターレックスカード利用明細(12/20到着)

今年最後ですが、特に目新しい動きなしです。。。

■内容物
 ①ご利用代金明細書
 →特に変化なし。
   
 ②monthly NICOS(2005年12月号)
 →先月に引き続き「家電ならNICOSキャンペーン」がTOPページに。
    
 ③EXTENSION(2006年1月号)
 →年末プレゼント企画「冬に食べたい旨い物」あります。
  ちなみに当選すると下関ふぐ・ズワイガニ・黒豚詰め合わせなど
  もらえるようです。

 ④わいわいコース専用切り替え申込書
 →SEHLLのカードはガソリン割引コースとポイントプログラムの
  2コースから選べます。私はガソリン割引ですが、ポイントコース
  への切り替え申込書が入ってました。。。ガソリン割引よりポイントのほうが人気あるんですかね?

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【セキュリティ対策】DCカード フィッシング対策ソリューション「PhishWall」を導入

業界初のWEBサイト認証型ツールだということです。

DCカードは、フィッシング対策ソリューションとしてセキュアブレインの「PhishWall(フィッシュウォール)」を採用。12月21日より提供を開始すると発表。接続先のWEBサイトを認証し、ブラウザに常時表示するフィッシング対策ツールとしては業界初。
詳しくはこちら

会員はブラウザのツールバーにPhishWall Client(フィッシュウォール クライアント)をインストールすることで、DCホームページ接続時に緑色の信号が表示され、確かに本物のサイトにアクセスしていることを確認できる。

ゴメスが実施しているクレジットカードサイトランキングでDCカードは堂々の1位。さすがセキュリティ対策も抜かりなし!というところでしょうか。
でも他カード会社も結構、この手のツールは導入しているので、少々対応が遅かったかな・・・

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【女性誌】UFJニコス ぶんか社「JELLY」と提携クレジットカードを発行

JELLY.jpgUFJニコスは総合出版社のぶんか社と提携し、同社女性月刊誌「JELLY」の読者を対象とした提携クレジットカード『JELLY NICOSカード』を発行することで合意、12月22日からカードの発行を開始すると発表。
詳しくはこちら

この「JELLY」は本年9月には18歳~21歳女性をコアターゲットとしたファッション誌として創刊。発行部数は僅か創刊4ヶ月で約15万部に達した人気雑誌とのこと。また来年2月にはネット通販の導入も計画しており、本カードによる利用も高そう。

■カード概要
 ①カード名称
  『JELLY NICOSカード』
 ②国際ブランド
  VISA
 ③年会費
  永年無料(付帯保険は盗難・紛失のみ)
 ④カード特典
 ・JELLYオリジナル優待サービス
  CLUB ATOM(渋谷、クラブ)…ドリンク付き入場料が1000円OFF
  CLUB MUSE(西麻布、総合アミューズメント施設)…カラオケなど1時間無料
  アックスピュア(渋谷・下北沢・八王子、ヘアサロン)…割引サービス
  ユウハウス(渋谷、ヘアサロン)…割引サービス
  ※優待店は随時拡大中。

初年度獲得目標は5千枚。
オリジナル優待サービスがどこまで拡大するかが重要でしょうね。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【プロバイダー】ソニーファイナンス BIGLOBEと非接触ICフェリカ搭載の提携カード発行

BIGLOBE.jpgソニーファイナンスインターナショナルは、NECのインターネットサービスBIGLOBEと提携し、同サービスのユーザーを対象に「BIGLOBE eLIOカード」を発行。12月20日よりオンライン入会受付を開始すると発表。
詳しくはこちら

ソニーファイナンスとの提携なので、マルチペイメント機能(VISA+eLIO+Edy)となってます。また非接触ICのFelicaを活用し、本人認証機能を備えた。PCに接続したカードリーダー・ライター「PaSoRi(パソリ)」(またはPCに内蔵された「Felicaポート」に自分のカードをかざすだけで、BIGLOBE会員限定のサイトやマイページに簡単にログインもできる。「おサイフケータイ」を使った同様サービスも同時期に導入予定とのこと。

SONY系がNEC系とくっつくんですね。NECがカード業務をやっているわけではないのであまり関係ないのでしょうけど。
ただプロバイダーとしてはネット系のサービスが充実しているソニーファイナンスと組むメリットは高そうです。具体的にはこれからでしょうね。。。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【アジア】JCB 来春からUFJ銀行などで中国の「銀聯カード」のATM利用サービスを提供

中国の各銀行発行のクレジット・キャッシュカードが日本国内のATMで利用できるようになります。

JCBと海外業務を行う子会社、ジェーシービー・インターナショナル(JCBI)は、中国銀聯(China UnionPay Co.,Ltd)とATMサービスに関する契約を2005年12月16日に締結。
詳しくはこちら

これにより中国国内の各銀行が発行する約8億枚のクレジットカード・キャッシュカードのうち中国銀聯が管理統括するカード(以下銀聯カード)利用者は、JCBが既にJCB海外発行カードのATM利用において契約しているUFJ銀行にて2006年3月末より、日本郵政公社にて同年5月より、それぞれが保有する日本国内全てのATMネットワーク(合計 約32,500台)での、日本円の引き出しが可能となるもの。

リリースにもコメントがありますが、中国からの日本への旅行者にとって非常に便利になりますね。結果、日本国内の観光産業振興にも寄与するはず。

こういったワールドワイドなアライアンスは今後、拡大していく(いや、していくべきものだ)と思います。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【オリンピック】三井住友カード 「VISAトリノオリンピック記念カード」を限定発行

visatorino
MasterCard系はW杯カードですが、VISA系はオリンピックカードです。

三井住友カードは、2006年2月にイタリア・トリノで開催される「2006年冬季トリノ・オリンピック」を記念して、『三井住友VISAトリノオリンピック記念カード』を2005年12月20日(火)から2006年3月31日(金)まで期間限定で発行すると発表。
詳しくはこちら

以前にもこのカードを紹介しましたが、ポイントはデザイン。公式デザイン2種類(スノーボード/スピードスケート)から選べる。また、カードの有効期間終了後は、次回「北京オリンピック記念カード」(名称未定)に切替えての発行するのが新しい取り組み。

同時に「日本メダル獲得応援キャンペーン」も実施しており、その名の通り日本人選手のメダル獲得数に応じて当選本数が増えるキャンペーン。日本人選手のメダル獲得に期待しましょう!

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【Tポイント】CCC 青山商事とポイント提携

Tポイントネットワークがさらに拡大です。

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と青山商事がポイントサービスで提携したと発表。2006年2月よりサービス開始する予定とのこと。
詳しくはこちら

これでTポイントネットワークは約2万4,000店に拡大。店舗数だけだとEdyに匹敵します。そういえばTSUTAYAのクレジット機能付きカード「Wカード」がこの12月9日に300万会員を突破したリリースがありました。今年約1年で100万人獲得したもので、やはり習慣的に利用するTSUTAYAというチャネルがあってこそですね。あわせてこのTポイントのアライアンスがTSUTAYAだけじゃなくても、得するイメージが出来上がっていると言うことですよね。。。TSUTAYAのカード戦略は非常に上手です。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【意識調査】JCB 「クレジットカードに関する総合調査 2005年度版」

JCBは、約2,500名の一般消費者を対象とした「クレジットカードに関する総合調査 2005年度版」の調査結果をまとめ、公表した。
詳しくはこちら

主な調査内容としては
●クレジットカードの保有・利用実態
 カード保有率は85.9%、平均保有枚数は約3枚と上昇している。
 ただし実際に持ち歩くのは1.9枚。
 月平均のカード利用回数は3.5回。また利用金額も32500円程度。
 そもそも現金を持ち歩かなくて良い利便性にニーズがあり。
 特に女性はマイレージやポイントへの関心が高い。
 利用場所は百貨店・スーパーの利用頻度が高い。
 
●クレジットカードに対する意識
 クレジットカードのセキュリティに対する不安が高まっている。
 一方、「いざというときの安心感」という点で評価も高い。

調査レポートはこちら

数字的なものは着実に上がってますね。
市場全体が拡大しているのもうなずけます。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【業績】イオンクレジット 3-11月期の純利益14%増(12/14 日経)

カード取扱高が増加が要因のようです。

イオンクレジットサービスの2005年3-11月期の連結業績は、純利益が140億円弱と前年度対比14%増になった。売上高にあたる営業収益は1,045億円とこれも17%の大幅増。

2006年2月期の連結業績は、営業収益が前期比16%増の1,430億円。純利益で12%増の210億円になる見通し。

カード業界全体は10%で拡大している市場です。これを考えると際立っては見えませんが、他業界からすれば驚きの成長率ですよね。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【プレミアムカード】ソニーファイナンス ソニーのプレミアムオフィシャルカード「Sony Card Gold」を発行

so
まだゴールドカードなかったんですね・・・

ソニーファイナンスインターナショナルはソニーのプレミアムオフィシャルカード「Sony Card Gold(ソニーカードゴールド)」を発行、12月14日より会員募集を開始すると発表。
詳しくはこちら

これまでのプロパーカード「My Sony Card」と同じく、非接触ICカードFelica、「eLIO(エリオ)」、電子マネー「Edy(エディ)」のマルチペイメント機能に加え、本人認証、電子クーポン、電子チケットなどへの多機能化されている。

さらに最近スタートしたばかりの「ソニーポイント」の交換レートは、通常の2倍。またカード購入のソニー製品の事故に対する補償(年間最高50万円)を3年間(通常は1年間)とする「ソニープロダクツセキュリティ・ワイド」も提供。あとは一般的なゴールドカードの付帯サービスも完備している。(「最高5000万円の海外旅行保険/国内旅行保険」「空港ラウンジサービス」など)

で年会費は12,600円なり。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【業務提携】JR東日本 イオンと包括的業務提携へ

イオングループでもSuicaが使えるようになります。
 
東日本旅客鉄道(JR東日本)とイオングループは、12月13日に包括的な提携について合意したと発表。
詳しくはこちら

両社による包括的な業務提携の具体的内容は2点
 ①イオングループ店舗へのSuica電子マネーの導入
  2007年1月を目途にJR東日本エリア内のイオングループ店舗に
  Suica電子マネーを導入。

 ②「イオンカード」と「ビュー・スイカ」カードの一体型提携カードの発行
  「イオンSuicaカード」の発行。2007年1月を目処に。

今回の提携はセブン&アイホールディングスの独自電子マネーにイオングループがSuicaと組んで真っ向から勝負した感じですね。郊外のショッピングモール型の出店が中心のイオンが今度は駅中ビジネス?これまでのノウハウをどう“駅”というチャネルを使いながら活かしていくのか?はたまた新規の顧客を取り込むチャネルとなるのか?非常に興味深い業務提携ですね!

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【Edy】Edy利用件数が 1億件を突破

年間利用件数が1億件!

ビットワレットが運営するプリペイド型電子マネー“Edy”の2005年累計利用件数が12月12日に、1億件を突破したと発表。
詳しくはこちら

ちなみに使える主な場所は、、、
 ■コンビニエンスストア業界 
  サークルKサンクス全店
  ポプラグループ全店
  ファミリーマート(沖縄県内全店)

 ■ドラッグ業界
  ツモトキヨシ全店
  ツルハドラッグ全店
  ドラッグセガミ
  コクミン

 ■スーパー業界
  大丸ピーコック全
  ワイズマート全店
  平和堂
  関西スーパー
  イズミ

 ■ホームセンター業界
  ホーマック全店

 ■カラオケ業界
  ビッグエコー全店

 ■家電量販
  ケーズデンキ全店
  ヨドバシカメラ全店

 ■外食業界
  ロイヤルグループ

 ■DPE業界
  フジカラーパレットプラザ全店

 ■ガソリンスタンド業界
  宇佐美全店

昨年に比べて約2倍の利用件数となってます。その要因としては「おサイフケータイ」の普及によるところが大きい模様。

ちなみにEdyの現状ですが(12月1日現在)
・累計発行枚数:約1,400万枚 (内 おサイフケータイ:約180万台)
 ・Edy利用可能店舗数:約26,000店舗
 ・Edy対応自動販売機:約3,900台
・月間利用件数:約1,100万件

先日Suicaの現状を記事でも書きましたが、利用件数はSuicaの倍ですね。
でもSuicaもモバイル導入で、急速拡大しそうですが・・・

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【ホームセンター】ジャックス トステムビバとの提携クレジットカード「トステムビバ倶楽部カード」を発行

今流行のホームセンターとの提携カードです!

ジャックスは、ホームセンターのトステムビバと提携し「トステムビバ倶楽部カード」の発行を開始したと発表。
詳しくはこちら

■カード概要
 ①カード名称
  「トステムビバ倶楽部カード」


 ②国際ブランド
  VISA/JCB

 ③年会費
  永年無料

 ④カード特典
  ・ポイントサービス
   ビバホーム各店舗でクレジット支払いの場合100円で
   2ポイントが基本。ビバホーム各店舗での現金支払や
   ビバホーム各店舗以外でもポイント付与。
   貯まったポイントは、500ポイントで「トステムビバ
   倶楽部お買物券500円分」と交換。
  
  ・カード盗難保険付帯

 ⑤入会特典
  ・入会者にもれなく「500円分のトステムビバお買物券」
   をプレゼント

リリースにもありますが、2ヶ月間で3万名超の会員を獲得しているとのこと。永年無料なのでポイントカードとして勧誘しているから、獲得率が高いと思われます。今後、半年間で12万名、2008年9月末までの3年間で80万名の会員獲得を見込んでいるとのこと。かなり強気ですね!

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【業務・資本提携】プロミス インデックスと資本・業務提携

インデックスは、プロミスを引受先とする第三者割当増資の実施を決議。プロミスとの新モバイルキャッシングサービスの提供、新規顧客獲得のためのモバイルサイト構築と既存サービスの強化を目的とした業務提携に合意したと発表。
詳しくはこちら

最近、IT企業によるM&Aが目立ってますが、このインデックスも頻繁に名前が出てきますね。今回はインデックスのプロミスへの資本参加ですが、事実上、インデックスの金融事業参入だと思います。

特にモバイルと消費者金融は相性が良いので、インデックスのノウハウとプロミスのノウハウが統合することで、これまでリアルチャネル中心だった消費者金融業界に大きな進展があるかもしれません。街に消費者金融のATMがいらなくなる?そんな日もくるかもしれません。。。

話は変わりますが、インデックスはいろいろと事業展開してますが、その一つにプロサッカーチームも保有してます。フランスの2部リーグだったと思いますが。。。ちなみにチームキャラクターは「キャプテン翼」の高橋陽一先生が書いていたのでびっくり!→http://www.grenoblefoot38.fr/

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【DM】JCB 毎月のお支払もJCBにしようキャンペーン(12/7到着)

久々にキャンペーンDMが来ました!
いわゆる公共料金のカード支払の利用促進キャンペーン。

■キャンペーン概要
 ①タイトル
  「毎月のお支払いもJCBにしよう!キャンペーン」

 ②期間
  2005年10月16日~2006年1月15日

 ③内容
  期間中、対象加盟店(電気・ガス料金、固定電話、携帯電話、
  放送、新聞)での支払いにJCBカードを指定し、かつ利用金額
  の合計が1万円を1口として抽選。

 ④インセンティブ
  【1等】 JCBギフトカード 10,000円分×100名
  【2等】 JCBギフトカード 3,000円分×400名

となってます、キャンペーンチラシのほか電気・ガスの支払変更ハガキとカード・ローンのキャンペーン案内もありました。

年末のこのタイミングにカードの支払先も整理!という感じでしょうか?
でも本当は「カード・ローン」のキャンペーン案内が一番の狙い??

あとJCBカードでサッカーくじのtotoが変えるようになってます。
今年最後の運試しにサッカーくじはどうですか?
JCBで「toto」を買おう!!3万円キャッシュバックキャンペーン

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【W杯カード】オリコ 2006 FIFAワールドカップオフィシャルカードを発行

fifamc02オリコもW杯記念カードを発行します!

オリコは、2006年6月にドイツで開催されるFIFAワールドカップを記念して、期間限定デザインカード「Orico MasterCard® 2006 FIFAワールドカップオフィシャルカード」を発行すると発表。12月9日から募集を開始する。
詳しくはこちら

リリースによるとオリジナルデザインは全4種類。カードのタイプは「自由払いカード(UPty)」タイプと「スタンダードカード」タイプの2種類を用意。それぞれ年会費は自由払いカード(UPty)タイプが永年無料、スタンダードカードタイプは初年度無料(2年目以降1,312円(税込))。

ちなみに入会キャンペーンを展開しており、オリジナルグッズや日本代表戦の観戦チケットが入手できるかも!

他にもUC・OMCなども発行しており、いよいよワールドカップ本番モードって感じです。それにしてもW杯の組み合わせ抽選日に合わせてリリースしたところにすばらしいです!そんなオリコに◎。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【記念カード】UCカード 期間限定カード「2006ドイツワールドカップ記念UCマスターカード」を発行

UC W-cup.gifいよいよW杯シーズン到来ですかね。でもまだ少し早い過ぎるかな・・・

UCカードは、2006年6月に予定されている世界的イベント「FIFAワールドカップ(TM)ドイツ大会」の開催を記念して、期間限定のクレジットカード「2006ドイツワールドカップ記念UCマスターカード」を発行すると発表。開催に先駆けて、2005年11月から会員募集を開始する。
詳しくはこちら

■カード概要
①カード名称
  「2006ドイツワールドカップ記念UCマスターカード」

②年会費
初年度無料(2年目以降1,837円)

③国際ブランド
MasterCard

④特典
・最高2千万円までの海外旅行傷害保険
・最高1千万円の国内旅行傷害保険
・年間100万円までのショッピング補償保険
 
 ⑤募集期間
  2006年9月(予定)まで

FIFAワールドカップ(TM)にマスターカード・インタナショナルがスポンサードしている関係から、毎回記念カードが発行されています。ですので、4年に一度デザインが変わって発行されるわけです。
Masterブランドの発行権を持つカード会社が、そのうち続出してくると思いますが・・・UCが一番手のリリースかと思います。
ただW杯カードは更新カードの切り替え時に、カードデザインがプロパーになってしまうんですよね?それがちょっと残念です。そういえば、UCはVISAブランドでオリンピックの記念カードも出してますが、こちらは更新カードが次回のオリンピック記念デザインのものに自動的に切り替わるようです。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【資本提携】クレディセゾン りそなカード株式を一部取得

クレディセゾンは、平成16年2月に発表いたしました資本・業務提携に基づき、りそなカードの株式12.4%を取得したと発表。
詳しくはこちら

これによりクレディセゾンのりそなカードへの出資比率は22.4%となり、りそなカードはりそなホールディングスの連結子会社であると同時にクレディセゾンの持分法適用会社(関連会社ですかね)となりました。

同時にクレディセゾン取締役の横山三雄氏がりそなカードの社長に就任。その他にもクレディセゾンから人材交流もあるようです。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【有料】米国発eコーマス最新事情 メンバーシップクラブの導入(12/7 MJ)

最近、新たな手法として年会費を徴収して、その額以上の特典を与えるメンバーシップクラブを導入する企業が増えているそうだ。

ここで紹介されているのは、スマートバーゲンズ・ドット・コムというネットショップ。そこでは「スマートショッパークラブ」と名付けられた会員制度を導入し、年会費9.95ドルで通常、7.95ドルかかる配送料が2.95ドルになったり、一般顧客よりも48時間早くセールを受けられるなど年会費以上のメリットが提供されるというもの。
話は変わりますが、日本でも同じようなサービスを私は受けてます。あるガソリンスタンドでは年会費3,000円払うと、「オイル交換1回無料+ガソリン代が看板価格からリッター4円引き」を受けれるもの。
「オイル交換代を払って、毎回ガソリンが割引になるならいいかな?」という軽い感覚で使ってますが、結構、割引率が大きく満足してます。
ただ唯一、オイル交換のオイルランクが低いのが難点。追加費用を払うとランクの高い(いい)オイルに変えられるのが、何かうまくクロスセルされている感じです。

ポイント制度などに限界を感じている企業は、有料会員制度を展開するのも良いかもしれませんね。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

 | HOME |  »

カードビジネスSNS


パスワードを忘れた方はこちら
新規登録希望の方はこちら

CMPの本棚


.☆.・∴.・∵☆.・∴.・∵☆.・∴
その気持ち…伝えてみませんか?
.☆.・∴.・∵☆.・∴.・∵☆.・∴
プリザーブドフラワー専門ショップ
colors message

TOPICS!!

金融財政事情研究会『月刊消費者信用』で『実践!メインカード養成道場』を連載中!


プロフィール

Card Marketing Professional

クレジットカードやポイントカード、電子マネーなどカードビジネスおよび会員ビジネスに特化したマーケティングコンサルタント集団。貴社の顧客戦略にカードビジネスのノウハウを活用してみたいという方は、こちらまでお問い合わせください。


最新記事


カテゴリー


月別アーカイブ


FC2ブログランキング サーバー・レンタルサーバー アフィリエイト・SEO対策 ホームページ

FC2Ad

Copyright(c) 2007 Card Marketing Professional. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。

会社概要サイトポリシー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。