FC2ブログ
貴社のカードビジネスを成功へと導く Card Marketing Professional
  サービス   ネタ帳   CMPの本棚   リンク集   SNS   お問い合せ  
かーどビジネスのネタ帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【電子マネー】セブン&アイHD 独自の電子マネーカードを2007年春メドに発行

これはビッグニュースです!

セブン&アイ・ホールディングスは、セブン&アイHLDGS各店頭での代金お支払いの利便性を向上させるため、非接触型のIC(集積回路)チップを搭載した独自のプリペイド(前払い)方式による電子マネーカードを2007年春を目途に発行すること、ならびに2007年春以降にグループ約12,500店舗で相互利用できるポイントサービスを提供していくことで検討に着手することを決定したと発表。
詳しくはこちら

また電子マネーにポイントサービス機能を搭載することも視野に入れており、「電子マネー+ポイントサービス」が一体化したサービスを提供する予定とのこと。

コンビニというより小売業の雄であるセブンイレブンのカード戦略が浮き彫りになってきたわけであるが、導入から約12,500店舗という規模でスタートできるのはさすがセブン&アイHDのネットワーク。反対にこのチャネル・ネットワークを活かした新たなビジネスモデルとして参入を決めたのだろう。

ただ先行しているSuica、Edyグループが既に激しい競争を進めている中、どういった戦略を見せるのか注目です。そして、ポイントや電子マネーの動向を見たまま、アクションを起こせなかった企業にとってもアライアンス先としては十分魅力ではないでしょうか?

クレジットカード業界的に言うと、JCBと業務提携し、ポストペイ(後払い)方式の非接触IC決済サービス「QUICPay(クイックペイ)」の展開も視野にいれているようだ。併せて、申込み手続きおよびデータ管理等の事務処理業務もJCBに委託する方向とのこと。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!
スポンサーサイト

【スマートプラス】UFJニコス 佐久スキーガーデン「パラダ」に非接触ICカード決済サービスを導入

「リフト券、ケ-タイかざして後払い!」

UFJニコスは佐久スキーガーデン「パラダ」と組んで、非接触ICカード決済サービス『Smartplus(スマートプラス)』を導入することで合意、12月20日から取扱いを開始すると発表。
詳しくはこちら

スキー場と非接触ICは相性が良さそうですよね。手がかちかんで小銭とか取り出すのは面倒ですし、携帯慣れしているターゲットなので、マッチしそうなサービスだと思います。
あとは自販機とかも連携するとよいですよね。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【請求書】IYC アイワイカード利用明細(11/27到着)

アイワイ・カード・サービスから請求書が到着しました。
セブン&アイ・ホールディングスのロゴマークが封筒に入ってましたね。

請求書に封入される会員情報誌「アイワイプレス」のページが増えてます。
以前はホチキスで中綴じされていた仕様が、今回は糊付けの背表紙ある感じ。
中身的に大きな変化はないので、たまたまページを増やしたのでしょうか?

■内容物
 ①ご利用代金明細書
 →特に変化なし。
   
 ②アイワイプレス(2005年12月号)
 →「江戸流お正月を満喫する」
    
 ③キャンペーン告知
 →イトーヨーカードー・エスパで寝具・インテリア・
  家電をアイワイカードで購入すると抽選で10,000P
  当たるキャンペーン。
  
 ④JCB 食べて♪歌って♪キャンペーン →忘年会シーズン到来です。
  
アイワイプレスに掲載されていたキャンペーンを一つ。
隠れ家へご招待キャンペーン

温泉いきたいです。。。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【請求書】AEON イオンカード利用明細(11/25到着)

AEONから請求明細書が到着。
封筒のデザインが新しくなりました。
つい先月、情報誌やWEBサイトのデザインがリニューアルされましたが、それと連動している感じです。“空”をイメージさせるデザインです。

■内容物
 ①ご利用代金明細書
 →特に目新しい動きはなし
   
 ②カードインフォメーション(2005年12月号)
 →月々のお支払いをカード払いでポイント2倍!キャンペーン
  がTOPページの告知。他カード会社もやっているので目新し
  さはないですが。掲載記事の中で会員規約の一部変更のお知ら
  せがありました。キャッシングサービス利用におけるCD/ATM
  の時間外手数料が無料になったことを受けてみたいです。
 
 ③メンバーズローンの案内
 →先月に引き続きメンバーズローンの案内。
  毎回ありますね。
  
 ④今月のイオンカード会員様の特典
 →店舗連動のクーポンチラシが同梱。
  今月は「特選迎春オードブル」、もう年末ですね。
  
あとは保険の案内チラシとDVD販売のチラシです。
イオンはグループ全体で新たなブランディングを展開してますよね。
流通系カードであるイオンクレジットはやはり店舗主導のコミュニケーションが良いでしょう。つまり、来店促進に繋がる仕組みが基本です。
それが顧客にも一番わかりやすいですよね。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【国内初】JCB 香り付きクレジットカード「JCB LINDA スウィート」を発行

linda_kaoriLINDA50万枚発行記念は香り付きカードです。

JCBは2002年4月1日より発行している「JCB LINDA」の発行枚数が、2005年11月に50万枚を突破。セグメントカードとして前例のない大きな節目を記念して、国内業界初となる香りつきクレジットカード「JCB LINDA スウィート」を2万枚限定で発行、12月10日より募集を開始すると発表。
詳しくはこちら

同時に来春より3つの新デザインのカードを発行することも決定。デザイン採用にあたっては「人気投票アンケート」を実施し、9種のデザイン案から3つに絞る。

この香り付きカードは株式会社ピクセンとJCBが共同し、発行にいたったもの。以前、ピクセンと共同で他カード会社に何回か提案したんですがね。。
コストの問題や香りの持続期間の問題などあってそのときは没ってしましましたが。。。
その時からですから、、、2-3年前からあった話です。
(ピクセンさん、おめでとうございます!)

ちなみに本カードは、2005年12月10日から募集を開始(1月中旬から発行開始)、申込み2万枚に達した時点で募集終了なので、お早めに。ホントいい香りしますよ。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【年会費】アイワイカード 年会費のお知らせ案内(DM 11/21到着)

アイワイ・カード・サービスから年会費についての重要なお知らせが来ました。
IYカードは年間5万円以上あると翌年の年会費が無料となります。

私の場合、ほとんど利用してなかったこともあり、年会費徴収対象のようですね。
まぁ、本会員500円(税込)/年なので一般的なカード年会費よりも低いので、そんなに気にならないですが。。。それよりもちゃんとお知らせしてくれることは重要ですね。

会員にとって年会費は大きな負担と見られます。昨今、会費無料カードが当たり前になっている中、500円でも会費は会費です。その徴収を事前連絡なく、勝手に引き落とされたらちょっと解約するかもしれませんね、、、(実際はいつ年会費が徴収されるが忘れてますが、携帯サイトの課金みたいです)

コストの問題もあるのでしょうが、「あといくら使ったら5万円にいくのか」がわかればもっとよかったです。反対に利用促進になるかもしれませんよね。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【実証実験】ビザ・インター メンバーカード会社によるFeliCa非接触決済導入をサポート

ビザ・インターは、VISAカード発行会社が導入するFeliCa対応携帯電話やカードを利用した日本における近接決済サービスを支援することを発表。
詳しくはこちら

このリリースにもあるように「FeliCaを利用した非接触決済へのサポートは、ICカードや決済端末などを決済業界の国際標準規格として採用されたEMV標準へ移行させる、というVisaのコミットメントを抑制するものではありません」とのこと。ICチップの国際標準としてEMV仕様を掲げていたVISAが、一見Felicaを推奨することにも見えることを懸念したのでしょう。

とは言え、現状の日本国内における新たな決済ツールの拡大についていかざるを得なくなったのかな?という感じです。特に携帯電話でモバイル決済が浸透すれば、業界全体の遅れになってしまうので、そういった危機感もあったことでしょう。

具体的な実証実験については、3ヶ月以内に具体的な発表がある模様です。どこと何をするのか注目ですね。

一方、ほぼ同じタイミングでマスターカードにも動きがありました。
【関連記事】日立、多機能ICカードを世界展開・米マスターと合弁

それによると日立製作所が電子マネー、本人認証など多機能ICカードの業界標準を狙う新会社を米国にマスターカードなどと合弁で設立するもの。こちらはマスターカードが推進するICチップの汎用的な基本ソフト「マルトス」を搭載したICカードの普及を目指すようだ。

そういえば、マスターカードはオリコと非接触ICによるクレジット決済についてこの11月に展開すると報道がありました。おそらくマスターカードが推進する非接触決済「PayPass」を活用した実証実験だと思います。

一昔前の電子マネーの実証実験的な動きにも見えますが、今回の場合はクレジットカード業界主導ではなく、むしろ他インフラから動き出している中での流れなので本物でしょうか?
この流れに乗り遅れるといよいよやばい?

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【ポイント移行】三井住友カード NTTドコモ、PiTaPaとポイント移行開始

三井住友カードNTTドコモ、スルッとKANSAIと提携し、カード利用で貯まるワールドプレゼントのポイントを、月々のケータイ料金に使える「ドコモコイン」およびPiTaPa「ショップdeポイント」へ移行できるサービスを2005年12月1日(木)から開始すると発表。→詳細はこちら

クレジットカード会社のポイントを「ドコモコイン」および「ショップdeポイント」に移行できるのはカード業界では初とのこと。

今やどのカードが何とポイント移行できるかわからないほど。。。
カード会員にとってポイントの魅力は何にあるのでしょうか?
やっぱりマイレージ信仰には勝てないのかな?
マイレージってなんか夢があるんですよね・・・夢が。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【請求書】UFJニコス SHELLスターレックスカード利用明細(11/21到着)

会員情報誌EXTENSIONではロレックスが当たるキャンペーンを実施中!
アンティーク・ロレックス欲しい!

■内容物
 ?ご利用代金明細書
 →特に変化なし。
   
 ?monthly NICOS(2005年11月号)
 →「家電ならNICOSキャンペーン」がTOPページに。
  各社、毎年恒例となってますね。特定業界とのタイアップキャンペーン。
  ボーナス商戦に向けた利用促進です。
  
 ?EXTENSION(2005年12月号)
 →会員向け通販情報誌。
  今回のテーマは「クリスマスデート必勝バイブル」。
  貴金属とかメインですが、個人的にオススメなのは
  最後に掲載されている「加湿器」ですね。  
  インフルエンザが流行ると噂されてますから、必需品になりそう。

 ?ETC PLUS
 →ETCの割引前払サービスが終了するにあたり、
  その後のマイレージサービスや時間帯割引などの
  詳細情報がまとまっててETCカードのメリットを
  訴求をしてます。わかりやすい!

つい先日、UFJニコスがカード利用明細書のOne to One対応を開始すると発表しました。→関連記事はこちら

そのうち提携カードの利用明細書も対応していくことになると思いますが、実際はどこまでOne to Oneされた情報になるのか興味ありますね。カード会社得意のデータベースを活用したマーケティングはどこまで進化しているのでしょうか?

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【Edy】東急ホテルズ 電子マネー「Edy」を導入

「エクセルホテル東急」・「東急イン」でもEdyが使えます。

東急ホテルズは、ビットワレットが運営するプリペイド型電子マネー「Edy」を2005年12月1日に、「エクセルホテル東急」10ホテル、「東急イン」31ホテルの全41ホテルで導入することを発表。
詳しくはこちら

これを記念して2006年1月1日から「ANAのマイルが貯まる!ダブル&ダブルマイルキャンペーン」を実施するようです。期間中、キャンペーン料金にてエクセルホテル東急または東急インにお泊まりいただくと、ホテル利用マイルが2倍、さらにEdy利用でも2倍のマイルが貯まりますので、Edy派の方は東急ホテルズの系列ホテルの利用をオススメします。

ただひとつ気になったのが、2006年春に新しく発行される東急ポイントカード「TOP&」。このカードは東急カードと提携し、クレジット機能のついたカードも発行します。これはグループ連携を強めたポイント機能を持っており、グループ間でのポイント利用ができるようなります。この新ポイントカードの発表と同日に、JALのマイレージとの提携も発表してます。

東急はJALとの路線かな?と思ってましたが、東急ホテルズはその前にEdyと提携するんですな。。うーむ、顧客的に言えば、どちらも使えるほうがメリットかもしれませんね。

何はともあれJR東日本のSuicaが提携すれば、今度はEdyも次から次へと提携話を進めます。この2社の競争はどこまで続くのでしょうか?

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【カード情報流出】ワコールオンラインショップ 顧客データの流出

ワコールのオンラインショップでカード情報流出発覚!

ワコールのオンラインショップにて顧客データが流出したことが判明。サイトの運用業務を委託しているNECネクサソリューションズが管理するサーバーに外部からの不正アクセスがあったと発表。
詳しくはこちら

該当する顧客は2005年7月14日~11月9日の間に商品をお買い上げいただいたお客様 24,322名のうち、不正アクセスによりデータが流出したお客様の人数は4,757名。そのうちクレジットカード情報(カード番号、有効期限)が含まれている人数は1,899名とのこと。なお氏名、購買履歴については流出していない模様。

ネットショッピングの情報流出で、カード会社はカード再発行を余儀なくされます。そのあとの不正使用も保証しないといけないので・・・近いうちカード会社とネットショップ間のカード情報の取扱いに規制がかかると思いますよ。そうでないとカード会社は泣くだけですからね。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【PiTaPa】トヨタファイナンスと三井住友カード 大阪市交通局協力会との提携カード「OSAKA PiTaPa」を発行

osakapitapa.gif
カード利用額に応じて貯まるポイントが電車料金を還元します~

トヨタファイナンスと三井住友カードは、大阪市交通局での2006年2月1日(水)からの「PiTaPa」導入にあたり、2005年12月7日(水)より、財団法人大阪市交通局協力会との提携カード「OSAKA PiTaPa」の会員募集を開始すると発表。
詳しくはこちら

このカードの特徴はPiTaPaで市営交通を利用した際に適用される利用額割引とは別に、会員からの申請なしで、自動的にクレジットカードのポイントを交通乗車料金へ還元するところ。

PiTaPaは関西の私鉄中心に展開している非接触交通カード。2007年春には関西5私鉄及び大阪市交通局なども拡大。さらには2006年1月21日(土)より「ICOCA」との相互利用を開始も決定している。

ある意味、関西ではどこでも使える交通系カードなので、乗車料金で還元されるのはうれしい話。しかも自動的に還元されるのであればポイント交換などの手間もないし・・・サラリーマンとかには必需品かもしれませんね。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【QUICPay】JCB カラオケ館全店にクイックペイ導入(MJ 11/18)

「カラオケ館」もクイックペイです。

「カラオケ館」を運営するビーアンドブィはJCBの小額向けクレジット決済「クイックペイ」を11月中旬より開始、年内には全72店舗に導入すると発表。

利用者のメリットとしてはカラオケ室料(←飲食は別ってのがポイントですね)の30%割引になるところ。
でもカラオケ館メンバーズカードに入会すれば、その当日から20%OFF、次回から25%OFFになるのであまり変わらないかもしれませんが、得なのは間違いない。

「カラオケ館」側は精算時間の短縮と携帯電話と通信機能を連携した販促にも活用したいとのこと。たしかに小額決済だけではなく、販促に活用できるのであれば面白い。例えばクイックペイで決済すると100人に1人全額無料!とか?

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【アジア戦略】イオンクレジット マレーシアでクレジットカード事業を開始

アジアに積極的に進出しているイオンクレジットがさらにアジア市場を拡大です。

イオンクレジットサービスのマレーシア現地法人「イオンクレジットサービス(マレーシア)」は、マレーシア中央銀行より単独でのクレジットカード事業の認可を取得。マレーシアのノンバンクとして初となるクレジットカードの発行を開始したと発表。
詳しくはこちら

 イオンクレジットはすでに香港、タイ、台湾でクレジットカードを発行。3ヶ国合計でカード会員数は225万人も存在する。今回のマレーシアでは今期中に10万人のカード発行を目指す。

話は変わりますが、セゾンもアジアで面白いカードを発行しているので紹介します。
中国銀行とセゾンの現地邦人が提携して発行しているカードで、上海在住の日本人客を対象としたカード。
長城SAISONクレジットカード

「カード年間サービス費700元」らしいです。日本円にするといくらだ?

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【パーソナル】UFJニコス、カード利用明細書のOne to One対応を開始

UFJニコスはカード会員の利用状況や住所・性別・年齢などの属性情報に応じ情報を「カードご利用明細書」掲載し、会員ごとにカスタマイズするOne to One対応の実施を決定。「UFJカード」ブランドのゴールド会員向けに送付する11月10日引落し分の明細書からスタートし、順次対象会員を拡大、来春よりNICOSカード会員向けにも提供していくと発表。
詳しくはこちら

リリースによると具体的には利用明細書で6種類のコンテンツを掲載し、最大400万パターンまで掲載可能なシステムを構築したという。400万通りの情報発信なので、確かにOne to Oneに近い。
またビジュアル面でもA3両面のフルカラー印刷化を実現。

JCBの「UNI-CLIP」と似たようなイメージですね。まずはGOLD会員から実施するようであるが、GOLD会員の属性だと実際400万通りもいらないですよね?はやくNICOSも含めて一般カードにも導入をしてほしいものです。

ただUFJとNICOSが合併しても、請求書に目新しい動きがなかったのは・・・こんな隠し玉があったんですね!

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【比較サイト】MSN 金融情報サービスで「クレジットカード比較」を開始(nikkeibp.jp 11/16)

マイクロソフトは11月15日、ポータル・サイト「MSN」の金融情報サービス「MSNマネー」に新機能「クレジットカード比較」を追加したと発表した。
詳しくはこちら

クレジットカード比較サイト『カードギンザ』を運営オプトのデータベースを採用しており、クレジットカード50社、360種類のカード情報をそろえたとのこと。

ヤフー!ファイナンスのクレジットカード情報もオプトが情報提供しているので同じような感じですかね。

どこか『カードビジネスのネタ帳』を活用してくれませんか?笑
今度、暇を見つけて比較サイトブログを立ち上げようかと思います。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【新カード】丸井 新カードにポイント制(MJ 11/11) 

丸井の「赤いカード」が生まれ変わります。

丸井は来年3月に新型会員カード「エポスカード」の機能を決定した。今年10月に取得したVISAの直接発行権を受け、VISA加盟店で使えるほかポイントサービスも新たに導入する模様。
詳しくはこちら

丸井はこれまでハウスカード中心の戦略で、自社店舗の顧客囲い込みが中心だった。今後はVISAブランド発行に伴い、カード発行主として他商業施設との提携カードも進めていくとのこと。

丸井は日本で初めてクレジットカードを発行した企業です。これまでも若者を中心に魅力あるカードサービスを展開してきました。今回のVISAブランドが付与された新カードはどのような展開をしていくのでしょうか?注目したいカードです。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【一人勝ち?】auの3G携帯が2000万契約突破(Itmedia 11/15)

KDDIはauの3G携帯契約数が、11月13日時点で2000万を突破したと発表。
詳しくはこちら

2004年7月20日に1500万契約を突破しており、それから1年4カ月弱で500万契約を上乗せ。
最近のKDDI人気は顕著でしたので、おかしくもない結果ですが、これで番号ポータビリティが開始されると更なる飛躍になるのでは?
でも各社いろいろと番号ポータビリティ対策として、定額通話などオリジナルサービスを展開しているし、新規参入もありそうだし、まだまだわかりません。
【参考】携帯各社、相次ぎサービス強化 番号継続制前に顧客「囲い込み」(産経)

少し前の情報ですが、KDDIはクレディセゾン、JCB、トヨタファイナンス、UFJニコスと提携クレジットカードを発行すると発表。発行時期は2006年春ごろを予定してますが、顧客囲い込みのツールとしての意味合いもあるのでしょう。さらにはドコモ同様、カード事業に参入するかもしれませんね。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【Suica】JR東日本 モバイルSuica、1月28日スタート

msuica01.gif

いよいよスタートです。

JR東日本は携帯電話を利用した「モバイルSuica」サービスを来年1月28日から開始すると発表。おサイフケータイ(対応機種のみ)にアプリをインストールすることにより、サービスを利用できるようになる。
詳しくはこちら

これまでどおり自動改札の通過やSuicaを利用加盟店での電子マネーとして利用できるほか、モバイル上で利用履歴や残高を確認できたり、入金(チャージ)や定期券購入もオンラインで行えたりするようだ。また割安なグリーン券「Suicaグリーン券」や紛失した場合のバリューおよび定期券の再発行などメリットも多数。

スタート当初はビュー・スイカカードのユーザーのみが対象(「ルミネカード」「JALカードSuica」「大人の休日倶楽部カード」などの提携カードも可)。またサービス開始に伴い「モバイルSuicaコールセンター」を設置。ユーザーのサポートを行うほか、リクルートとジェイアール東日本企画の共同事業として、モバイルSuica会員向けの無料サイトも展開するようだ。

来年度は「モバイル+カード+電子マネー」が融合されて、どう定着していくかの重要な転換期になりそうです。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【W杯記念カード】OMC 「Jiyu!da! OMC MasterCard 2006 FIFA ワールドカップカード」発行

OMC_WC.jpg
OMCのW杯カードはデザインが良いですね。

OMCカードは、2006年にドイツで開催されるFIFAワールドカップの公式スポンサーであるマスターカード・インタナショナルと提携し、「Jiyu!da! OMC MasterCard 2006 FIFA ワールドカップカード」を11月10日より募集開始したと発表。
詳しくはこちら

■カード概要
 ①カード名称
  「Jiyu!da! OMC MasterCard 2006 FIFA ワールドカップカード」
  
 ②国際ブランド
  MasterCard

 ③年会費
  永年無料

 ④カード機能
  ・カードショッピング(フレキシブルペイメント機能=リボ)
  ・カードキャッシング
  ・その他サービスはOMCカードと同様(海外旅行傷害保険を除く)
  ・わくわくポイント3倍付け(携帯電話通話料金の支払と海外ショッピング)

初年度入会目標は4万枚とのこと。
今回はドイツ大会なので前回の日本開催より注目はどうかな~?
でも前回とは異なり各社デザインが違うのはよいですね。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【提携】CCC モンテローザとTポイントで提携(MJ 11/9)

TSUTAYAの「Tポイント」がさらに提携拡大です。

居酒屋最大手のモンテローザは、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と提携し、TSUTAYAやローソンなどで使える共通ポイント「ティーポイント」を導入することを発表。
展開する「白木屋」「魚民」「笑笑」で1月17日よりサービスを開始する。
詳しくはこちら

TSUTAYAの会員層がモンテローザのターゲットとする顧客層とマッチすることから、新規顧客を誘引するのが目的。

この一年、Tポイントの提携話は非常に多いイメージです。JR東日本のSuicaも話題としては多かったですね。まだあと少しありますが・・・この1年いろいろと話題の会社したね。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【相互利用】JR西日本とスルッとKANSAI協議会 「ICOCA」「PiTaPa」の相互利用を実施へ

交通系非接触カードはやはりJR基準です。

西日本旅客鉄道(JR西日本)、スルッとKANSAI協議会および東日本旅客鉄道(JR東日本)は、それぞれが発行するICカード乗車券で各々のエリアを相互にご利用いただけるようにするサービス(相互利用サービス)の順次拡大に向けて検討を進めることを発表。このうち「Suica」「ICOCA」の相互利用サービスについては2004年8月から実施しておりますが、これに続き、JR西日本の「ICOCA」とスルッとKANSAIの「PiTaPa」間での相互利用サービスを、2006年1月21日(土)から開始する。
詳細はこちら

関東私鉄各社も非接触IC導入が近々予定されております。こちらもSuicaをスタンダードとして考えているはずなので、これで首都圏・関西圏は何か交通系カードがあれば乗れちゃうんでしょうね。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【新カード】オリエント信販 パーソナルファイナンスサービス「GMOネットカード」を開始

先だって10月1日にオリエント信販を買収したGMO。
そのGMOのネット金融事業第一弾のカードです。

GMOインターネットグループ傘下のオリエント信販は業界最低水準(*当社調べ)の融資利率を実現した新パーソナルファイナンスサービス「GMOネットカード」を11月9日より開始すると発表。
詳しくはこちら

このカードはネット受付限定のキャッシングカード。受付をWEBサイトに限定することで人件費などの営業コストを削減。その分、融資利率を最大限に引き下げて顧客に還元しているとのこと。具体的には
 ・業界最低水準の融資利率7.3%~
 ・融資可能金額最大300万円
 ・申込から審査結果の回答まで最短15分(但し融資可能金額最大5万円の場合)

などを盛り込んだ各種ネットキャッシングカードとなっている。

話は変わりますが、ライブドアが通販大手のセシールを買収しました。
通販事業はライブドアデパートとの連携による事業強化はもちろん、そのセシールの顧客層への金融商品の販売(つまりネット金融なのでありますが)強化を目論んでます。むしろそちらがメインの提携ではないかと疑いたくなりますが・・・

どちらにせよ、ネットでの金融事業は魅力的なんでしょうね。
「お金を借りる」顧客のほうも非対面のほうが気持ち的にも楽ですから。PCやモバイルならいつでも「無人機」ですもんね。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【5%キャッシュバック】OMCカード 首都高速道路協会と提携カードを発行

OMC_首都高.jpg
毎週日曜日、首都高料金が5%キャッシュバックされるカードです!

OMCカードは、財団法人首都高速道路協会と提携し、首都高速道路で利用できる「首都高カード」及び「首都高ETCカード」を11月25日より募集開始すると発表。
詳しくはこちら


■カード概要
 ①カード名称
 「首都高カード」

 ②国際ブランド
  VISA/MasterCard/JCB

 ③年会費
  初年度年会費無料(2年目より1,050円、家族カード315円)
  ※但し、年間1回以上ご利用いただくと次年度は年会費無料

 ④カード特典
  ・毎月第2、第4日曜日ダイエーご優待デー
  ・わくわくポイント
  ・毎月1万円以上のご利用でハワイ旅行や温泉旅行が当たる
   「ウキウキトラベル賞」
  ・その他、付帯保険などOMCカード各種サービス
  ・タイムズ駐車場ポイントサービス

 ⑤募集開始日
  2005年11月25日
  ※大黒PAをはじめ首都高の主なパーキングエリアで募集予定
  ※スピード発行及びWEB受付は2005年12月1日

■カード概要(ETC)
 ①カード名称
 「首都高ETCカード」

 ②年会費
  永年無料
 
 ③カード特典
  ・毎週日曜日「首都高カードご優待デー」
   (首都高速道路通行料5%ご請求時キャッシュバック)
  ・ETC車載器5,000円キャッシュバック
   (2006年1月31日まで期間限定実施)

1日に約112万台が行き交う首都高速はこれまで(ETCカード以外の)クレジットカード払いができなかった市場。今回、民営化に伴い首都高速でもカード払いが可能になりました。偽造カードでいろいろと問題だったハイウェイカードの次なる決済手段ということになりますね。

何はともあれ、ETCカードの初期の段階から尽力しているOMCカードが発行にいたったことが何より。次はトヨタファイナンスが追随してくると予想しますが、いかがでしょうか??

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【業務提携】JR東日本と東京三菱銀行 カード事業における業務提携を発表

JR東日本がさらに業務提携を拡大。今度は天下の東三です。

東日本旅客鉄道東京三菱銀行は、JR東日本の「ビュー・スイカ」カードと東京三菱銀行の「スーパーICカード『東京三菱-VISA』」の一体型提携カードの発行と、JR東日本の駅のATMコーナー「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)でのATM提携について合意したと発表。
詳しくはこちら

簡単に言えば、キャッシュカードかつクレジットカードかつSuicaが一体となった多機能ICカードです。
その中で特徴としては「東京三菱ポイント」のSuicaへのポイント充当でしょう。クレジットカードのショッピング利用で貯まる「東京三菱ポイント」を、ICカード内のSuica部分にチャージしてSuicaとして利用可能。
交換単位(レート)の詳細については、あらためてご案内しますと明確になっていないが、実質現金的に使えるのは魅力。またSuicaはJALマイレージとの互換もあるので、JALとの連携も視野にあると思います。

JALも東京三菱も三菱系グループです。そういえばローソンとの提携も発表してました。これも三菱商事が資本参加していたはずですが・・・
「ローソン」でSuicaが利用可能に

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【ソニーポイント】ソニー グループ共通のポイントプログラムを開始

ソニーがポイントプログラムを始めます。

ソニーはグループ共通のポイントプログラム「ソニーポイント」を11月11日よりスタートすると発表。
詳しくはこちら

このプログラムはソニーの共通ID「My Sony ID」を取得いただいたユーザーすべてに提供するもので、クレジットカード(My Sony Card)でのショッピングソニースタイルが提供する“おトクなショップ&セールサーチショッピング・パレット”での利用でポイントが付与される。
付与されたポイント1beat(ソニーポイントの単位:ビート)につき1円の支払いが可能。ポイント残高だけで不足する残額分はクレジットカードなど他の手段でお支払いすることも可能。

<ソニーポイント参加企業・サイト一覧>
 ソニースタイル・ジャパン株式会社ソニースタイル
 株式会社ソニーファイナンスインターナショナル
 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントプレイステーション・ドットコム・ジャパン
 株式会社ソニー・ミュージックネットワークソニーミュージックオンラインジャパン・ソニーミュージックid
 株式会社レーベルゲートモーラ
 株式会社ソニープラザソニープラザ・セレンディピティ
 株式会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメントソニーピクチャーズDVD&VIDEO
 マキシムドパリ株式会社
 株式会社ソニーシーピーラボラトリーズ
 株式会社ソニー・ファミリークラブ
 ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社So-net運営ECサイト
 ソネット・エムスリー株式会社m3.com
 エー・アイ・アイ株式会社(2005年12月予定)
 ソニー損害保険株式会社(2005年12月予定)
 株式会社エンタテインメントプラス(近日参加予定)

過去に何度かソニー製品を購入しているので、何かしらのソニーIDはあるのですが、、、商品ごとに登録していたからいくつも持っているはず。

それもあってポイントとかで顧客管理する意味合いもあるのでしょうね。
ポイントプログラムって何か企業にとって、やらないといけないものみたいになってきてますよね。。。効果はでているのでしょうか?

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【業務提携】静岡銀行と静岡鉄道 クレジットカードとICカード開発で業務提携

静岡銀行静岡鉄道は、2006年3月よりクレジットカード及びICカードに関する業務提携を開始することで合意したと発表。
詳しくはこちら

提携内容は以下の2点。
①静岡鉄道が発行する交通機能とポイントカード機能を一体化した
 ICカード「ルルカ」に、静岡銀行がJCBのフランチャイジーとなっ
 て、クレジットカード機能を提供。

②静岡鉄道が目指す高機能ICカードに対して、静岡銀行がJCBと共同
 して開発を支援。

そもそも静岡鉄道と静岡銀行が共同して進めている「静岡市オムニバスタウン整備事業」の一環。静岡版「Suica」もしくは「Pitapa」というイメージ。その中の一つのカードとして、クレジット機能を付けたカードのとしてJCBのフランチャイズでもある静岡銀行がカード発行を行なうもの。

今回の業務提携は銀行と鉄道が「カード事業」で提携した点で注目されるが、それ以外にもローカルでの非接触ICを活用した新たな交通系ICカードとしても注目に値する。さて注目の多機能ICカード「LuLuCa(ルルカ)」であるが、近々、スルッとKANSAI協議会と加盟に向け協議を進めているとのこと。関西エリアとの相互乗り入れも可能になるようだ。

このLuLuCa(ルルカ)は、ポイント機能もあるようなので、今後、交通系カードもポイントアライアンスが常識になるのでしょうね。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【クレジットブランド】NTTドコモ おサイフケータイを使った決済ができるクレジットブランド「iD」を提供

id2.gif「クイックペイ」「スマートプラス」などカード会社ではいろいろ呼び名が有りますが、NTTドコモではこう呼ぶことになります。

NTTドコモは、2005年12月1日より「おサイフケータイ」を決済媒体として活用する、新たなケータイクレジットブランド「iD(アイディ)」の提供を開始すると発表。
詳しくはこちら

いわゆる「ポストペイ方式」によるモバイルクレジット決済。店舗に設置した専用の読み取り端末に、おサイフケータイをかざすだけで、サインをすることなくスピーディなクレジット決済を可能とする決済プラットフォームです。この決済プラットフォームをドコモは各クレジットカード会社に対し、オープンモデルで提供するようです。NTTドコモ得意のインフラ提供です。
それよりもカード各社としてはNTTドコモがクレジットカードの発行主となるほうが脅威?ちなみに2006年度上期のサービス開始に向け、準備を進めているとのことです。

【参考】三井住友カード
おサイフケータイによる新サービス「三井住友カードiD」の取り扱い開始

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【新】TSUTAYA Wカード到着

一昨日、以前から申し込んでいたTSUTAYAのWカードが届きました。
何枚もカードを持っているので、さすがにNGになるかと思いましたが・・・
会員証としての機能がある以上、そうNGを出せないのも実情でしょう。
そういう意味では審査基準も甘いのでは?なーんて思いますが、
でも一応、50万円SP枠があったので、まだまだ問題ないのかな。

さて今回届いたツールの中身は以下の通り。
カード送付時のツールでこんなにたくさん入っているのにびっくりしました。

■同封物
 ①カード台紙
  一般的なカード台紙です。カード名称が「TSUTAYAアプラスカード」と
  なってます。正式には“アプラス”が入るですね。
 
 ②ご利用の手引き
  表面が「利用の手引き」で、裏面が「会員規約」の2色刷り。
  普通、小冊子になっている会社も多いですが、本カードの手引きは必要
  最低限で個人的には良いと思います。
 
 ③Wカード活用劇的帳簿
  こちらはサービス内容を中心にまとめた冊子。実質的なサービスガイドです。
  Tポイントの貯め方、T DINING、クラブオフ、その他アプラスが提供する
  サービスの紹介をしてます。

 ④TSUTAYA Wカード会員情報誌「跳べ!!(To-Be!!)」[自分号]
  Wカードの会員情報誌。これはおそらく請求書にも同封される封入誌でしょう。
  ですので、内容はキャンペーン情報が中心の情報誌。

 ⑤AUTUMN CAMPAIGN「スゴ品GET!」
  秋キャン。Wチャンス方式でもれなくポイントをもらえるコースと
  抽選で希望商品を選んでもらえるコースあり。さらにアプラスのNET station
  会員になると抽選口数が3倍になる。カード会社のキャンペーンとしては
  押さえるところを押さえた王道的な企画内容ですね。

 ⑥初使いWチャンスキャンペーン
  入会者限定のキャンペーン。その名の通り、初期稼動促進の企画。
  一度でも使うとポイントがもれなく付与。さらに入会4ヶ月以内に5万円以上
  使うと200名様に1万円分のギフトカードをプレゼントするもの。
  ツールのクリエィティブも凝っているんですよね。
 
あとはアプラスのネット会員「NET Station」紹介、ENEOSポイント3倍キャンペーンやアプラスのロードサービスなどの案内が同封。

ツールがたくさんあるので何がなんだかよく見ないとわかりづらいですが、やっていることはカード会社としてのセオリーは押さえているような気がします。

初期稼動促進およびシーズンごとのキャンペーン、その他提携先やカード会社主導キャンペーンの告知などやることはちゃんとやっていますよね。

おそらくカード会社としては1回の決済金額が低そうなので一人当たりの稼働率と取引金額のアップ=TSUTAYA以外での利用をいかに喚起していくかが今後の課題なんでしょうね。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

【新デザイン】DCカード 無敗の三冠馬「ディープインパクト」をデザインした「JRA DCカード」を発行

deepimpact.jpgこういった商機を逃さないあたりがJRAのすごさでしょうか?

DCカード日本中央競馬会の業務委託先である(株)ターフ・メディア・システムと提携し、現在発行している「JRA DCカード」のカードフェイスデザインに、無敗の三冠馬『ディープインパクト』号を施したカードの募集を、11月4日より開始すると発表。
詳しくはこちら

そもそもJRA DCカードは初年度無料の一般カードと永年無料のリボカードの2種類を発行してます。
これまでも「トウカイテイオー」、「グラスワンダー」など人気の名馬をカードフェイスにしたクレジットカードを発行しており、今回はその第7弾。
 
ちなみに本カードの新規入会キャンペーンを実施するようです。
入会特典としてキャンペーン限定の「ディープインパクト三冠記念タオル」がプレゼントされる模様。
しかも先着1,000名ですから、お早めにどうぞ。

==
『カードビジネスのネタ帳』に応援のクリックお願いします!
人気blogランキングへ人気ブログランキングはこちら!

 | HOME |  »

カードビジネスSNS


パスワードを忘れた方はこちら
新規登録希望の方はこちら

CMPの本棚


.☆.・∴.・∵☆.・∴.・∵☆.・∴
その気持ち…伝えてみませんか?
.☆.・∴.・∵☆.・∴.・∵☆.・∴
プリザーブドフラワー専門ショップ
colors message

TOPICS!!

金融財政事情研究会『月刊消費者信用』で『実践!メインカード養成道場』を連載中!


プロフィール

Card Marketing Professional

クレジットカードやポイントカード、電子マネーなどカードビジネスおよび会員ビジネスに特化したマーケティングコンサルタント集団。貴社の顧客戦略にカードビジネスのノウハウを活用してみたいという方は、こちらまでお問い合わせください。


最新記事


カテゴリー


月別アーカイブ


FC2ブログランキング サーバー・レンタルサーバー アフィリエイト・SEO対策 ホームページ

FC2Ad

Copyright(c) 2007 Card Marketing Professional. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。

会社概要サイトポリシー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。