貴社のカードビジネスを成功へと導く Card Marketing Professional
  サービス   ネタ帳   CMPの本棚   リンク集   SNS   お問い合せ  
かーどビジネスのネタ帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/6/27 【相互交換】セブンア&アイ Yahoo!ポイントからnanacoポイントへの交換サービスをスタート

「nanacoポイント」初の外部企業ポイント相互連携です。

Yahoo! JAPANを運営するヤフー(Yahoo! JAPAN)とセブン&アイ・ホールディングス(セブン&アイ)は2009年6月29日(月)より、「Yahoo!ポイント」を「nanacoポイント」に交換できるポイント交換サービスを開始すると発表。また、今秋からは「nanacoポイント」から「Yahoo!ポイント」への交換も開始し、相互に交換可能になる予定とのこと。

リリースにもありますが、「Yahoo!ポイント」を相互交換できるアライアンス先は「Suicaポイント」に続いて2社目となります。最近、セブン&アイはEdyの利用も可能にするなど、提携戦略で一気に拡大を目指す方針に切り替えたようですね。

【「Yahoo!ポイント」→「nanacoポイント」交換概要】
開始日時:2009年6月29日(月)
レート: Yahoo!ポイント100ポイント → nanacoポイント85ポイント
単位: Yahoo!ポイント500ポイント以上、100ポイント単位
日数: 約2日間
申込方法:Yahoo!ポイントのウェブサイト(PC、モバイル)から申し込み
条件: ・Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方
・nanaco番号をお持ちの方
・Yahoo! JAPAN ID登録情報のカナ氏名とnanaco会員情報のカナ氏名が一致していること
・Yahoo!ポイントを500ポイント以上お持ちの方

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!






スポンサーサイト

09/5/1 【ポイント】日本トイザらス 全店で利用可能な「トイザらス・ベビーザらス ポイントカード」を導入

トイザラス・ベビーザラスjpg.jpg

日本トイザらスは、全国のトイザらス店舗、ベビーザらス店舗および「サイド バイ サイド ストア」(トイザらスとベビーザらスの併設型店舗)<合計で全国167店舗(2009年4月24日現在)>において、現金でもクレジットカードでの支払いでもお買い物時にポイントが加算される『トイザらス・ベビーザらス ポイントカード』を2009年4月24日(金)より導入を開始すると発表。
詳しくはこちら

リリースによると、すでに2006年4月より、ベビーザらスのポイントカード『ベビーザらス ママ& ベビークラブ』を導入。2007年4月からは、トイザらスとベビーザらスの併設型店舗でも同カードが利用できるようなり、導入から約3年間で135万人(2009年3月末時点)を突破している模様です。今回の新ポイントカードは、それをさらに全国トイザらスの店舗でも使えるように拡大したバージョンで、2009年度(2010年1月末まで)は、約150万名の新規会員獲得を目標とし、『ベビーザらス ママ& ベビークラブ』の既存会員数と合計し、会員数は約290万名となる見込みとのこと。

概要は以下の通り
①名称
「トイザらス・ベビーザらス ポイントカード」

②入会金・年会費
無料

③ポイント付与
200円(税込)のお買い上げごとに1ポイントを付与

④ポイント交換
累計500ポイントごとに500円分の「お買物券」(トイザらス、ベビーザらス全店でご利用 可能)を進呈。

⑤ボーナス特典
毎月25日と最終土曜日および翌日曜日は 「ボーナスポイントDAY」としてポイント2倍

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

09/3/25 【メンズ専用ポイントカード】H2O 阪急メンズ館専用ポイントカードを発行

NIKKEIの記事から。面白い取り組みです。

エイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)は、阪急百貨店メンズ館の専用ポイントカードを4月に発行すると発表。購入金額の3%をポイントを付与し、貯まったポイントは、ファッション性の高い景品と交換できるようにする模様。

記事によると「メンズ館顧客の6割はH2Oグループのカードを使っておらず、専用カード投入で顧客分析力を高める」というのが狙いのようで、確かに男性客かつ、特に百貨店を利用する人は「ポイントカードはなんかかっこ悪い」という意識があるのかも知れません。カード概要は以下の通り。

◆カード概要
①名称
「阪急百貨店メンズ館マイレージカード」

②会費
入会・年会費が無料

③ポイント還元率
購入金額の3%

本カードにはクレジット機能がなく、阪急阪神百貨店のクレジットカードが持つ割引優待は併用不可。またこの秋に阪急阪神ホールディングスが始めるグループ共通ポイントとも交換不可と完全にメンズ限定のセグメントポイントカードとなります。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/11/6 【ポイントサイト】ビットワレットとDAC 電子マネー「Edy」のポイントサイト「Edyパラダイス」を開設

ビットワレットは、デジタル・アドバタイジング・ コンソーシアム(DAC)と提携し、新たなポイントサイト「Edyパラダイス」(http://edypara.jp)を、ケータイ/PCサイト同時に2008年11月4日(火)より開始したと発表。
詳しくはこちら

リリースによると「Edyパラダイス」は、百貨店・美容・グルメなど、700以上の厳選されたサイトと提携し、サイト内でショッピング、資料請求、会員登録などを行うことで、簡単に電子マネー"Edy"に交換できるポイントを獲得することができるサイトで、いわゆるポイント懸賞サイト的なものです。

本サイトの特長としては
(1) 1ポイントから1円分の"Edy"へ交換可能
(2) 交換手数料なし
(3) リアルタイムで"Edy"へ交換可能

ということで、利便性の高いポイントになっているようです。Yahoo!ポイントや楽天ポイントのような利便性が感じられますが、何よりリアルチャネルでの普及もしているEdyなので魅力あるサイトだと思います。

ビットワレットとしては、広告ビジネスに転化することで収益性の改善を目論んでいるのではないでしょうか??

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/9/29 【一元管理】ポイ探 16種類のカード支払を一元管理(日経MJ 9/29)

MJの記事から。

ポイント情報サイトのポイ探は、複数のクレジットカードの支払状況を一元管理できるサービスを開始した。
詳しくはこちら

同社が運営する「ポイント探検倶楽部」に各クレジットカードのID/PWを登録することで、利用金額等の情報がまとめて一覧される仕組み。つまり、アカウントアグリケーションということですが、現状対応できるのが16種類のカードということで、今後その種類を増やすとのこと。

引き落とし銀行の口座情報も管理できると便利ですよね。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/7/17 【ポイント】ジャックス 携帯電話を活用した来店ポイントカードサービス「ポイカ」を販売開始

ジャックスは、7月16日より携帯電話を活用した来店ポイントカードサービス『ポイカ』の販売を開始したと発表。
詳しくはこちら

ジャックスが既にサービス展開している携帯販売促進ツール「OtokuiビルダーPRO」との機能連動によって、来店促進・メールマーケティング・モバイルコマース等、安価で手軽に販売店のモバイルビジネスシーンを広げることが可能とのこと。

(1)ポイント管理機能
おサイフケータイ機能に対応した携帯電話を「FelicaF対応非接触ICカードリーダ・ライター」にかざすだけで、自動的に来店ポイントを付与。付与されたポイントは携帯電話で確認できるため、事前に決めたポイント達成後は、店頭で携帯電話の画面提示により、プレゼントの受領や割引等、各種特典の付帯による販売促進が可能に。

(2)携帯サイト(専用ホームページ作成)構築機能
国内主要3キャリアに対応したオリジナル携帯ホームページが作成可能

(3)メール配信機能
属性に応じたタイムリーなメール配信が可能

(4)会員登録機能
初回来店時におサイフケータイ機能に対応した携帯電話を「Felica対応非接触ICカードリーダ・ライター」にかざすだけで、自動的に会員登録サイトに誘導可能

(5)アンケート機能
ライフスタイルやニーズを探る自在な項目設定が可能

(6)ショッピング機能
携帯版のショッピングサイトで通信販売が可能

<費用>
(1)初期費用:10万円~(開発要件により変動)
(2)月額利用料:20,800円~(「OtokuiビルダーPRO」の利用料金を含む)

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/7/4 【相互交換】SuicaポイントとYahoo!ポイントの相互交換サービスを開始

JR東日本とヤフーは、2006年5月に発表した包括提携の一環として、2008年7月8日(火)より「Suicaポイント」と「Yahoo!ポイント」を相互に交換いただける「ポイント交換サービス」を開始すると発表。
詳しくはこちら

概要は以下の通り
<交換レート>
 1)100Suicaポイント⇒85Yahoo!ポイント 
 2)100Yahoo!ポイント⇒85Suicaポイント

<交換単位> 
 1)500Suicaポイント以上 100Suicaポイント単位 
 2)500Yahoo!ポイント以上 100Yahoo!ポイント単位

<交換申込方法> 
 1)「Suicaポイントクラブ」ホームページよりお申込み 
 2)「Yahoo! JAPAN」ホームページよりお申込み

ちなみにスタート当初は、「レートアップキャンペーン」を実施するようです。
【通常の交換レート】
 100Suicaポイント⇒85Yahoo!ポイント / 100Yahoo!ポイント⇒85Suicaポイント
【キャンペーン期間中の交換レート】
 100Suicaポイント⇒100Yahoo!ポイント / 100Yahoo!ポイント⇒100Suicaポイント

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/6/29 【ポイント】OMC 「ダイエーハートポイント」への ポイント移行サービスの開始

OMCカードとダイエーは、OMCカード決済で貯まるポイントサービス「OMCわくわくポイント」をダイエーが発行するポイントカード「ダイエーハートポイント」への移行サービスを8月1日(金)より、ダイエー直営208店舗で開始すると発表。
詳しくはこちら

ポイント移行サービスの概要は以下の通り。

1.サービス開始日
2008年8月1日(金)~

2.対象店舗
ダイエー直営 208店舗(カテプリ新さっぽろ除く)
※一部北海道エリアの店舗は2007年6月より先行導入済み

3.サービス内容
(1)「OMCわくわくポイント」1,000ポイント以上500ポイント単位で、「ダイエーハートポイント」への移行が可能
(2)交換レートは「OMCわくわくポイント」1ポイントを「ダイエーハートポイント」1ポイントへ等価交換
(3)ポイント移行は、ダイエー各店舗のサービスカウンターにて受付

ちなみにそれぞれのポイントについては
「OMCわくわくポイント」
OMCカード利用200円(税込み)で1ポイント進呈
※年間(1月~12月)の利用金額によって来年のポイント倍率がアップ
年間100万円ご利用の場合、来年のポイント倍率は一般カードで1.4倍、ゴールドカードで最大2.2倍

「ダイエーハートポイント」
ダイエー及びグルメシティ各店でのお買い物200円(税抜き)ごとに1ポイント進呈
500ポイント単位でレジにて500円分として直接レジで支払い可能

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/6/26 【引当金】ポイント引当金 50社で3200億円に(日経)

日経の記事から。

ポイント引当金が増加傾向にあるようだ。ポイント引当金の計上額が多い50社を対象に、調査した結果07年度から14%増の3,200億円に到達。さらに増加傾向は避けられない状況で、各社ポイント付与を一部見直すところもでてきている。

国際会計的にはポイントは商品として扱われ、ポイントを発行した分は、そのまま損益になる。現状、日本においては引当金という見込みのポイント利用を計上する形を取っているので、事実上ポイントは負担は販促費の一部に過ぎないが・・・会計基準が変わったときに、大幅な見直しがされると思われます。

上位の引当金ランキングは以下の通り。

1 NTTドコモ 458億円
2 クレディセゾン 454億円
3 ソフトバンク 438億円
4 KDDI 430億円
5 セブン&アイHD 211億円
6 ビックカメラ 118億円
7 エディオン 96億円
8 みずほ銀行 83億円
9 三菱UFJニコス 74億円
10 JCB 74億円

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

08/2/8 【互換】ANAマイルからSuicaポイントへ交換サービス開始

ANASUICA3jpg.jpg

ANAマイラーに朗報です。

JR東日本とANAは、昨年12月に発表した包括提携の最初の取り組みとして、2008年2月18日(月)より、ANAマイレージクラブ(1690万人)の「マイル」からJR東日本の「Suicaポイント」(32万人)への「ポイント交換サービス」を開始する。(会員数は2008年1月末現在)
詳しくはこちら

■ポイント交換概要
・交換開始日時:2008年2月18日(月)午前10:00
・交換レート:10,000マイル ⇒ 10,000Suicaポイント
・交換単位:10,000マイル以上 10,000マイル単位
・交換タイミング:リアルタイム移行
・お申込み:ANA SKY WEB内会員専用ホームページより申込み

ANASUICALOGO.jpg

↑共通ロゴ

またポイント交換サービス開始を記念して「もれなく10%レートアップキャンペーン」を実施するということで、交換するなら今がチャンスですね。

リリースにもありますが、今後「ANA Suicaカード」(仮称)の発行なども予定しており、さらに互換性が高い提携になるのでしょうね。それにしてもJR東日本の提携戦略というのでしょうか?JALともANAとも全方位的なやりますよね。この全方位的な戦略が今のトレンドかもしれません。

==
いつもご愛読いただきありがとうございます。
皆様のクリックがブログ更新の活力ですので
お手数ですが『カードビジネスのネタ帳』応援のクリックをよろしくお願いします!

 | HOME |  »

カードビジネスSNS


パスワードを忘れた方はこちら
新規登録希望の方はこちら

CMPの本棚


.☆.・∴.・∵☆.・∴.・∵☆.・∴
その気持ち…伝えてみませんか?
.☆.・∴.・∵☆.・∴.・∵☆.・∴
プリザーブドフラワー専門ショップ
colors message

TOPICS!!

金融財政事情研究会『月刊消費者信用』で『実践!メインカード養成道場』を連載中!


プロフィール

Card Marketing Professional

クレジットカードやポイントカード、電子マネーなどカードビジネスおよび会員ビジネスに特化したマーケティングコンサルタント集団。貴社の顧客戦略にカードビジネスのノウハウを活用してみたいという方は、こちらまでお問い合わせください。


最新記事


カテゴリー


月別アーカイブ


FC2ブログランキング サーバー・レンタルサーバー アフィリエイト・SEO対策 ホームページ

FC2Ad

Copyright(c) 2007 Card Marketing Professional. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。

会社概要サイトポリシー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。